山歩きメモ~松本移住編

Life in Kamikochi, Matsumoto and Tokyo

フーテンは気球に乗って

2016-11-26 | とうきょうの風景
上高地閉山から十日。私は相変わらずあちこち、行ったり来たりしている。用事があって行き来しているのだけど、冬休みのような解放感は続いている。ゆうべ連れて行かれた東京の狭ーい居酒屋で、ふと大将から「どこに住んでるの?」と訊かれた時は「松本」と答えるまでに少し時間がかかった。

ああ、今の私には特に「ホーム」が設定されていないんだなあ。生きていることが最大の事実で、それ以外の属性は些細なこと、な気分。

住所不定、無職。犯罪のニュースで容疑者紹介の枕詞のように繰り返されてきたこのフレーズが今の私には一番しっくり来る。それはどこかでちゃんと働いて生活している家族や友人がいてくれて初めて可能な泊まり歩きなのだけど、ここからしか見えない景色もあるんだな。

季節雇用と言っても、アパート家賃を払いながらだったので、相変わらずお金はない。では実家に拠点をおいて上高地にいけばよかったのか、というと、そもそも私は松本に住まなければ上高地で働く気にはなれなかったのも確か。何より、上高地に行く多額の費用(アルピコ交通!)と労力を免除してくれたこの仕事にとても感謝している。

多分、仕事は探さなくちゃいけないけど、私はまだもう少しだけ、下山したままのふわふわした気分でいたい。7カ月とは言え、行動が制約された生活からの解放感は想像以上で、この風船が浮かんでいるうちはヒモにぶら下がって飛んでいたいのだ。

さて風は南から吹いてきた。私は朝から日本の偉大な歌手が乗り移ったかのようにあの歌が止まらない。風船よ、人生初の津軽海峡まで連れてっておくれ。(上野発の夜行列車じゃなくて大宮乗り換えのはやぶさ7号だけど…)



工場中の女鳥羽川 松本市内 2016.11.24
Metoba river running thru Matsumoto


城の近くの八百屋 松本市内 2016.11.24
Small greengrocer near the castle


松本市役所のエベレスト&ローツェ 2016.11.24
The world's highest mountains viewed from the city office of Matsumoto


雪の日の西山(常念山脈方面) 2016.11.24
The western mountains in snow


西新宿 2016.11.24
Metropolitan circuit, Nishi-shinjuku


新宿三丁目 2016.11.24
Shinjuku 3-chome


西新宿 2016.11.25
A park without children


JR田端駅 2016.11.26
Tabata station, Tokyo


茨城のどこか。筑波山方面。2016.11.26
Somewhere in Ibaraki



------------



ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« 田部井さんの本 | TOP | 上高地にいないもの »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。