憂国のZ旗

日本の優れた事を様々話したい。

国会「二重国籍」論議が示したものは何か

2016-10-10 01:37:54 | 時評

国会に風が吹いていると言う。
解散風は、強く民進党新体制に吹きつける。

野党第一党から、準共産党へ滑り落ちるのも時間の問題である。

二重国籍問題が国民に提示したものとは、蓮舫じゃ、駄目だと言う結論である。

それにしても、国会質疑の堕落には、目を見張る思いがする。


記事
門田隆将
2016年10月06日 13:42
国会「二重国籍」論議が示したものは何か
http://blogos.com/article/193038/

これは、逆に、蓮舫氏に感謝すべきことかもしれない。私は、昨日(5日)、今日(6日)と2日にわたって続いた自民党の有村治子議員の「二重国籍」に関する国会質問を見ながら、そう思った。
民進党の蓮舫氏が「二重国籍」を隠したまま、三度も参議院議員に当選し、行政刷新担当大臣という閣僚にも就いていた事実は、国会に大きな波紋を広げた。なぜなら、その二重国籍騒動の中で、蓮舫氏の過去の発言が次々と明らかになり、結果的に、民進党代表選のさなかでの発言が虚偽であったことが白日の下に晒されたからだ。
朝日新聞紙上で発言していた「(日本の)赤いパスポートになるのがいやで、寂しかった」(1992年6月25日付夕刊)、「在日の中国国籍の者としてアジアからの視点にこだわりたい」(1997年3月16日付夕刊)、週刊現代誌上での「そうです。父は台湾で、私は二重国籍なんです」(1993年2月6日号)、あるいは、文藝春秋「CREA」誌上での「だから自分の国籍は台湾なんですが、父のいた大陸というものを一度この目で見てみたい、言葉を覚えたいと考えていました」(1997年2月号)…等々、かつて蓮舫氏は、二重国籍を隠すことなく、堂々とこれを表明していた。
日本より、むしろ「父の生まれた国」への熱い思いを滔々と語っていた蓮舫氏が、民進党代表選の過程で、元通産官僚の八幡和郎氏(現・徳島文理大大学院教授)の指摘でこの問題が浮上するや、発言が二転三転し、ついには、代表選の途中で「台湾籍離脱の手続き」をせざるを得ないところまで追い込まれたのは周知の通りだ。
代表選の対抗馬だった前原誠司氏にも「ウソは言うのはよくない」と窘(たしな)められたほどの蓮舫氏が、それでも代表に当選するあたりが、民進党という政党の限界を表わしているだろう。
しかし、ここで重要なのは、国益が衝突する外交や国防の最前線で、果たして蓮舫氏のように、「父の母国」に強い思いを持つ二重国籍者に、日本の自衛隊の最高指揮官であり、外交の責任者たる「総理」になる資格が果たしてあるのだろうか、という根本問題である。
外交や防衛の最前線では、言うまでもなく、ぎりぎりの判断が求められる。日本の国益を代表してその任に当たる人物が、「(日本の)赤いパスポートになるのがいやで、寂しかった」「在日の中国国籍の者としてアジアからの視点にこだわりたい」という人物があたることに疑問を持たない人はいるのだろうか。
日本では、国籍選択は国籍法第14条によって規定されており、「二重国籍」は認められていない。また、外務公務員法には「外務公務員の欠格事由」という項目があり、二重国籍は厳しく戒められている。それにもかかわらず、前述のように日本の自衛隊の最高指揮官であり、外交の責任者たる「総理」に二重国籍者が「就く資格」が果たしてあるのか、ということである。
本日の参議院予算委員会で有村治子氏は、外交官以外にも、総理補佐官や外務大臣、自衛隊員、要人警護のSPなど、国家機密に近い、あるいは、これを知る立場に就く人が二重国籍者であってもいいのか、という問題意識をもとに質問をおこなった。
現行法制度のもとで二重国籍状態にある人物が閣僚など「政府の要職」に就く可能性が排除されないことに関して、安倍首相は、「国家機密や外交交渉にかかわる人々であり、適切な人物を選ぶよう運営してきた」と説明し、「問題点として存在する。われわれもしっかり研究したい」と答弁するにとどめた。
外務公務員法にのみ、明確な「二重国籍」の禁止条項があるという歪(いびつ)な法体系を炙り出すことになった今回の二重国籍騒動。民進党には、コスモポリタニズムを信奉し、世界市民(地球市民)を志向する人が多いのかもしれない。
しかし、民進党が、国益がぶつかり合う国際社会の舵(かじ)取りを任せられる政党ではないことが、有村氏の国会質疑で浮かび上がったことは間違いないだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 理解不能の「憲法改正草案」... | トップ | 蓮舫氏の外国国籍喪失届を受... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
力強いご意見を聞いて (希望)
2016-10-10 12:55:56
門田隆将氏の御意見に納得いたします、
それにしても思料浅き女史と言うべきか、ハタマタ、政治の何たるかを知らないうつけ者と言うのか ?
事実が後からついて来る、嘘の後始末に男衆は右往左往、止めれないお前達が悪党なのか ?

浜の真砂が泣いている、まだまだ五右衛門は日本人、
二重国籍者に振り回されるその名は国会。
門田先生、落とし前つけれない政治家ってなんなんですかね、小池新党に目が行きそう !?
蓮舫法案と称する立法 (憂国のZ旗)
2016-10-11 00:44:15

希望さん ようこそ

今国会が二重国籍国会、そして、蓮舫法案と称する立法が
為される事に、当の本人は、危惧を抱いていましょう。

直近の民意は、新潟県知事選挙、福岡6区補選、
東京10区補選で、民意は民進党にはあらず。
この3個で負けると蓮舫民進党体制は瓦解すると
皆が申しています。

小池新党は各党派の争奪で緊張関係を強めて、
云々とは評論家の繰言ですが、東京大改革の目的は
地方政治のボスをあからさまにする事です。
都民だけでなく、全国民の支持も強く感じ取れます。
地方政治にとどめを告げるには、充分すぎる機会だと考えます。


御健闘 祈っています (希望)
2016-10-11 10:44:57
憂国のZ旗さん、

おはようございます、
いつも楽しみに拝読しています。

私以外の方々が沢山コメント寄せられる事を
期待しています。

Z旗さんに憧れて名前を拝借している人も
いるそうですよ。

ご健闘祈っております。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。