翻訳通訳研究

翻訳研究と通訳研究の最先端の話題と情報を提供

お知らせ

新刊『同時通訳の理論:認知的制約と訳出方略』(朝日出版社)。詳しくは。こちらをごらん下さい。

『日本の翻訳論』(法政大学出版局)。詳しくは。こちらをごらん下さい。

日本の通訳研究の始まり(その1)

2017年05月24日 | 通訳研究

他に適任者がいるとは思うし、あまりやりたくもないのだが、年長者の責任としてとっかかりだけつけておこうとおもう。日本で通訳研究がいつごろ、誰によって始められたかという問題である。(シャドーイングやリプロダクションのような訓練手法がいつ、誰によって導入されたかもわかっていない。)通訳教育の古い文献についてはここの202-204ページに少し書いたが、いずれも204ページで南津君が書いている「通訳者による経験の体系化」を超えず、実証的・科学的研究とは言えない。知りえた限りでは、松本兼太郎が1970年代に何編か書いている。「口頭作文から通訳へ]『明治薬科大学研究紀要』第6号(1976)、「英和同時通訳のための基底文構造」『明治薬科大学研究紀要』第7号(1977)、「英和同時通訳のための修飾構造」『明治薬科大学研究紀要』第8号(1978)、「英和同時通訳のための変形操作」『明治薬科大学研究紀要』第9号(1979)があり、ずっと後になって「英日間同時通訳のための基底要素」『明星大学研究紀要』第28号(1992)を書いている。題名はそれらしいのであるが、実際に読んでみると初歩的な翻訳文法のようなものであり、理論的研究・実証的研究とは言い難い。それは1992年の論文に至ってもそうなのである。

70年代の文献が他にあるかもしれないが未詳である。1980年代になると実証研究と言っていい論文が出てくる。久米昭元(1981)「Oral Englishへのアプローチー”Parallel Reading”の多元的効果ー」(『アカデミア』第30号(144集))がそれである。タイトルからは通訳を扱っているようには見えないが、いわゆる原稿つきシャドーイングの効果を実証的に研究している。船山仲他(1984)「同時に訳すための要点」(『AV Journal』第6号)は、実際に同時通訳をする際に必要な技法を扱っており、技能に即した研究になっている。久米、船山ともに通訳のpractitionerでもあったことに注意を促しておこう。なお久米には(1985)「逐次通訳へのアプローチ-日本語訳出における比較研究」(『時事英語学研究』第24号)もある。このあたりから少しずつ通訳研究の論文が目につくようになってくるが、この時期は世界的にも通訳研究の数はそれほど多くなかったのだ。


この記事をはてなブックマークに追加

明治時代の語学学習ノート

2017年04月23日 | 雑想

『独逸語譯觧副手簿』(明治三二年)を何だかわからないままに入手。どうやら陸軍士官学校の生徒がドイツ語を学んだ時のノートらしく、鉛筆で書かれている。内容は教材の読本を全訳しようとしたもので、当時の訳読法が分かる。たとえば冒頭に「序言」とあり、第一文は「自ラ私ガ1870カラ1871年ノ戦役ニ於テ見受ケシタ所ノコトヲ大言スル爲ニ私ガ此小冊子ヲ著述セナンダ.」となっている。おそらく「この小冊子を書いたのは私が1870年から1871年の戦争で自ら見聞したことを大言壮語するためではない。」という意味だろう。漢語の語彙の水準は比較的高い。文中のこの戦争とは普仏戦争のこと。なお、陸軍士官学校の外国語科目は、英語・フランス語・ドイツ語・ロシア語・中国語から一つを選択することになっていた。

 

この記事をはてなブックマークに追加

『ことばの世界』

2017年04月13日 | 

愛知県立大学通訳翻訳研究所から『ことばの世界』第9号(研究所年報第一号)を頂く。

愛知県立大学通訳翻訳研究所(Institute of Interpreting and Translation)は昨年4月に設立された機関で、「理論的基盤研究」と「実践的応用研究」の融合をめざしている。この第一号には「表象文化の翻訳-「蓮如上人旧跡絵図」を読み解く-」、「通訳基礎力のための新聞活用:学生が選ぶ「今週のニュース」」、「Translating to the Music: Problems and Possibilities in Song Lyric Translation」、「Les specificites de la localisation de jeux video: aspects techniques et traductologies」の4本の論文と実践報告などが収録されている。公立大学での貴重な試みであり、持続させてほしいと思う。


この記事をはてなブックマークに追加

新しい論文です

2017年04月06日 | 通訳研究

『青山学院大学文学部紀要』58号(2016)に掲載された論文、Simultaneous Interpreting and Cognitive Constraints がレポジトリにアップロードされました(実際に刊行されたのは今年の3月)。『同時通訳の理論』(2015)の骨子を英文でまとめたものです。若干ですが新しい記述もあります。関心のある方はこちらからダウンロードできます。


この記事をはてなブックマークに追加

「翻訳通訳研究の新地平」

2017年03月19日 | 

これはいただき物だが、武田珂代子(編著)(2017)『通訳翻訳研究の新地平-映画、ゲーム、テクノロジー、戦争、教育と翻訳教育』(晃洋書房)が2月末に出ている。(サブタイトル長すぎ。)


2015年に立教大学異文化コミュニケーション学部主催で行われた連続講演会をもとにしている。目次はこちら。個人的には最終章「通訳翻訳教育の最前線」が興味深い。


この記事をはてなブックマークに追加

Consecutive Notetaking and Interpreter Training

2017年03月18日 | 

今年になってSomeya, Y. (ed.)(2017) Consecutive Notetaking and Interpreter Training (Routledge Advances in Translation and Interpreting Studies 17)(Routledge)が出たので簡単に紹介しておく。


2014年9月に関西大学で開催された「国際通訳教育コロキアム」をもとにした論文集である。Matyssekメソッドのワークショップを行ったAnnika Hansenが病気のためにペーパーを出せなかった代りに、Michaela Albl-Mikasaが書いている。執筆者は他に小松達也、伊藤宏美、Chesn-shu Yan, そして編者の計5人。目次はリンク先にあります。逐次通訳のノートテイキングの理論について、日本、ドイツ、フランス、中国の研究者による最新の知見を得ることができる。


この記事をはてなブックマークに追加

光藤京子さんの『誤訳0トレーニング』

2017年02月19日 | 

光藤京子さんから新刊の『誤訳0トレーニング』(秀和システム)をいただいた。別宮貞徳の『誤訳辞典』をはじめとして誤訳に関する本は多い。しかしこれらは誤訳の指摘が中心で、せいぜい大ざっぱな誤訳の分類がある程度である。最も体系的と思われる『誤訳辞典』でも文法項目による分類が中心になっている。本書はATAのエラーカテゴリーを採用してより幅広い誤訳チェックができるようになっている。

 

第1章は15のエラーカテゴリーにもとづき、右のページに訳の間違いを訂正する問題があり、ページをめくると解答と解説というように、問答形式で進む。英日だけでなく若干の日英翻訳も含まれており、より実務に即した内容になっている。この章だけで全体の半分以上を占める。第2章は「誤訳ゼロのための翻訳テクニック10」で、誤訳を失くすために何をすべきかを教える。第3章は比較的長い文章を用いての添削編である。ここにも日英翻訳が含まれている。第4章は仕事術として、実務翻訳者の心構えが述べられる。

本文は2色刷りで随所にイラストや著者のコメント・アドバイスが入り、著者と編集者の力の入れ具合がよくわかる。著者の会議通訳者・翻訳者としての経験と翻訳研究に裏打ちされた良書である。英語のタイトルとしてProfessional Guide for Translatorsとあるように、実務翻訳者が対象であり、入門レベルの学習者はもちろん、プロもチェック用に使える本であろう。


この記事をはてなブックマークに追加

講演のお知らせ

2016年12月10日 | 催し

12月17日(土)に青山学院大学の英文学会というのがあり、そこで講演をやります。場所、時間などはポスターをご覧ください。「御退任」などと書かれていますが、英米文学科にはいわゆる最終講義といった習慣はありませんので、これが実質的に最終講義に当たるのかなと思います。内容は前回の講演を骨子としていますが、さらにパワーアップしてます(と思います)。通訳翻訳研究(コミュニケーション)-英語学(言語学)-英米文学-英語教育の領域を横断する刮目すべき講演!(かな)。

また来年の1月21日には上智大学国際言語情報研究所主催の講演会で話をします。詳しくはこちらこちらをご覧ください。


この記事をはてなブックマークに追加

『ビジネスパーソンのための英語発信力強化演習』

2016年10月03日 | 

広島修道大学の石塚さんから著書をいただいた。『ビジネスパーソンのための英語発信力強化演習』(理論社)という本で、通訳翻訳をテーマにしているわけではないが、クイックレスポンス、シャドーイング、リプロダクションといった通訳訓練法を使った練習によってプレゼンテーションに至るという基本構成がユニークだ。受動的な英語力を能動化する方法としては実に論理的・合理的で妥当な方法だろう。最初にクイックレスポンスで主要な表現を身につけ、次にシャドーイングで発声、発音、仮想のプレゼン練習を行う。リプロダクションでプレゼンの骨格になるような重要例文をしっかり覚える。最後にプレゼンの練習になるが、ここではPPTの使用を想定して、左に言うべき内容・概念(の骨格)が日本語で示され、右側に仮想のPPTが置かれている。気づかない人もいるかもしれないが、この本には通訳研究のエッセンスがちりばめられており、プレゼンテーションを扱った類書とは一線を画する。英語でのプレゼンをしなければならない人、向上させたい人にはおすすめだ。(もちろん大学の授業に使ってもいいだろう。)唯一苦言を呈するとすれば、内容ではないが、ダウンロード音声のURLが読み進めないと見つからないことと、音声の方から本の該当箇所を見つけるのに少し手間取ることだろうか。文章は整っていて読みやすい。すでにAmazonレビューもあり、好評のようだ。


この記事をはてなブックマークに追加

新しい作動記憶と通訳研究

2016年01月22日 | 通訳研究

拙著『同時通訳の理論』刊行後に見た、比較的新しい作動記憶を軸とした通訳研究を挙げておく。

Strobach, T. et al. (2015). Better dual-task processing in simultaneous interpreters, Frontiers in Psychology, vol.6 article 1590.

同時通訳の経験が Psychological Refractory Period (PPP) のような二重タスク状況において高次の実行機能に関連しているかどうかを見るもの。→同時通訳の経験のある者は対照群に比べて反応時間が速かった。同時通訳者は実験室の二重タスク状況で、多重タスクの調整能力に優れている、という結論である。

Babcock, L. & Vallesi, A. (in press).Running-head: Cognitive control in simultaneous interpreters: Are simultaneous interpreters expert bilinguals, unique bilinguals, or both? Bilingualism: Language and Cognition. Doi: 10.1017/S1366728915000735.

プロの通訳者と多言語使用者を記憶テストで比較した。通訳者は紛争解決と切り替えコストの点では優位を示さなかった。しかし、タスク切り替えパラダイムの mixing cost では通訳固有の優位が現れた。さらに通訳者は言語的・空間的メモリスパンが大きい。通訳者はバイリンガリズムからの利点を継続的に得ているのではなく同時通訳の経験から来る固有の利点を持っているようである。

Injoque-Ricle, I. et al. (2015). Expertise, Working Memory and Articulatory Suppression Effect: Their Relation with Simultaneous Interpreting Performance, Advances in Cognitive Psychology, vol. 11 (2): 56-63.

作動記憶の容量、構音抑制、同時通訳能力の関係を探る。30人のプロの通訳者を対象に4つの作動記憶関連タスクと一つの同時通訳タスクを課した。結果は、同時通訳の能力は情報を処理し貯蔵する作動記憶の容量と、通訳者が構音抑制に対処する能力とに支えられていることを示唆している。通訳者は構音抑制により引き起こされる影響を支えるリソースを持っているか、それを作り上げるのかもしれない。

Morales,J. et al. (2015). Simultaneous interpretation selectively influence working memory and attentional networks, Acta Psychologica, vol. 155: 82-91.

この論文にはFrancisca Padilla とM. Teresa Bajoが共著者として参加している。
同時通訳者は大きな作動記憶容量を作り上げることが知られているが、通訳にかかわる作動記憶の情報刷新能力(updating)や注意能力の転移についてはあまり知られていない。そこで対照実験を行った。通訳者は二重 n-back タスクで測った情報刷新能力にすぐれていた。また通訳者は alertness と orienting network の相互作用の調節が優れていた。すなわち同時通訳の技能は関連する認知領域に転移する。

Babcock, Laura Elizabeth (2015) The Neurocognitive Fingerprint of Simultaneous Interpretation. PhD Dissertation, Scuola Internazionale Superiore di Studi Avanzati, Trieste

これは博士論文であるが、やはり通訳の経験が認知能力に影響を与えるかをテーマとしている。

ご覧のように、すべて作動記憶と関連能力の面で通訳者は非通訳者よりもすぐれているのかどうかを比較したものである。このパラダイムは(特に認知科学分野で)しばらく続くと思われるが、通訳研究にとってあまり relevant とは思えないのである。


この記事をはてなブックマークに追加