水曜日のシネマ日記

映画が大好き♪
水曜日に劇場で映画を観る機会が多い私の映画・DVD鑑賞記録日記です。

求めているのは希望。『チェンジリング』

2009-02-25 21:30:30 | 映画【た行】
1928年のアメリカで
実際に起こった事件を基にした作品。
行方不明になった息子を探し続ける
母親の物語です。


映画の評価 ★★★★☆ 見応えのある映画


●以下ネタバレがあります●


この映画の予告編を観た時、
主演の女優がアンジェリーナ・ジョリーだとは
全く気づきませんでした。

その事にも驚かされましたが、
作品的には『ミリオンダラー・ベイビー』や
『父親たちの星条旗』
『硫黄島からの手紙』を撮った監督らしい作風で、
とても重厚感のある映画でした。


1928年のアメリカ。
ロサンゼルス郊外に住む
クリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、
9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と
二人暮らしをしています。
クリスティンは電話会社に勤めながら
女手ひとつで息子を育てていました。
父親の顔を知らないウォルターの為に
淋しい思いをさせないようにと
クリスティンは深い愛情を注いでいました。
今度の休日にはウォルターと一緒に
映画に行く約束をしたクリスティンでしたが、
当日の朝、電話で同僚から急遽に仕事を頼まれ、
断りきれずにウォルターを自宅に残し
仕事へ出掛けて行きます。
仕事を終えた後、
クリスティンは急いで自宅へ帰りますが、
家の中はもぬけの殻でした。
いなくなってしまったウォルターを探しに
クリスティンは奔走しますが
夜遅くなっても見つからず、
警察に捜索願の電話を掛けます。
しかし、警察からの応答は冷たく、
子供の行方不明に関しては
24時間は捜索しないと突き放されます。



去年の2月に劇場で観た映画
『アメリカン・ギャングスター』の劇中でも
腐敗したアメリカ警察の内情
描かれていましたが、
今回の映画の中に登場した警察は
それを上回る酷さでした。

驚きなのは
『アメリカン・ギャングスター』
今回の『チェンジリング』も
実話を基にしている映画なので、
その悪質な警察の体質
絵空事ではなかったという事です。

本来ならば、
こうした当時の腐敗した警察の体質
愛する息子の為、屈しない母親の姿勢
感じ取るべき作品なのでしょうが、
最近「犯罪被害者」という立場を体験した私は
加害者側の気持ち
被害者が求めている事について
いろいろと考えてしまいました。

私が被害にあったのは
殺人や誘拐とは比べ物にならないような
ひったくり事件でしたが、
私の鞄をひったくった犯人は、
私に危害を加えたという行為に対して
きっと大した理由なんてないのだと思います。

遊ぶ金が欲しかったとか、
自分の欲求を満たす為だけに
赤の他人である通行人に手を掛け、
鞄をひったくられた被害者側の
その後の生活の事
なんて
知ったこっちゃないのでしょう。

今回の映画に登場する犯人も同じで、
子供を誘拐して殺害し続けている行為
深い理由なんてないのだと思います。

単に自分の欲求を満たしたかっただけで、
その後の被害者の生活がどうなるかなんて
知ったこっちゃないのです。

一方、劇中の被害者であるクリスティンは、
誰が何の目的でこんな事になったのかという事よりも、
ただ息子が元気な姿で帰る事だけ
願っていました。

今の私も同じような気持ちで
犯人がであろうと、どんな目的であろうと、
そんな事はどうでもイイ事だと
思っています。

出来る事ならば、
犯行が行われる以前の時間に戻って、
被害に合う前の
普通の生活の状態
に戻して欲しい・・・。

しかし、そんな願いが叶うはずはなく、
被害にあった事に対して周囲は同情してくれますが、
クリスティンや私が欲しいのは同情ではなく
求めているのは希望なのです。

クリスティンの希望は
息子が自分の元に戻ってきてくれる事でしたが、
私の希望は自分の鞄が戻ってくる事ではありません。

私が望む事は、
これからの日本が安心して生活できる環境である事と、
こんなにも悪質な犯罪
同性である女性が巻き込まれない事です。

力の弱い子供や老人、
女性の犯罪被害者を撲滅したいという希望は
きっとクリスティンも願っている事だと
私は思うのです・・・。


【2009年2月20日(金)TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて鑑賞】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (11)   トラックバック (91)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人生は偶然の積み重ね。『ベンジ... | トップ | ほろ苦いコメディ映画。『ノッキ... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (たいむ)
2009-02-26 19:10:49
なんとも酷な物語でしたね。
私も、ずっと希望を求めてました。味方が現れるのを心待ちにし、確かな情報を待っていましたし。
最後まで僅かな希望にすがっていた母親と思うとそれも辛いことと思いますが、希望がある限り。。。なのでしょうね、たぶん。
そんな風に思い、気持ち良く見終えることができましたが。
犯罪 (kossy)
2009-02-26 22:18:12
なんと、ひったくりに遭われたのですか?
大変でしたねぇ・・・
被害に遭うのはいつの世も弱者。
犯罪のない世になってもらいたいものです。
TBありがとうございました。 (sakurai)
2009-02-26 22:49:32
それはひどい体験をなされましたね。
どう考えても理不尽なことに、我々は遭遇しますが、その理不尽なことをなす人しというのに、どれだけの意識があるのだろう・・と思います。
本当に他人事なんですよね。
そういう人間を見ると、この人間という生き物は・・・と情けなくもなるのですが、一方、どんな困難にも屈せず、勇気を振り絞って行くる姿も、同じ人間かと思うと、この生き物の不思議さを痛感します。
そうですね。
描いていたのは、人間の希望を信じる姿でしたね。
力強い映画でした。
テクテクさん、こんばんは! (アイマック)
2009-02-26 22:53:25
イーストウッドの映画はハズレはないですね。

とんでもない話でしたが、警察のひどさは
『アメリカン・ギャングスター』の上をいってたよ。
弱者である子供や女性を助ける立場なのに・・・
真実というのが、重みがありました。
息子を生涯探し続けたという母親の気持ちを思うと切なくなります。
でもいい映画でしたね。
おはよーございます (まーみ)
2009-02-27 08:10:00
昨日、コメント投稿したのですが、ちゃんと送信出来てなかったみたいで・・・。
昨日、マンマ・ミーア! 観てきました!とっても、元気もらいました。
次は、チェンジリングをぜひ映画館で観たいです。
やっぱり、映画は、良いですね(^3^)/
こんにちは♪ (ミチ)
2009-02-27 10:13:20
「ベンジャミンバトン」に引き続いての自分の経験に照らし合わせてのレビューですね。

犯人が被害者側に対して何も考えていないというのはそのとおりだろうと思うのです。
テレビなどで凶悪犯罪の裁判での加害者を見ていてもそうですから。

>クリスティンや私が欲しいのは同情ではなく求めているのは希望
元の生活を返してほしいという思いがあらためて伝わってきました。
コメント返信 (テクテク)
2009-02-27 12:56:14
>たいむさま
こんにちは
自分の息子を探して欲しいという
誠実な気持ちを訴えているだけなのに
自分の事を異常者扱いされる様子は
客観的に観ていても本当に辛いモノがありました

でも、希望を捨てず自分の信念を貫いた彼女の姿勢には
強い母親の姿を感じました

とても残酷な物語でしたが後味が悪くなかったのは、
善意は悪意に勝る事が
この映画の中で表現されていたからだと
私は思います


>kossyさま
こんにちは
そうなんですよ…
まさか自分がひったくりの被害に合うとは
夢にも思っていませんでした

ヘッドフォンをして音楽を聴きながら歩いてたいたわけでもなく、
携帯電話でメールや電話をしながら歩いていたわけでもなく、
ただ普通に歩いていただけなのですが、
背後から音も無く忍び寄っていた原付バイクに
追い抜きざまにヤラれました

警察の方に話を聞いたのですが、
ひったくり被害に合うのは圧倒的に女性が多いそうです

被害に合った場所が自分の自宅近所で、
愛着のある場所だっただけに
結構ショックでした…
コメント返信 (テクテク)
2009-02-27 20:35:36
>sakuraiさま
こんにちは
人間って生まれた時は誰もが同じ乳児で
知恵も価値観も何も持たずにいたのに
成長する過程の中で何がどう違ってくるのか
人間性に大きな差が生じてしまうのですよね
嘆かわしいのは成長という言葉とは裏腹に
年齢を重ねながらも
人間は堕落する事が出来る生き物だという事です

「人のふり見て我がふり直せ」とは
子供の頃からよく言われた事ですが、
自分が不利な立場であったり被害に合ったからと言って
自分を貶めるような事はしない
クリスティンのような女性でありたいと
私も思っています


>アイマックさま
こんばんは
「アメリカン・ギャングスター」もそうでしたが、
これが実在した警察の姿だというのには
ホントに驚きですよね

イーストウッドは凄く考えさせられる映画を
観客に投げかけてくるので、
彼が俳優として培ってきた映画に対する想いが
ストレートに伝わってきます

映画をただの娯楽として扱うだけでなく、
人間の魂を揺さぶる手段として訴えかける所に
彼の温かで真面目で厳しい人間性を感じますよね

この映画でも被害者でもあるクリスティンを
「ただの可哀相な人」で終わらせないのが
イーストウッドの素晴らしさだと思います
コメント返信 (テクテク)
2009-02-27 21:15:07
>まーみさま
こんばんは
昨日頂いていたコメントは
私の方でブログに反映する作業が遅れてしまっていました
せっかくコメントして頂いたのに
早く返信できなくてゴメンなさい…

今日再びコメントを頂いて、
昨日のコメントと重複してしまうので
先のコメントは引っ込めておきましたので
ご了承下さい

ところで…
「マンマ・ミーア!」をご覧になったのですね
この映画は終始ノリノリ
気分を明るくしてくれますよね

「チェンジリング」は重厚感のある作品なので
「マンマ・ミーア!」とはテイストが違いますが、
凄く見応えのある映画です

またご覧になった時は感想を教えて下さいね


>ミチさま
こんばんは
私がひったくり被害にあってから
既に2週間以上が過ぎましたが、
この事件は私の心に大きな影響を与えたのだと
今更ながら痛感しています

物事に対する見方や考え方、捉え方も
あの日を境に大きく変わりましたし、
トラウマとでも言うのでしょうか…
会社の中でも背後に人の気配を感じると
妙に落ち着きがなくなってしまいます

外を歩いても自転車が横を通り過ぎるだけで
妙にドキッとしてしまったり…

劇中のクリスティンは息子が行方不明にならなければ、
今度に休みには一緒に映画に行く事が出来たのに
そんな小さな楽しみでさえも奪われてしまったように、
私もひったくりに合ったおかげで
翌日に予定していた友達との約束も守れず、
会社を休んで紛失した物の再発行手続きに駆け回り、
鞄だけでなく自分の時間までも奪われてしまった事が
何よりも一番の痛手でした

過ぎた時間は取り戻せませんからね…

こんな想いをしない為にも、
女性の皆さんひったくりには御用心下さい

油断しがちですが、
鞄は道路側ではなく壁側に持って歩いて下さいね
こんにちは (zooey)
2009-03-07 15:04:42
つらくて重い作品でしたね。
観終わった後、ゴードン・ノースコット事件というのをちょっと調べてみて驚きました。
映画の中でも、気分が悪くなるくらい残酷な事件だったのに、実際の方が、もっと残虐な事件だったのですよ…
私の日記(のコメントの中)にリンクしましたので
よろしかったらご覧下さい。
コメント返信 (テクテク)
2009-03-07 22:06:43
>zooeyさま
こんばんは
この映画にはホントに重厚感があって
最後まで心を鷲掴みされてしまいました

実際にあった事件の話も拝見しましたが、
これまたビックリですね

こんな事実がホントにあったのかと思うと、
何とも言えない気持ちにさせられます

人間って天使にも悪魔にもなっちゃう
恐ろしい生き物なんですよね…

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

91 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
チェンジリング (LOVE Cinemas 調布)
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』と並ぶ新春大型作品です。主演はアンジェリーナ・ジョリー、そして監督はあのクリント・イーストウッド。1920年代アメリカの実話を元にした作品です。アンジェリーナ・ジョリーは本作で第81回アカデミー賞主演女優賞にノミネー...
チェンジリング (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『どれだけ祈れば、 あの子は帰ってくるの─? ある日突然、消えた息子。 5ヵ月後に帰ってきた彼は別人だった─。 1928年、ロサンゼルス。 魂で泣く本当にあった物語。』  コチラの「チェンジリング」は、クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョ...
チェンジリング (小部屋日記)
Changeling(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督・製作・音楽: クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー/ジョン・マルコヴィッチ/コルム・フィオール/デヴォン・コンティ/ジェフリー・ドノヴァン/マイケル・ケリー/ジェイソン・バトラー・ハーナ...
劇場鑑賞「チェンジリング」 (日々“是”精進!)
「チェンジリング」を鑑賞してきましたクリント・イーストウッド監督がアンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えた感動のミステリー・ドラマ。1920年代のロサンゼルスで実際に起きた事件を映画化。5ヶ月の失踪ののち保護され帰ってきた幼い息子が別人だったことから、本...
『チェンジリング』 (Sweet*Days**)
監督:クリント・イーストウッド  CAST:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ 他 1928年、ロサンゼルスの郊外に...
[Review] チェンジリング (Diary of Cyber)
changeling −【名】 1.取り替え子 《さらった子の代わりに妖精たちが残すとされた醜い子》   【CHANGE+-LING】 ある日突然、愛する我が子がいなくなった。それまでたった二人、手を取り合って生きてきたのに。いなくなって5ヶ月が経ち、仕事をしようにも...
チェンジリング (生まれてから今まで観てきた映画全部)
今日はクリント・イーストウッド監督の新作「チェンジリング」を観てまいりました。「チェンジリング」と行っても往年のホラー映画のリメイ...
チェンジリング (映画鑑賞★日記・・・)
原題:CHANGELING公開:2009/02/20製作国・年度:アメリカ、2008年上映時間:142分鑑賞日:2009/02/21監督:クリント・イーストウッド出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハー...
チェンジリング ★★★★★ ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
公式サイト プラデラレビュー 1920年代〜30年代のアメリカの光景の再現がしっかりしてるのは、この規模のハリウッド大作なら当然といえば当然だが、長いエンドロール時の映像にて、道路を車や人が絶え間なく通行し続ける様に象徴される、とことんリアルな背景の作り込...
チェンジリング (ドラ☆カフェ)
<  脚本 J・マイケル・ストラジンスキー 監督 クリントイーストウッド 上映時間 142分 公開年 2009年2月20日 どれだけ祈れば ...
母の愛〜『チェンジリング』 (真紅のthinkingdays)
 CHANGELING  1928年、ロサンゼルス。電話局で働き、女手一つで一人息子を育てるクリ スティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)...
映画「チェンジリング」ブロガー試写会@東宝東和試写室 (masalaの辛口映画館)
 今回の試写は映画「チェンジリング」をブログで応援するブロガー50名程が集められた試写だ。客席は満席で椅子に座れないお客さんまで出てしまう大盛況だ。 映画の話 1928年。ロサンゼルスの郊外で、9歳の息子・ウォルターと幸せな毎日を送る、シングル・マザーのク....
チェンジリング (Akira's VOICE)
子は鎹(かすがい)。 永遠に!!  
チェンジリング (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、エイミー・ライアン、コルム・フィオーレ、ジェフリー・ドノバン、マイケル・ケリー。1928年、暗黒の木曜日でアメリカ経済が奈落の底に突き落とされる直前の実話に基づいた...
チェンジリング (to Heart)
どれだけ祈れば、 あの子は帰ってくるの──? 原題 CHANGELING 製作年度 2008年 上映時間 142分 映倫 PG-12 脚本 J・マイケル・ストラジンスキー 監督 クリント・イーストウッド 音楽 クリント・イーストウッド 出演 アンジェリーナ・ジョリー ジョン・マルコヴィッ...
チェンジリング/Changeling (いい加減社長の映画日記)
土曜日が「はしご観キャンペーン」で、1ポイントもらえるということで。 まずは1本目に「チェンジリング」を選択。 「UCとしまえん」は、ちょっと少なめかな。 「チェンジリング」は、中くらいのスクリーンで、9割以上。 クリント・イーストウッドとアンジーの組み...
『チェンジリング』 (めでぃあみっくす)
衝撃の傑作。しかも3度も衝撃を味あわせてくれる骨太な傑作。アカデミーでの評価が3部門だけというのも、過小評価されすぎでは?作品賞にノミネートされていてもおかしくないのでは?と思えるほどに素晴らしい映画でした。そして改めてクリント・イーストウッドという映...
「チェンジリング」 (かいコ。の気ままに生活)
息子失踪の5か月後に見知らぬ少年を押し付けられた母親の物語。「チェンジリング」公式サイトクリント・イーストウッド監督なので覚悟してたつもりでしたが・・やっぱり し、しんどかったデス〜〜会社帰りにフンフーンて観にいくにはテーマが重かったどう見ても他人の子....
チェンジリング/Changeling (描きたいアレコレ・やや甘口)
ぎゃあ〜〜!!怖いけど凄いです! もう、何と言ったらいいのか、あまりに理不尽すぎて、事の展開にぐいぐい引き込まれてしまいます。と...
「チェンジリング」みた。 (たいむのひとりごと)
この時代のメイクとはいえ、アンジーの顔がコワイっっ!・・というのはさて置き、非力で警察に頼らざるを得ないだけの母親から、権力の圧力にも屈しないコリンズ夫人へ。実の息子への愛情と想う気持ちだけを楯に、強
チェンジリング・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ある日突然、最愛の息子が失踪し、数ヵ月後に警察によって発見される。 ところが自分を母と呼ぶその子は、我が子とは似ても似つかないまった...
チェンジリング (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★★[5/5] これは、上質なミステリー映画である。
【チェンジリング】 (+++ Candy Cinema +++)
【CHANGELING 】 【監督/制作/音楽】 クリント・イーストウッド  【脚本】 J・マイケル・ストラジンスキー    【日本公開】2009/02/20  【...
『チェンジリング』 (千の天使がバスケットボールする)
人間は完璧ではないから、ヒューマン・エラーが発生する可能性はゼロではないにしろ、絶対に起こしてはいけないことが、先日の香川県立中央病院で発生した体外受精卵を取違えて移植した事件であろう。つらい不妊治療をのりこえて、ようやく妊娠した喜びもつかのま、胎内に...
「チェンジリング」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画&nbsp; クリント・イーストウッド監督作品。今回のオスカーにアンジェリーナ・ジョリーが主演女優賞にノミネートされている本作品を、オスカーナイト前に観ておこうと、公開初日に劇場へ足を運びました。誘拐された息子が5ヶ月後に発見されるも...
『チェンジリング』 (ラムの大通り)
(原題:Changeling) -----これってクリント・イーストウッド監督の新作だよね。 彼とアンジェリーナ・ジョリーの組み合わせって 少し意外な気がするニャあ。 「うん。観る前はぼくもそう思ったんだけど、 観ているうちになるほどと…。 というのも、 これが思ったより...
チェンジリング (悠雅的生活)
ただ1人のわが子を求めて
チェンジリング (そーれりぽーと)
何かと話題を提供してくれるブラピ&アンジー夫妻。 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』に主演の夫ブラピがアカデミー主演男優賞にノミネートされ、同時にアンジーはこちらの映画で主演女優賞にノミネート。 それだけでも話題性たっぷりですが、俺が本当にこの映画を観...
チェンジリング (Yuhiの読書日記+α)
クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー主演の、ゴードン・ノースコット事件の被害者家族の実話を元にした映画。その他キャストは、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール他。 <あらすじ> 1928年。ロサンゼルスの郊外...
チェンジリング (勝手に映画評)
1928年、ロスアンゼルスで実際に起きた出来事。ちなみに“チェンジリング”とは、“フェアリーなどの伝承の生物と秘密裏に取り替えられた子供”と言う意味。ヨーロッパなどで、広く伝承されてきた話だそうです。 20世紀初頭のアメリカの司法・警察機関って、どこも腐敗し...
チェンジリング (ネタバレ映画館)
柱のきずはおととしの〜♪
「チェンジリング」 (★ Shaberiba ★)
怒りと憤りで胸が震えた・(涙)
チェンジリング (迷宮映画館)
見ごたえ十分、さすが(政治家)・イーストウッド!!
「チェンジリング」クリント・イーストウッド (Mani_Mani)
チェンジリングCHANGELING 2008アメリカ 監督・音楽:クリント・イーストウッド 脚本:J・マイケル・ストラジンスキー 撮影:トム・スターン 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バ...
チェンジリング/アンジェリーナ・ジョリー (カノンな日々)
予告編だけで物語を想像すると「幼い息子が失踪→数ヶ月後、無事発見、解決→この子は私の子供じゃない!?」というミステリー作品かなぁと思っちゃったりするんですけど、コレって実話に基づいた作品なんだそうですね。ということは謎は謎じゃなく既に明らかになってると...
『チェンジリング』・・・権力に屈しない正義 (SOARのパストラーレ♪)
失踪した息子を捜すために腐敗しきった警察に立ち向かう母クリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)の強さにとにかく圧倒される。警察の信じられないような仕打ちの中で、決してあきらめない母の姿が強烈なインパクトを作品に与えていて見応え十分。ひとりの少年の失踪が...
映画レビュー「チェンジリング」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
オリジナル・サウンドトラック Changeling◆プチレビュー◆古典の風格を持つ秀作。子供を捜し続ける母の強い愛が感動を呼ぶトゥルーストーリーだ。 【80点】  1928年のロサンゼルス。クリスティン・コリンズの9歳の息子ウォルターが突然行方不明に。その5ヶ月後、警...
「チェンジリング」残酷で重いけど…イイ映画です。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[チェンジリング] ブログ村キーワード  監督クリント・イーストウッド。主演アンジェリーナ・ジョリーという、豪華なタッグが実現した本作「チェンジリング」(東宝東和)。実話を基に、“魂を揺さぶる映画”に仕上げています。さすが名監督に名女優。  1928年...
「チェンジリング」  CHANGELING (俺の明日はどっちだ)
息子が突如失踪し、その5ヵ月後見知らぬ少年を警察から押し付けられるものの、本物の我が子を取り戻すため権力の圧力に屈せず戦い続けるという1928年にロサンゼルスで実際に起きた「子供入れ替え」と「猟奇連続殺人」事件に巻き込まれた母親の姿を描いたクリント・イース...
チェンジリング (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2009年2月20日(金) 公開 ★★★★★ アクションもセクシーな魅力も封印して渾身の演技を見せてくれたアンジーが良かった 星5つ! 皆さん、これが本物の春日ですよ。 お子さんをお持ちの親御さんならどなたも我が子が行...
チェンジリング / CHANGELING (我想一個人映画美的女人blog)
クリント・イーストウッド監督作にハズレなし! と思ってはいるけど過度な期待はしないで観て来ました〜 金曜日からの1日前倒し公開。ちょうどタイミングよく時間あいてたので{/shootingstar/} 何かの番組でやってて軽く内容知っちゃったし、さんざんアンジーが叫...
映画 【チェンジリング】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「チェンジリング」 クリント・イーストウッド監督による実話の映画化。 おはなし:1928年、ロスアンゼルス。クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は9歳の息子ウォルターと暮らしていた。ある日、彼女は休日を返上して仕事をしてから帰宅する...
希望が見える「チェンジリング」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ)
{/映画/}息子が行方不明になり、発見の知らせを警察から受けて会いに行くとそれは見知らぬ少年だった。ロス警察の保身のために、次々と非道な目に遭わされる母は……。これは真実の物語だという。{/映画/} 「ミリオンダラー・ベイビー」。「ミスティック・リバー」。...
チェンジリング (しーの映画たわごと)
ひとことで言ってしまえばさすがイーストウッドです。映画の全てを知り尽くした男ですね。安定感抜群。崩れることがありません。盛り上げて引いて盛り上げて引いて。巧いです。
チェンジリング(映画館) (ひるめし。)
どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの―?
チェンジリング (心のままに映画の風景)
1928綛眼???激?潟?違????吟?若????鴻???c?鰹??≪?潟?吾?с??若???祉?吾?с??種??????泣?潟?若??拷??紊???罩潟???????帥?種??????潟?祉?違????c?刻??...
チェンジリング (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ある日突然、消えた息子。5ヵ月後に帰ってきた彼は別人だった__。 物語:舞台は1928年のロサンジェルス郊外。電話会社に務めるクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は9歳の息子ウォルターと暮らすシングルマザー。息子と過ごす時間が一番大切な時間だ。 と...
【チェンジリング】 (日々のつぶやき)
監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ   どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの ―? 「シングルマザーのクリスティン・コリンズ、ある日仕事から戻ると息子ウィルターの姿がなくその後の警察の捜索でも
チェンジリング (映画通の部屋)
「チェンジリング」 CHANGELING/製作:2008年、アメリカ 142分 
チェンジリング アンジーの目の演技が凄いなー! (労組書記長社労士のブログ)
 うちの各事業所の朝礼まわりを初めて3週目突入(_ _)(-.-)(~O~)ファ…(~O~)(-.-)。 本来自分の仕事ではないのだけど、職場を担当する執行委員があんまりやってくれないのと、自分自身が現場が好きなのと、それからやはり職場組合員に労働組合のことをもっと意識して貰う...
『チェンジリング』 (2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:CHANGELING監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー公式サイトはこちら。<Story>1928年。ロサンゼルスの郊外で息...
★チェンジリング(2008)★ (CinemaCollection)
CHANGELINGどれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの──?ある日突然、きえた息子。5ヵ月後に帰ってきた彼は別人だったー。1928年、ロサンゼルス。魂で泣く本当にあった物語。上映時間142分製作国アメリカ公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2009/02/20ジャンルミス....
【映画】チェンジリング (新!やさぐれ日記)
▼動機 名作っぽい雰囲気に。 ▼感想 格が違う。 ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ 1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と暮らしていた。ある土曜...
「チェンジリング」 苦さの意味 (はらやんの映画徒然草)
クリント・イーストウッド監督の作品というのは、観賞後にかなりビターな口当たりが残
映画 「チェンジリング」 (ちょっとひとことええでっかぁ―♪)
珍しく金曜日公開? 予告編で実話に基づく映画化とあって、ずっと気になっていたので早速観て来ました!
映画 『チェンジリング』 (きららのきらきら生活)
『どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの−?』
チェンジリング (★YUKAの気ままな有閑日記★)
最近、劇場に行く時間がなかなか取れないけれど、アンジーがアカデミー賞にノミネートされたこの作品だけは、、、這ってでも観に行きたかった―【story】1928年、ロサンゼルス。ある日突然、クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)の息子ウォルターが姿を消...
「チェンジリング」を観る (紫@試写会マニア)
今年のアカデミー賞はどんなサプライズがあるのか!! 「ベンジャミン・バトン」のブラピと今回私が鑑賞した「チェンジリング」のアンジーが、パートナー同士で男女主演賞をもし獲ったら!スッゴいですよね、でも「夢」じゃないのでは、と思えたアンジェリーナ・ジョリー...
『チェンジリング』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「チェンジリング」□監督・音楽 クリント・イーストウッド □脚本 J・マイケル・ストラジンスキー □キャスト アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、コルム・フィオール、デヴォン・コンティ、ジェフリー・ドノヴァン、マイ...
チェンジリング (POCKET BASE)
クリント・イーストウッドが監督の映画『チェンジリング』を観てきた。主演のアンジェリーナ・ジョリーが、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされたことでも注目されていた映画...
チェンジリング (Diarydiary!)
《チェンジリング》 2008年 アメリカ映画 − 原題 − CHANGELING
『チェンジリング』2009・3・1に観ました (映画と秋葉原と日記)
『チェンジリング』  公式HPはこちら ←クリック   ●あらすじ(序盤) 1928年、ロサンゼルス。シングルマザーのクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は、電話会社で交換手を束ねる責任者の一人として上司からも仕事は高く評価される存在だった...
【チェンジリング】理不尽な世界との闘い (映画@見取り八段)
チェンジリング 〜Changeling〜 監督: クリント・イーストウッド 出演:  アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・...
チェンジリング (青春STRANGE)
母は強し ★★★★☆ 監督:クリント・イースト・ウッド 原題:CHANGELING 脚本:J・マイケル・ストランジンスキー 製作年と国:2008・米 キャスト:アンジェリーナ・ジョリー ジョン・マルコヴィッチ ジェフリー・ドノヴァン コルム・フィオール ジェイソ...
★★★★★ 『チェンジリング』 (映画の感想文日記)
2008年。アメリカ。"CHANGELING".   クリント・イーストウッド監督・製作。  今年(アメリカでは昨年)の映画としては、これ以上にあらゆる意味で素晴らしい映画が存在することは不可能だろう。
チェンジリング●○CHANGELING (銅版画制作の日々)
アンジェリーナ・ジョリーの母親魂がこもっていた!! タイトルのチェンジリングとは?「取り換えられた子供」の意。背景に、「さらった子供の代わりに妖精がが置いていく醜い子供」という伝説が宿るこの言葉は母親にとってどれほどの悪夢をもたらすものなのか?それを身...
チェンジリング (Memoirs_of_dai)
オレ(息子)オレ(息子)詐欺 【Story】 1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の...
チェンジリング (こんな映画見ました〜)
『チェンジリング』 ---CHANGELING--- 2008年(アメリカ) 監督:クリント・イーストウッド 出演: アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、ジェイソン・バトラー・ハーナー、マイケル・ケリー  1928年、ロサンゼルス。シングル...
映画『チェンジリング』 (頑張る!独身女!!)
『母は強』
チェンジリング (You got a movie)
監督・製作 クリント・イーストウッド キャスト   アンジェリーナ・ジョリー          ジョン・マルコビッチ         実在の人物である主人公クリスティン・コリンズを演じるアンジェリーナ・ジョリーの迫真の演技が光る。最初に描かれるとてもエレガ...
「チェンジリング 」 (Zooey's Diary)
2008年アメリカ映画。クリント・イーストウッド監督。 チェンジリング (changeling)という聞き慣れない言葉は ”取り替え子。ヨーロッパの民話で、妖精が人間の子供をさらった後に置いていく妖精の子供”という意味らしい(Wikiより)。 1928年のロサンジェルス、行方...
チェンジリング (だらだら無気力ブログ)
1920年代、息子が行方不明になった母親が5ヶ月後に見知らぬ少年を息子 だと言って警察に押し付けられる。本当の息子を取り戻すために堕落した 警察相手に孤独な戦いを挑む母親をクリント・イーストウッド監督が アンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えて描いたミステリ...
*チェンジリング* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** 1928年。ロサンゼルスの郊外で息子・ウォルターと幸せな毎日を送る、シングル・マザーのクリスティン。だがある日突然、家で留守番をしていたウォルターが失踪。誘拐か家出か分からないまま、行方不明の状態が続き、クリスティンは眠れ...
チェンジリング (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  信じられないが、これは1928年のロスで本当にあった話である。当時悪名高かったロス市警は、行方不明になったウォルター少年を探し出し、母親に引き渡すのだが…。シングルマザーのクリスティンは、自分の息子ではないと主張する。       しかしロ...
チェンジリング (利用価値のない日々の雑学)
「コリンズ事件」というのはお恥ずかしながら知らなかったが、「ゴードン・ノースコット事件」は、以前にアメリカの犯罪史の研究をしていた時に、どこかで出くわした事があった。但し、文献は英文だったし、内容に関しても「養鶏場を営むノースコットが連続殺人を犯し、...
チェンジリング (犬・ときどき映画)
チェンジリング True Stary 本当にあった話。 1928年シングルマザーのクリスティン、ある日、休日出勤を頼まれ仕事を終えて戻ってくると、息子のウォルターが消えていた。警察に届け出るが「朝には帰ってくる」の一点張りで、取り合ってもらえない。 5ヶ月後に「息子が...
*チェンジリング* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** 1928年。ロサンゼルスの郊外で息子・ウォルターと幸せな毎日を送る、シングル・マザーのクリスティン。だがある日突然、家で留守番をしていたウォルターが失踪。誘拐か家出か分からないまま、行方不明の状態が続き、クリスティンは眠れ...
「チェンジリング」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「チェンジリング」 (原題:CHANGELING) 監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー、エイミー・ライアン、マイケル・ケリー 192...
チェンジリング (映画どうでしょう)
映画チェンジリングの感想 クリント・イーストウッド監督らしい作品ですね。 単純な...
希望。。。 (Butterfly Stroke)
I want my son back! 2週間前、「チェンジリング」観てきました。 また、監督クリント・イーストウッドがやってくれましたっ。 最後に残ったのは、残酷な「希望」。。。 世界恐慌前夜の時代には珍しかったであろう、シングル・マザーのクリスティーン・コリンズ...
映画日記りぼーん『チェンジリング』 (CHEAP THRILL)
はーい。 今、歌舞伎町にある漫画喫茶なり。 5時間パックで1,280円。 10時に新宿で見たい映画があるので家に帰らないで近場で仮眠、というわけさ。 うん、コレが出来るうちはボクもまだまだ若いもんだな。 それで、ついさっきまで新宿オデオン座で...
チェンジリング (映画君の毎日)
//ストーリー//1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と暮らしていた。ある土曜日、彼女は同僚に泣きつかれて断り切れずに休日を返上して仕事へと向かう。暗くなって彼女...
チェンジリング(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
珍しくマット(夫)が観てきた。ので、んじゃ私も! と、「チェンジリング」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー...
チェンジリング (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <日比谷TOHOシネマズ スカラ座> 監督:クリント・イーストウッド 脚本:J・マイケル・ストラジンスキー 1928年、ロサンゼルス。電話会社に勤めるクリスティン・コリンズは、9歳の息子ウォルターを女手一つで育てる毎日。ある日、休暇を返上し...
「チェンジリング」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
ロス市警には怒り心頭!冷静になれなかったです
「チェンジリング」(CHANGELING) (シネマ・ワンダーランド)
「ダーティハリー」や「許されざる者」「マディソン郡の橋」「ミリオンダラー・ベイビー」などの作品で知られる米映画界大御所のクリント・イーストウッド(79)が2008年にメガホンを執ったミステリー・タッチのサスペンス・ドラマ「チェンジリング」(原題=「取り...
映画:「チェンジリング」CHANGELING 間違いなく今年有数の傑作。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
まずカミングアウトすると、実は監督としてのクリント・イーストウッドはあまり好きではない。 もちろん、対で戦争を冷酷に描写した「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」は傑作だと思っているし、「ミリオンダラー・ベイビー」だって感動して観た。 彼ならではの視点...
【映画】チェンジリング…私程度がツッこみする隙無しな良作、高評価。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
一昨日の記事でも「朝まで仕事」{/face_hekomu/}と書きましたが、昨日の朝も同様{/face_hekomu/} 15時間労働の末に朝10:00頃に帰宅{/face_hekomu/}。お陰でそのまま夕方まで寝ちゃって{/kaeru_night/}…昨日の土曜日は無駄に{/face_ase1/}{/ase/} 今日{/kaeru_rain/}{/hi...
【映画感想】チェンジリング(アンジェリーナ・ジョリー×ジョン・マルコヴィッチ)[2010-001] (映画+小説+家族=MyLife)
アンジェリーナ・ジョリー主演、クリント・イーストウッド監督の『チェンジリング』。行方不明の真の息子を取り返す為、警察に真っ向から戦った女性を描いた本作は実話です。 腐りきった警察組織の姿に憤りを覚えるとともに、アンジー演じた母の「ただ息子と取り戻したい...
『チェンジリング』 (『映画な日々』 cinema-days)
チェンジリング 1928年L.A.電話交換手主任の息子が失踪。 5ケ月振りに警察が保護した息子は別人だった... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自...
チェンジリング/Changeling(映画/DVD) (映画を感じて考える〜大作、カルトムービー問わず映画批評)
[チェンジリング] ブログ村キーワードチェンジリング(原題:Changeling)キャッチコピー:どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの?製作国:アメリカ製作年:2008年配給:東宝東和ジャンル...