道々の枝折

好奇心の赴くままに・・・見たこと、聞いたこと、為たこと・・そして、考えたこと

ツバナ

2017年05月19日 | 植物

毎年ハイキングに好適な今頃になると、川の土堤や草原などで、一面に広がるチガヤの白い穂が風に波打っている光景を目にする。古く万葉の時代には「チ」と呼ばれていたらしい。この穂をツバナと呼ぶ。

イネ科チガヤ属の国内ただ一種の植物で、日当たりの良い場所に好んで生えるから、農村地帯の草刈りを頻繁にしている一帯に広く群生する。川の堤も常に刈り込まれているので群生地になる。
同じイネ科のススキよりも草丈が低く、ススキやセイタカアワダチソウが優越するとチガヤは消滅する。 穂の綿でタネを遠くまで飛ばすから、別の適地で繁殖を続け、絶滅の心配はなさそうだ。

チガヤの穂波、私には田植えに劣らない初夏の風物詩である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古いものへの依拠本能 | トップ | 未亡人 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

植物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL