tek-tekウォーキング

散歩と写真の日記

メリケンキアシシギ

2017-06-09 15:49:37 | 東京湾


昨年に続き、今年もメリケンキアシシギがやって来ました(5月21日)

















キアシシギもやって来たので、「シギ・チドリ類ハンドブック」を参照に
違いを書き出して見ました

メリケンは胸からお腹にかけて縞模様がびっしりしています。
キアシシギよりも全体的に色が濃いと感じました。




嘴の溝の長さも写真を拡大して、比べて見ました。





もう1羽増えて3羽。どれがメリケンさんかわかりますかー

右下ですね





真ん中がメリケンキアシシギ






のんびり・・・まったり・・・   メリケンさんは左はし

みんな長旅の疲れか眠たそうですね。これから先、北を目指しての旅が続く。
一年に二回も長距離飛ばなければいけない定めの旅鳥たち。





メリケンキアシシギ(メリケン黄脚鷸):チドリ目/シギ科/L27cm
繁殖地・・・アラスカ南部    
越冬地・・・カルフォルニア、メキシコ西岸、南太平洋の島、オーストラリア東岸
日本には旅鳥として少数の個体が春の渡りで太平洋側に立ち寄る




キアシシギ(黄脚鷸):チドリ目/シギ科/L25cm
繁殖地・・・シベリア北東部・カムチャッカ半島
越冬地・・・東南アジア・ニューギニア・オーストラリア
日本では旅鳥として全国に春と秋の渡り時に立ち寄る


『鳥』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソリハシセイタカシギ | トップ | バラ園のオナガ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あすか)
2017-06-10 06:32:38
私にはまったく区別がつきません。
鳥撮さん達は些細な違いを瞬時に判断しシャッターを連射!
そんな想像をしながら拝見しました。
今日はTOKYOウォーク1回目に参加です。
Unknown (country walker)
2017-06-10 07:19:29
メリケンキアシシギ、珍しい鳥ですね。
当地方へも昨年、今年と2年続けて飛来したようですが今年は出かけませんでした。昨年撮ったことや鳥までの距離がかなり遠く写真がハッキリしないのが行かなかった理由のひとつです。
写真はかなりはっきりしておりますね。
あまり遠くなかった?
コメントありがとうございます (ホロホロ)
2017-06-10 17:50:33
あすかさん こんばんは
一見したところ、みんな同じ鳥に見えますよね。
私も周りのカメラマンさんに教えていただきました。
昨年、見た子の方がはっきりメリケンだとわかりました。
今日は暑かったですが、東京ウォークお疲れ様でした。
コメントありがとうございます (ホロホロ)
2017-06-10 17:54:03
country walkerさん こんばんは
メリケンキアシシギは太平洋側に飛来するそうですね。
東京湾には毎年のように立ち寄るそうですよ。
ここは観察距離はかなり近いです。トリミングはしていますが、400ミリでも十分な近さです。
おはようございます (ロメオ)
2017-06-11 08:10:50
メリケンキアシシギ、前回の記事も覚えていますよ(^^)
また今年もやってきてくれたのですね。
ちょうどいい具合に並んだ所を写真に収めて、解説までしてくださるとは・・・
家にある野鳥図鑑よりずっとわかりやすいです。
とはいえ、実際に見ても、その場で区別するのは難しそうですね^^;
いつか、この目で見比べてみたいです。
コメントありがとうございます (ホロホロ)
2017-06-11 19:43:43
ロメオさん こんばんは
昨年の記事を覚えていてくださったのですねー。ありがとうございます。
ちょうどよくキアシシギもやって来ました。同じキアシシギの仲間なのですね。仲良くしていましたよ。
行く先は違えども長旅、ご苦労様ですね。
今頃はもう北の繁殖地に着いた頃でしょうか。
拡大すると胸の模様が密とか上嘴の溝が長いとかわかりますが、実際に見た感想は色が濃いな・・・と感じました。

コメントを投稿

東京湾」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL