鍼灸師 てっかんの奮闘記 ~師曰 愚按曰 問曰~

師曰、愚按曰、問曰などをつづってます。
関西漢法苞徳之会の情報

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

足のむくみやつっぱり

2008年09月29日 | 臨床雑話
9月も終わりに近づき

もう10月も目の前…

早いものです。

このような時は風邪をひきやすくなったりしますので

注意が必要です。

夏の疲れを引きずっている方もまだまだ多く

急に冷えることによって体調を悪くする方が

多くなってきました。

その中でも腰から下肢にかけての症状が多くなっています。

ふくらはぎがつっぱる、重たいなど。

触ってみるとパンパンに張っていたり

浮腫んでいたりと様々。

今の時季ですと

手術痕の処置にも登場しましたが

膝の内側から少し下にある陰陵泉が最も効果があります。

ポコッとくぼみの様な反応がある場合もあれば

溝のような小さな反応の時もありますが

ゆっくり鍼をおこなって

ツボの方向、もしくは直線的に狙っていくと

ふくらはぎが汗が滲むような感じで緩んでいくのが

わかります。

それでダメな場合は足の三里と併用してみたり

ふくらはぎの後ろ側にある飛陽(ひよう)・復溜(ふくりゅう)などの

ツボも併用してみるのもいいと思います。

膝の周りのツボやふくらはぎのツボは

利尿作用やのぼせを下げる効果がつよく

水分代謝異常や冷えを受けてののぼせなどに

効果があります。

そのような時はふくらはぎがよく張っていたり

膝が痛んでいたりしますので

小便や汗の出方と比較しながら治療にあたっています。

おかしいなと思ったらすぐに治療しましょう!


いつも読んでいただいて、ありがとうございます!
応援のワンクリックおねがいします!

関西漢法苞徳之会
10月12日の第2日曜日になります。11月は第5日曜、30日です。

漢法はりきゅう療法科
10月分の予受付中!

今日の時間に開いているツボです!
霊亀八法と納甲法です。鍼灸師の方はご参考に!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パワーポイントと格闘中! | トップ | 膀胱炎のお灸 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む