水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

物欲戦争。『ホビット 決戦のゆくえ』

2014-12-14 19:00:00 | 映画【は行】
『ホビット』3部作の最終章です。


映画の評価 ★★★★☆ 見応えのある娯楽映画


●以下ネタバレがあります●


今年の2月に観た
『ホビット 竜に奪われた王国』
あんなにも気になる終わり方だったので
その後、どーなっちゃうのかが
とっても楽しみだったこの映画。


今回の映画では
ドラゴンが案外早く退治されてしまい、
その後の財宝争奪戦が大変な事になります。


いわゆる物欲戦争が勃発。


こんな争い事が起きるくらいなら
そのまま恐れられているドラゴンが生きていて
財宝を囲っていた方が
かえって平和で良かったんじゃないの?!
なーんて事も映画の途中では思ったりして。


でも最後はキレイにまとまって
『ロード・オブ・ザ・リング』に繋がっていたので
まぁ、これはこれで良かったのではないでしょうか。


3部作を無事に見届けられたので
私個人的には満足の作品でした。


【2014年12月13日(土)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 若さの特権。『アオハライド』 | トップ | 55年前に描かれた未来予想図。... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「毒を以て毒を制す」 (iina)
2015-01-04 21:37:57
>ドラゴンが生きていて財宝を囲っていた方が かえって平和で良かったんじゃないの?!
鋭いご指摘でした。
北の指導者の悪だくみは一族温存のためだけに存在して人民のためにならないからと、退治してしまうと四民の統率がつかず四分五裂すると、近隣諸国が迷惑するらしく見て見ぬふりして「毒を以て毒を制す」るのでしょう・・・。

コメント返信 (テクテク)
2015-01-05 12:34:50
>iinaさま
こんにちは

「毒を以て毒を制す」
これは奥が深い言葉ですね~

結局、自分や自国の立場や利益ばかりを考えてしまうから
争い事が起こってしまうのでしょうね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

33 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ホビット 決戦のゆくえ/そしてLOTRへと冒険譚は続く (MOVIE BOYS)
J・R・R・トールキン原作の『ホビットの冒険』を映画化した三部作の最終章。古の竜スマウグが目覚め湖の町を襲う寸前で終わった前作の続きで、今回はドワーフの国を取り戻したトーリンたちを中心に話は進む。監督はもちろんLOTRからこの物語を作り続けているピーター・ジ...
劇場鑑賞「ホビット 決戦のゆくえ」 (日々“是”精進! ver.F)
旅が、終わる… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201412130000/ 送料無料!!【予約要確認】【CD】映画 ホビット 決戦のゆくえ オリジナル・サウンドトラック/サ...価格:3,240円(税込、送料込)
ホビット決戦のゆくえ (Break Time)
今日は、冷え込みましたが・・・
『ホビット -決戦のゆくえ-』 2014年12月3日 新宿ピカデリー (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ホビット -決戦のゆくえ-』 を完成披露試写会で鑑賞しました。 マスコミ向けも込みの試写会だったのでプレスもらえると思ったが甘かった。 最後くらいは振舞って欲しいものだ(笑) 【ストーリー】  ドワーフの王国を取り戻すべく旅をしていたホビット族のビルボ・...
『 ホビット 決戦のゆくえ 』愛だけが真実のものだから (映画@見取り八段)
ホビット 決戦のゆくえ~ THE HOBBIT:THE BATTLE OF THE FIVE ARMIES ~     監督: ピーター・ジャクソン    出演: イアン・マッケラン、マーティン・フリーマン、リチャード・アーミティッジ、ベネディクト・カンバーバッチ、ルーク・エヴァンス、エイダン・タ...
ホビット 決戦のゆくえ (だらだら無気力ブログ!)
結局、ドワーフ13人全員の顔と名前が覚えられなかった。
映画「ホビット 決戦のゆくえ」@109シネマズ川崎 (新・辛口映画館)
 109シネマズさん主催のIMAXデジタルシアターでの試写会だ。客入りは前3列以外満席だ。
ホビット決戦のゆくえ (Break Time)
今日は、冷え込みましたが・・・
ホビット 決戦のゆくえ (あーうぃ だにぇっと)
ホビット 決戦のゆくえ@新宿ピカデリー
『ホビット 決戦のゆくえ』 (こねたみっくす)
旅立つ者に愛を。 本格的な旅はこれから始まる。ここで終わるのは冒険である。 指輪を捨てる旅が終わった時のような淋しさとはまた違う、この大切な仲間と過ごした日々が終わる淋 ...
ホビット 決戦のゆくえ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(F) こういうファンタジー・アドベンチャーは
ホビット 決戦のゆくえ  2D字幕版 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
竜スマウグから故郷を取り戻した一行が、黄金を狙う者達の襲撃を受けて戦いを繰り広げる。黄金の魔力に取り付かれた王が攻める敵を前にして目覚める葛藤がしっかりと描かれていたので、その後の戦いのシーンを引き立てていた。見終わったあとの充実感は格別だった。
ホビット 決戦のゆくえ (そーれりぽーと)
遂に最終回! 『ロード・オブ・ザ・リング』に続く、前日譚『ホビット』映画三部作のラスト『ホビット 決戦のゆくえ』をIMAXのHFR3Dで観てきました。 ★★★★★ 怒りに震えるドラゴンがエスガロスの街を急襲する前作のラストシーンに直接繋がって始まる本作は、最初から...
ホビット 決戦のゆくえ ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
J・R・R・トールキンの『ロード・オブ・ザ・リング』3部作に続き、その物語の前日譚(たん)をピーター・ジャクソンが映画化したアドベンチャー3部作の最終章。ドワーフの王国の奪取を目指し旅をしていたホビット族の主人公とドワーフたちが、ついに王国を奪還、目覚めた....
『ホビット 決戦のゆくえ』 (2014) (相木悟の映画評)
名作ファンタジーの前日譚、感無量の完結編! 壮大なシリーズの幕引きと前シリーズへのブリッジという意味では、文句のない豪勢な一本ではあるのだが…。 J・R・R・トールキン著のファンタジー小説の古典の映画化として、歴史に残る傑作となった『ロード・オブ・ザ・リ...
映画「ホビット 決戦のゆくえ(3D)」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
ビルボの冒険が終わる サウロンが復活を遂げ、世界が最後の光を失い始める予兆の中で。 壮大な「指輪物語」の前日譚という事で、軽く見られる傾向があるけれど、私はビルボと彼と出会う人々(正確には人でない者も多いのですが)の物語が好きです。トールキンに...
『ホビット/決戦のゆくえ』(2014) (【徒然なるままに・・・】)
映画版『ホビット』、ここに完結。そして物語は『ロード・オブ・ザ・リング』へ――。色々な意味で感慨深いですね。先ずは映画化が頓挫せず、無事ゴールまでたどり着いたことを。もし全てが順調に行っていたならば、もう5年くらい早くこの日が迎えられていたかも知れませ...
イケメン特盛祭りの最終章(ヾ(・∀・;)オイオイ~「ホビット 決戦のゆくえ」~ (ペパーミントの魔術師)
正直一番怖かったのはケイト・ブランシェットがやってたガラドリエルだったと思うんだが いかが? 北斗晶がネッシーを一括して「かよわいのよ」って言うてるCMあるじゃないですか あれとおんなじくらいビフォーアフターが違うんで ほんまに同一人物かってくらい顔かわっ...
映画「ホビット 決戦のゆくえ」 (FREE TIME)
映画「ホビット 決戦のゆくえ」を鑑賞しました。
ホビット 決戦のゆくえ/イアン・マッケラン (カノンな日々)
『ロード・オブ・ザ・リング』の前日譚でフロドの父ビルボと仲間たちの冒険の旅を描くホビットシリーズの第3章完結編です。この長編大作もついに終わってしまうんですね。前作『ホ ...
ホビット 決戦のゆくえ (試写会) (風に吹かれて)
金より愛です 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/thehobbitbattleofthefivearmies12月13日公開 監督: ピーター・ジャクソン 竜に奪わ
ホビット 決戦のゆくえ(備忘録) (昼寝の時間)
2014年 アメリカ 145分 原題「The Hobbit: The Battl
「ホビット 決戦のゆくえ」 (或る日の出来事)
シンプルに大活劇で、単純に楽しくて、最後は泣けたし、よかったよ。
ホビット 決戦のゆくえ (心のままに映画の風景)
ドワーフの王国を取り戻すべく旅をしていたホビット族のビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)やドワーフのトーリン(リチャード・アーミティッジ)らは、“湖の町”のバルド(ルーク・エヴァンス)が竜のスマウグ(声ベネディクト・カンバーバッチ)を倒したこと...
ホビット 決戦のゆくえ (Akira's VOICE)
戦うしかないのであります!  
ホビット 決戦のゆくえ  監督/ピーター・ジャクソン (西京極 紫の館)
【出演】  マーティン・フリーマン  イアン・マッケラン  リチャード・アーミティッジ  オーランド・ブルーム  エバンジェリン・リリー  リー・ペイス 【ストーリー】 ドワーフの王国を取り戻すべく旅をしていたホビット族のビルボ・バギンズやドワーフのトーリン...
ホビット 決戦のゆくえ (もののはじめblog)
ことし映画55本目に、「ロード・オブ・ザ・リング」へと続く「ホビット」シリーズ3部作の最終章を観た。 邪龍スマウグは、怒りに燃え町を襲う・・・。 3Dは疲れるので、2Dで観たクライマックスの戦闘シーンは、一同が恰好よく暴れまわる。すごいシーンをよく撮るも...
ホビット 決戦のゆくえ (とりあえず、コメントです)
トールキンの『ホビット ゆきてかえりし物語』を映画化したシリーズ3部作の最終作です。 前作を観た時から、どうやって終わるのだろうととても気になっていました。 圧倒的なドラゴンの攻撃とその後に続く戦いの激しさに圧倒されるような物語が広がっていきました。
「ホビット 決戦のゆくえ」 Hobbit : The Battle of the Five Armies (2014 WB) (事務職員へのこの1冊)
前作「竜に奪われた王国」はこちら。トールキンの、指輪をめぐる中つ国(ミドル・アース)の物語ついに完結。全6本、よくぞ付き合ったなおれも。原題はThe Battle of the Five Armiesだから、直訳すれば五軍の戦い。三国志ですら三つなのに、五つもからんだらわけがわか...
ホビット 決戦のゆくえ [見た目ドワーフ監督は技巧より男気で泣かす] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 改め ALIQOUI film 映評のページ)
78点(100点満点) 2014年1月4日、丸の内ピカデリーにて鑑賞 思ったより感動してしまったホビットの完結編。第一部と第二部はちょい盛り上がりに欠けていた感じが否めないのだけど、最後まで付き合ってよかったと思った。 というよりそこそこ次が気になるように作ってき...
「ホビット 決戦のゆくえ」 竜の病 (はらやんの映画徒然草)
ピーター・ジャクソンの「ホビット」3部作の完結編です。 前作ではビルボやドワーフ
ホビット 決戦のゆくえ (いやいやえん)
【概略】 火炎を吐く竜の凄まじい襲撃、財宝の奪還によって生じた仲間たちの対立、その裏側に忍び寄るさらに巨大な敵の存在――ついに明らかにされる冥王サウロンの邪悪な企み!押し寄せる敵の大群に、破滅の足音が近づいてくる。団結か全滅か。大地を二分する壮絶な戦い...
ホビット 決戦のゆくえ (銀幕大帝α)
THE HOBBIT: THE BATTLE OF THE FIVE ARMIES 2014年 アメリカ/ニュージーランド 144分 ファンタジー/アドベンチャー/ドラマ 劇場公開(2014/12/13) 監督: ピーター・ジャクソン 製作: ピーター・ジャクソン 原作: J・R・R・トールキン 脚本: ピータ...