垣根ていとくん

初めまして、ていとくん大好き人間です
名セリフは、「俺の未元物質にその常識は通用しねぇ」
※主は小説タイプですね~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大晦日

2012-12-31 19:03:26 | 日記
垣根「気づけば大晦日じゃねぇかよ!!」

アックア「長らく開けてしまい、悪いのである」

テッラ「開けていた間に、朗報もありましたね~」

フィアンマ「ついに新約6巻が10日に発売らしい」



一方通行「レベル5勢が表紙だァ、垣根もようやく復活したしよォ」

アレイスター「もちろん私が復活させちゃった☆」

エイワス「本当は恐らく私だろうね、フラグ発言もあったしね」

キャーリサ「ともかく、垣根が復活したのはファン的にはすごく喜ばしいと思うの」

垣根「当たり前だ、よし、次巻で活躍するから皆読んでくれよな?」

テッラ「それでは皆さん、さよならなんですね~」ノシ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニコニコ生放送

2012-10-08 13:19:50 | 日記
一方通行「主はニコニコで生放送をしているんだけどなァ」

垣根「最近、回線の調子が悪くてカクカクだったり、止まったりするんだと」

フィアンマ「俺様はそこまで詳しくないし、助言などできんな」

アックア「私は科学には疎いのである」

テッラ「所詮、異教徒の作ったものですし、私にとってはどうでもいいんですがね~」

~その後、彼はによってテ/ッ/ラになりました~

キャーリサ「おそらく立地条件とかに関係してると思うのだがな」

アレイスター「ふむ、おそらく、それが一番ありえるだろう」

エイワス「いや、もうそれが答えだろうね」

アレイスター「え?」

エイワス「え?」

一方通行「お前は!?あの時のオカマ野郎!」

エイワス「傷つくな~これでも女という設定なのだがね」

アレイスター「なぜ君がここにいるのかね?エイワス」

エイワス「そうだな、しいて言うなら・・・」

垣根「?」

エイワス「暇だし?」

一方通行「ブフォ」

アックア「カオスになりそうな気がするが、時間なので失礼する また会おう」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帰りました・・・

2012-09-02 11:20:08 | 日記
垣根「この度、放置してて本当にすみませんでした」<(_ _)>

フィアンマ「責任を取ってテッラをボコボコにしたから許してくれ」

テッラ「どうしてこうなるんですか~」ボロッ

アックア「放置してる間にいなくなった者達もいるかもしれんが、続けていくつもりはあるのである」

キャーリサ「だからこれからもよろしく頼むし」

アレイスター「そういえば、主がついに動画を上げたそうだ」

 ※ニコニコ動画です。  http://www.nicovideo.jp/watch/sm18717414

一方通行「俺が主役の動画だァ、暇なら見てくれよォ」

垣根「あと、主は生放送もやってるから、空いてる時間にでも来てやってくれ」

フィアンマ「そうそう、とある魔術の禁書目録が映画化するんだな」

テッラ「なんだか不安がいっぱいなんですがね~」

キャーリサ「確かに、なんとなく、”なんとなく”だが、不発になりそうな気がするし」

アックア「そして、新約5巻が10月頃に発売であるな」

アレイスター「強大な敵(4巻からして、おそらく魔神)が私の学園都市に来るようだな、まぁ私が出るまでもないがな」

一方通行「っつゥわけで、今回はもう時間だァ、じゃァな」ノシ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帰ってきたァ!!!

2012-06-29 21:45:52 | 日記
一方通行「帰ってきたァァ!」

垣根「俺たちは帰ってきたぞぉ!!!」

アレイスター「私達が消えたと思っている諸君には、猟犬部隊を手配しておいたよ」

アックア「しばらくテスト期間であったからな、更新出来なかったのである」

フィアンマ「テストを2週間に分けてやるのはどうかと思うのだがな」

キャーリサ「主は赤点を取ったみたいだし」

テッラ「主はダサいですね~」

~その後テッラは、愉快な○○のオブジェになりました~

一方通行「そろそろ新キャラ来ねェかなァ」

垣根「そんな都合良く新キャラが来るわけ無いだろww」

アレイスター「ふむ、新キャラが欲しいのだな?」

フィアンマ「もう増え過ぎて収集がつかなくなるのではないか・・・」

アックア「もうそろそろ時間であるな」

キャーリサ「では諸君、また会おうか」ノシ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海編 続き

2012-05-27 09:01:18 | 日記
一方通行「最近忙しすぎて、あまり来れてねェけど、すまねェ」

垣根「夏休みは寮から出れるから、更新は早くなると思うぜ?」
____________________________________________

一方通行「よし、海に入るかァ」

垣根「待て、一番乗りは俺だあ!!」

一方・垣根「うおおおおおおおおおおおお」

アレイスター「何だ、君たちはまだ海に入っていなかったのかね?」(泳ぎ中)

一方・垣根「」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アックア「うむ、これでようやく泳げるようになったのである」

フィ・テ「」ヘンジガナイ、タダノシカバネノヨウダ

アックア「・・・・・」

フィ・テ「」

アックア「もしや、もう一度やりたいのであるか?」

フィ・テ「違うわ!!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キャーリサ「さて、どの水着をきていくか・・・」

キャーリサ「垣根はいつもワインレッドの服を着ている、つまりああいう系統の色がすきということだし」

キャーリサ「しかし、同じ色を着ていってはかぶってしまうし、ってことで、あれを選んでm」

この後キャーリサは2時間も吟味し、結局水着を着れずに終わったという・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加