鍼灸師 てっかんの奮闘記 ~師曰 愚按曰 問曰~

師曰、愚按曰、問曰などをつづってます。
関西漢法苞徳之会の情報

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヘルペスのお灸

2009年01月21日 | 臨床雑話
ヘルペスはお灸が良く効きます。

私が弟子をしていたころ

時々ヘルペスを訴える患者さんが多く

師匠はよくお灸を直接すえていました。

コツは、水泡になっている疱疹の

一番大きな者にお灸を。

そうすると

周りにある小さな疱疹もいっしょに良くなっていきます。

親玉やっつけて子分もなくなるみたいな感じです。

2,3日後には効果が出ていました。

たまたま患者さんでみえていた方の

ご主人さんが皮膚科医であったので

その方法を教えて欲しいとおしゃられていたことを

思い出します。

ただ顔にできたものに対しては

一度病院の方で検査をしてもらっています。

進行が早く、目に入れば失明の恐れがあるからです。

ご注意を!


いつも読んでいただいて、ありがとうございます!
訪問された方は是非応援のワンクリックおねがいします!

関西漢法苞徳之会
2月15日(第3日曜日)が例会日です。
基礎科では、杉山真傳流の基本手技の実技を行なっています!

漢法はりきゅう療法科
来年1月分予約受付中!

今日の時間に開いているツボです!
霊亀八法と納甲法です。鍼灸師の方はご参考に!

鍼灸師の試験とお仕事♪
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日は大寒 | トップ | 今日は旧正月! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む