山歩きメモ~松本移住編

Life in Kamikochi, Matsumoto and Tokyo

里の花

2017-05-19 | まつもとの風景


















10日前に下山したときには満開だった大家さんの庭のハナミズキがとうとう散ってしまった。あのころまだ梓川左岸のニリンソウは両手で数えられるくらいしか咲いてなかった。ハシリドコロの他にはつぼみすら見られない花が大勢だった。

さて、松本で花が散るということは?上高地で花が咲くということ。5月19 日は最近にない完璧な空だった。正直、気が気じゃない。久しぶりにくっきりと松本から常念、南アルプス、乗鞍の雪が見えて、悔しい。こんなときに松本側にいるなんて。

化粧柳や唐松の新緑が出始めたというなればもう誰にも止められない。一斉にきて去ってゆく花、まぶしすぎる新緑。五月の上高地は心がいそがしい。すべてが濃く明るくなる前の、夢のような色使いのひとつも見逃すまい、とつい意地になる。







---------
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« 業務連絡 | TOP | 花速報 上高地 梓川左岸 »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。