憂国のZ旗

日本の優れた事を様々話したい。

韓国また前言撤回か 慰安婦像、移設せず放置も 慰安婦像問題

2016-01-06 03:38:26 | 政治
韓国との間に、何の合意があったんだろう?
やりたい放題ではないか。


韓国また前言撤回か 慰安婦像、移設せず放置も 慰安婦像問題
2016.01.05
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160105/frn1601051203006-n1.htm

ソウルの日本大使館前にある慰安婦像撤去へ韓国政府側の対応が問われる【拡大】
 慰安婦問題をめぐる日韓合意に暗雲が立ちこめてきた。在ソウル日本大使館前の慰安婦像について、岸田文雄外相が「適切に移設される」との認識を示 したことに、韓国側が猛反発しているのだ。昨年12月の日韓外相会談で、慰安婦問題は「最終的かつ不可逆的に解決」されたはずだが、隣国は前言撤回するつ もりなのか。



 昨年12月28日の日韓外相会談の後に行われた共同記者発表で、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相は、大使館前の慰安婦像について「適切に解決されるよう努力する」と表明している。

 岸田氏はこうした経緯を踏まえ、4日の記者会見で「尹氏は両国の国民と国際社会に対し、テレビカメラの前で力強く明言した」と説明。合意は国際公約との見方を示したが、韓国側はすぐさま反論の構えを見せた。

  韓国外務省の当局者は聯合ニュースの取材に対し、「合意の円満な履行には、誤解を招きかねない日本側の言動がこれ以上あってはならない」と指摘。慰安婦像 については「民間が自発的に設置したもので、政府があれこれ言えないということを再度明確にしたい」と語った。同省は岸田氏の発言を受け、在韓日本大使館 の関係者を呼び、強く抗議したという。

 やはり、韓国を簡単に信用してはならない。



「最終的かつ不可逆的」は早くも破綻 韓国裁判所が元慰安婦らの賠償訴訟を開始を決定
2016.01.01
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160101/frn1601011009002-n1.htm

 慰安婦だった韓国人女性12人(故人を含む)が日本政府を相手に賠償を求める調停を韓国で起こし、10月に正式訴訟への移行を求めたのに対し、ソウル中央地裁は31日までに、訴訟を開始する決定を出した。韓国最高裁が明らかにした。

 決定は30日付。日韓両政府は28日に、日本政府が責任を認め韓国側に10億円を拠出することなどで「最終的かつ不可逆的」な解決が図られると確認したが、政府合意とは別に司法手続きが進むことになる。

 ただ、国際法では国家は外国の裁判権に服さないとの「主権免除」の原則があり、実質的な審理が行われるのかは不明。

 元慰安婦側の弁護士は、慰安婦の動員や管理は「人道に対する罪」で、深刻な国際法違反行為には主権免除は適用されないと主張してきた。

 原告は2013年8月に原告1人あたり1億ウォン(約1千万円)の支払いを求める調停を申請。日本政府は応じず、原告は正式訴訟を同地裁に求めていた。(共同)



韓国「慰安婦白書」発刊へ 日韓合意とは無関係強調
2016.01.05
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160105/frn1601051659011-n1.htm

韓国外務省報道官は5日、韓国女性家族省が昨年から準備を進めている「日本軍慰安婦白書」の発刊は、慰安婦問題での日韓合意とは「無関係」として予定通り出版されると述べた。

  岸田文雄外相と韓国の尹炳世外相は、昨年12月28日の会談後の共同記者発表で、日韓が今後「国連など国際社会で慰安婦問題について互いに非難、批判を控 える」と強調しており、日本政府が合意違反と主張する可能性がある。女性家族省は英語や日本語、中国語の翻訳版も計画している。

 また、報道官は、日本が撤去を求めているソウルの日本大使館前の少女像について「民間(団体)が設置したもので、政府がああしろ、こうしろとは言えない」と述べ、日韓合意の約束事項でないと強調した。(共同)



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【コラム】真の謝罪・法的責... | トップ | 日本は戦後最大の「国難」に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。