鍼灸師 てっかんの奮闘記 ~師曰 愚按曰 問曰~

師曰、愚按曰、問曰などをつづってます。
関西漢法苞徳之会の情報

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

虚実判定と補瀉選択(補足改定)

2012年02月08日 | 診察法
追加補足分 . . . 本文を読む
コメント

病を立体的に把握するには 5

2011年05月20日 | 診察法
点・線・面・領域 . . . 本文を読む
コメント

病を立体的に把握するには 4

2011年05月07日 | 診察法
体表反応の多層性 . . . 本文を読む
コメント

病を立体的に把握するには 3

2011年05月03日 | 診察法
経絡的治療への「警笛」 . . . 本文を読む
コメント

病を立体的に把握するには 2

2011年04月29日 | 診察法
脈診と腹診にも . . . 本文を読む
コメント

病を立体的に把握するには

2011年04月26日 | 診察法
病を立体的にイメージングするには . . . 本文を読む
コメント

診察法の一つ脈診

2010年03月18日 | 診察法
脈診のつづきとしましたが、中々大変なので . . . 本文を読む
コメント

運動鍼(診)

2009年10月01日 | 診察法
早いもので10月になりました。 . . . 本文を読む
コメント (1)

脈について

2009年02月10日 | 診察法
脈のことについては、感覚の問題なのであまり書きませんでしたが、今の時期に多い脈状(脈の状態)は… . . . 本文を読む
コメント (1)

おこなっている診察法 つづき

2008年06月24日 | 診察法
前回につづき、現在おこなっている診察法を列記します。現在おこなっているという言い方をしていますが、慣れてくると省いたり、触診の流れですばやくおこなえるようになってきます。 . . . 本文を読む
コメント

おこなっている診察法

2008年06月23日 | 診察法
現在おこなっている診察法です。様々な角度から、患者さんの状態を把握するために、1つの診察法にとらわれ過ぎないように注意しています。最終決定は四診総合判断です。 今回は、望診(色・舌・形)と尺皮診・八虚診・腹診についてです。 . . . 本文を読む
コメント