憂国のZ旗

日本の優れた事を様々話したい。

蓮舫氏も「人への投資」公約 「教育費の無償化」ブームに疑問の声

2016-12-07 06:08:35 | 時評


教育の機会公平は確保されると予想するが、教育の質確保は、競争の無い社会では実現不可能である。
もう一つ、少子化での教育機関の統廃合は、無視される予想がある。教育に掛かる費用は、青天井の予想を
無視し得ない。

民進党は以前も、こうした政策を披瀝したように思うが、実効の程は不明である。


蓮舫氏も「人への投資」公約 「教育費の無償化」ブームに疑問の声
2016.12.05
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20161205/plt1612051530002-n1.htm

 永田町で「教育の無償化」がブームのようになっている。民進党は1日、次期衆院選の目玉政策として「大学までの教育無償化」を掲げ、「こども国債」などで賄うとした。「教育の無償化」は有権者にとって耳当たりのいい政策だが、子供を育て上げる親の責任はどうなるのか? そもそも、誰でも彼でも大学進学の必要性はあるのか?

 民進党は「人への投資」を前面に打ち出し、自民党との対立軸を明確にしようとしている。前身の民主党時代も、高速無料化やガソリン値下げと並び、高校無償化を掲げていた。

 大学無償化はこれを進めたものだ。この政策には公明党や日本維新の会なども同調している。

 公明党は9月にまとめた政策ビジョンに「今後、大学の無償化に向けた検討を開始すべきだ」と盛り込んだ。維新は「教育の無償化」を盛り込む憲法改正案を提言する。共産党の志位和夫委員長も「高等教育、高校教育を無償化する方向が必要だ」と述べている。

 日本ではバブル崩壊後、所得格差が進み、家庭の事情で大学に進学できない高校生が増えたとされる。

 ベネッセによると、国公立大在学中の平均学費(施設設備費含む)は約210万円、私大文系が約360万円、私大理系が約500万円、私大医学部は約2100万円(6年間)という。

 私大医学部の学費の高さは有名で、進学サイトを見ると6年間で約4000万円や約4700万円という大学もある。一般サラリーマンの親にはとても払えそうにないが、「大学無償化」になれば、これも国の借金や税金から支出するのか。どうも釈然としない。

 評論家の屋山太郎氏は「誰でも大学に行くのは『社会的なロス』以外の何ものでもない」といい、続けた。

 「大体、『大学生全員の学費をタダにする』という考え方が良くない。無償化の対象は、とびっきり優秀な学生や、理系の最先端分野、重点分野に進む学生などに条件を付けるべきだ。大学に行かなくても、一流の職人を目指したり、そういう人生があっても良いのではないか。学費をタダにする前に、増えすぎた大学を整理することも重要だろう」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ドキュメント永田町】安倍... | トップ | 【激震・朴政権】 弾劾案可決... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。