tek-tekウォーキング

散歩と写真の日記

もう? ユリカモメ

2017-08-09 15:52:39 | 探鳥ウォーキング


マイフィールドの川へシギ・チドリを探しに行って来ました(8月8日)
歩きでは暑さで参ってしまうので、ママチャリ探鳥です。


先日は3羽いたメダイチドリも見えず、他のシギチも全くいません。

どこを見てもウミネコばかり。その中にウミネコより小さい鳥を見つけました。

なんと、夏羽(頭がこげ茶)のユリカモではありませんか!
今頃、ユリカモメ?? ユリカモメは冬鳥なので越冬地の日本に渡ってくるには時期尚早。
私が昨年秋に確認したのは11月の初めです。

このユリカモメは居残りで越夏している個体だと思われますが・・・



冬鳥・日本より北の国で繁殖し、秋に日本に渡って来て、越冬し、春に繁殖地へと去る





ガングロが所々白くなっていて、冬羽に変わりつつあります




カイカイ












ウミネコと一緒





ウミネコは成鳥・若鳥・幼鳥と色々な成長段階の鳥が見られました。



ウミネコ成鳥




ウミネコ若鳥2羽




ウミネコ幼鳥



河口までシギチを探しに行きましたが、姿は見えず・・・引き返すことにしました。

帰り道、双眼鏡でシギチの小さい姿を捉え、急いで河川敷に降りました。
やっぱいたいた(^^)・・・ココロの声♪



ソリハシシギ(足に青いフラッグ付き)




キアシシギ



旅鳥シギチの秋の渡り、まだ始まったばかりです。
この先、約1ヶ月ほどMFの河川敷で楽しめそうです。


旅鳥・春と秋の渡りの途中に日本に立ち寄る鳥。
   日本より北の国で繁殖し、日本より南の国で越冬する。




『鳥』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シギチ秋の渡りと🆕カメラ画像 | トップ | 珊瑚樹の実とコムクドリ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ロメオ)
2017-08-09 16:33:02
本当にユリカモメですね!驚きですね。
どこか調子が悪くてウミネコと夏を過ごすことになったのでしょうか?
でも、いまはとても元気そうに見えますね。
日本の猛暑を乗り切って、仲間と再会して欲しいです(^^)
コメントありがとうございます (ホロホロ)
2017-08-09 20:55:23
ロメオさん こんばんは
ユリカモメがいたことに私もびっくりしましたー! 私が鳥観察を始めてからは夏のユリカモメは初めて見ました。
このユリカモメ、元気そうでどこか体に障害を負っているようには見えませんでしたよ。
キンクロハジロの越夏個体も見ています。
一見元気そうに見える、冬鳥たちが居残る訳はなんなのでしょうね・・・
秋に仲間たちと一緒になれることを願いますね。
Unknown (county walker)
2017-08-10 09:51:16
ユリカモメ、冬の浜名湖の風物詩のひとつです。
その冬鳥が北にも帰らず此の猛暑の中で過ごすとは凄いですね。
広い地域だと思いますが、ウミネコの中からよくぞ見つけましたね、これも凄いことです。
ガングロの夏羽なんて貴重なのでは??
コメントありがとうございます (ホロホロ)
2017-08-10 16:23:51
country walkerさん こんにちは
ウミネコはそんなに多数ではなく、20羽ほどでしたので、小さいユリカモメはすぐにわかりました。
ここの川ではない場所でキンクロハジロも越夏しています。
日本の猛暑にも適応しているのですね。
こちらでは春にガングロユリカモメ、普通に見られるのですよ。
Unknown (あすか)
2017-08-11 06:24:39
ユリカモメは東京の鳥と聞いていますが、
旅鳥なのですね。
以前千葉県銚子港に行った時、漁船にウミネコの大群が舞っていたのを見たことがあり、漁港らしいなー何て・・・
コメントありがとうございます (ホロホロ)
2017-08-11 15:26:49
あすかさん こんにちは
そうですね。東京の鳥はユリカモメですね。
ユリカモメは秋から翌年の春まで見られる冬鳥です。渡り鳥です。
漁港にはウミネコがたくさんいますね。
大昔、東北で観光船に乗ったら餌目当ての白い鳥の大群が舞っていました。ウミネコだったのかも・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL