tek-tekウォーキング

散歩と写真の日記

MFのミヤコドリ他

2016-12-28 16:51:58 | 探鳥ウォーキング


暮れも押し詰まり、今年も残りわずかになりました。

12月18日(日) 久しぶりのマイフィールドでの探鳥です。
ウォーキングではなく自転車で。
一週間前くらいに足の指を痛めてしまいウォーキングはできないから。

ミヤコドリ狙いで干潮時に行ってみました。
約30羽ほどのミヤコドリが貝取りしていました。





時々は仲間割れもします。野鳥も良い子・悪い子・普通の子がいるようです(^^;)


ウミネコはコワッ!

ミヤコドリ、ウミネコに覆いかぶさるように飛んできた。



ほ〜ら、怒られた(^^;)



多分降りた時に貝(シジミ?)を採り、離さずに飛び去りました。



この子は単独で行動していました。







イソヒヨドリ雄

イソヒヨ雄は久しぶり。鮮やかな色です。



小さいカニを捕まえました。


モズメス

優しい表情のモズ子さん。



アオサギ、ハマシギ(小さい鳥5羽)・手前ヒドリガモ




ハマシギ



                             



我が家の柿にやってきたメジロ(11/30撮影)








7個の柿を鳥用に残しました。一つづつ順番に食べていきます。

まず、この柿の仕切り屋、ヒヨドリがつついて食べます。

そのあと、スズメ、メジロがヒヨの留守を狙ってやってきます。

時々、オナガ、ムクドリもきます。でも、ヒヨに見つかるとすぐに追い払われてしまいます。
これからの季節鳥たちの食糧も少なくなります。
冬になる前の美味しいご馳走はみんなで綺麗に食べました。
『鳥』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アオバト | トップ | 2016年に出会えた・地上にいる鳥 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あすか)
2016-12-29 09:26:21
子供のころ時代劇の映画でやくざの「ミヤコドリ一家」を思い出しました。(笑)
名前は知っていましたがこんな鳥なのですね!
干拓地の餌場は鳥たちも良く知っているのですね。

鳥の餌として残すホロホロさんの心の優しさが伺われます。(我が家の柿は全て人間が収穫 まる坊主状態です)
Unknown (country walker)
2016-12-29 09:26:49
好いですね~
都鳥がMFで見られるなんて・・・
自分など遥々三重県まで出かけて見たものです。
見たのもそれが初めで最後。
次は見ることが出来るのかな?
果たして。。。
おはようございます (ロメオ)
2016-12-29 11:04:36
ミヤコドリ、美しいですね。
どれもナイスショット!(*^^)v
なんとか来年はミヤコドリに会いたいです。
一度でいいから時間を作って、ミヤコドリを見に行きたいくらいです。

ご自宅の柿の木に野鳥が飛来するなんて素晴らしいですね。
私は家のわずかなスペースで冬はスズメたちに粒餌を撒いています。
足を怪我されているのですね?
だいじょうぶですか。ウォーキングに出かけられないのはお辛いですね。
コメントありがとうございます。 (ホロホロ)
2016-12-29 19:54:50
あすかさん。こんばんは
森の石松を襲った一家ですか〜!
昔の都鳥とはユリカモメのことらしいですよ。
今年は柿が50個近く生りましたよ。
ご近所にもお配りしました。とても美味しかったです(^^)
こんばんは (ホロホロ)
2016-12-29 20:01:24
country walkerさん。こんばんは
MFはミヤコドリで有名な三番瀬に近いので
そこから出張してくるようです。
干潮になると見られるます。
そちらの鳥たち、こちらの鳥たち・・・
鳥も所変われば、見られる種類も異なりますね。
コメントありがとうございます。 (ホロホロ)
2016-12-29 20:17:59
ロメオさん。こんばんは
ロメオさんエリアでもミヤコドリはいないのでしょうか・・・

狭い庭ですが、スズメなどのどこにでもいる鳥でも来ると、とても特別な感じがして嬉しいです。
私も餌付けしています。スズメやシジュウカラ(真冬のみ)・外ニャンコ(煮干し)
12月の10日頃、足の指に鉄の棒を落としてしまいました。骨折はしていませんが、腫れが引かなくて、歩くと痛みがあります。
お気遣いありがとうございます。

コメントを投稿

探鳥ウォーキング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL