鍼灸師 てっかんの奮闘記 ~師曰 愚按曰 問曰~

師曰、愚按曰、問曰などをつづってます。
関西漢法苞徳之会の情報

第10期 関西漢法苞徳之会 10月例会のご案内

2016年10月14日 | 関西漢法苞徳之会
第10期 関西漢法苞徳之会勉強会
とき:平成28年10月23日(日曜日)第4日曜:霜降
am9:30~pm4:45
場所:森之宮医療学園専門学校(06-6976-6889)
  大阪市東成区中本4-1-8
  JR環状線地下鉄鶴見緑地線「森ノ宮」駅下車徒歩12分


●午前の部
am9:30~am10:00
 霊枢輪読会
~邪気蔵府病形篇つづき~

am10:15~am11:00
古典医学基礎講座
   病因Ⅴ:不内外因 養生訓飲食篇」
               (大西宏治)

am11:05~pm12:05
経絡蔵象:足陽明胃経(伊藤伸浩)


●午後の部
pm12:45~pm14:00
温病の基礎と臨床:秋燥Ⅱ
           (利川鉄漢)
 
pm14:05~pm14:35
臨床質問会 (山口浩一)

pm14:35~pm15:30
実技

基礎科:現代鍼法17手技
    

臨床科:杉山眞傳流基本18手技:龍頭術 
    10月乱鍼。
    
    
●講座
pm15:35~pm16:55
宋板傷寒論講座:弁太陽病脈証并治上第五
                (福井仁照)




聴講制度について
聴講参加は2回までとし、実技は見学のみとなります
また、3回目以降の受講を希望される場合は入会していただく必要があります
・学生:¥3,000で2回の聴講が可能(1回当たり¥1,500)
・一般:1回¥2,500で2回まで聴講可能


入会制度について
学生会員:入会金¥10,000+¥3,000/日
一般会員:入会金¥10,000・年会費¥10,000
全講座一括受講の場合¥5,000/日、単講座受講の場合@3,000


*本会の講義は全て個人の録音を禁止しています


~苞徳之会趣旨~

私たちはともに研鑽を重て、
* 臨床カンファレンスのできる力を養おう
* 伝承技術を正しく継承し発展させよう
* 漢法医学に基づく基礎の確かな臨床家になろう
* 古典の確かな読解力を身につけよう
* 広い心と視野とで種々の臨床的手法を把握しよう
以上の5項目を実践し
『素問』『霊枢』『難経』に基づき、『傷寒論』『温病学』『現代中医学』をも学び
また日本の漢法鍼灸医学を継承した
<基礎の確かな>
<医の心のシッカリした>
鍼灸臨床家を目指した研修を図るものである。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ tekkan89をフォローしましょう

LINE@はじめました。クライアントさん専用
       
友だち追加数
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第10期 関西漢法苞徳之会 ... | トップ | 第10期 関西漢法苞徳之会 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む