なにゆうてんの?w

日本人たる矜持を持って!

韓国のサムスン、現代に対抗するため?…韓経:「自動車強国」日本とドイツが手を携えた

2017-03-20 17:13:47 | 日記

韓経:「自動車強国」日本とドイツが手を携えた

2017年03月20日15時25分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]

  日本とドイツが電気自動車(EV)など次世代自動車の標準規格を先取りするために手を携える。

  19日、日本経済新聞によると、両国政府は次世代自動車の開発や標準規格の策定に関連して包括的な協力関係を構築する。世耕弘成経済産業相とツィプリース経済・エネルギー相が20日からドイツ・ハノーバーで開かれる情報技術IT(情報技術)見本市「CeBIT」に先立ち、了解覚書(MOU)を締結する予定だ。日本政府は、製造業標準規格の策定に先駆けているドイツとの連携で次世代自動車の世界標準競争で優位を占めるという戦略だ。

  日本とドイツは電気車の新しい急速充電方式を共同で開発する予定だ。電気車充電器は国別に規格が異なり、充電だけで30分程度がかかる。電気車普及の足かせとなっている。日独政府は数分以内に充電が可能な充電器の規格も統一する方針だ。

  自動運転車の商用化に必須な3次元(3D)地図の開発にも協力する。ドイツのアウディとBMW、ダイムラーなどが共同出資した地図専門会社HEREは世界高精密3D地図の開発を主導している。

  日本政府は昨年6月、三菱電機とゼンリン、自動車各社が参加したDMP会社設立を支援した。両国地図開発を代表するHEREとDMPは今年の春に精密地図の測量・図面技術を共同で開発するための提携協議を始める。

  両国は自動車システムのサイバーセキュリティー分野でも協力する予定だ。国際標準化機構(ISO)にセキュリティー対策の評価方法を共同で提案することを進めている。

  安倍晋三首相も20日、ドイツ・ハノーバーでドイツのアンゲラ・メルケル首相と会談を行う。両首脳は対米政策、日本と欧州連合(EU)の経済連帯協定(EPA)などを議論する計画だ。ドナルド・トランプ米大統領が日本とドイツを名指して貿易不均衡の問題を指摘し、保護貿易を強化していることに対する共同対応策も模索すると発表された。

※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

トランプをよく知る安倍首相は多くの課題を抱えてのヨーロッパ歴訪だ。

特に緊張が増幅する北朝鮮への何らかの物理的な米国の行動に対する理解を求めるということも含まれるのではないだろうか?

先駆けて、2014年、クネは欧州歴訪に出かけ、各国首脳と会談している。ドイツにおいてもメルケルと面談をはたしている。

重要課題が山積していたあの当時、クネの外交は韓国の創造経済に大きく貢献したに違いないと読んでいるがいかがなものだろうww。

外遊外交の一環として中東を訪れたクネは就職難に悩む韓国の若年者層に対して中東での就職の道を切り開いた。

日本は今回、地道な政府、企業の努力が結実し自動車産業の先端技術の日独共同開発という成果を得ることができたが、クネの若者の中東への進出に比べるとグローバル的に鑑みてもその成果はいかにも小さい。・・・皮肉にもその偉大な成果をもたらしたクネは若者たちの手によって弾劾され職を失った。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フジ・産経の世論調査w 内閣... | トップ | いちゃもん小池に怒り慎太郎... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。