・・・

・・・

加計学園モンダイ?

2017-06-14 11:57:10 | 身辺雑記
文部科学省官僚のアタマは古い、古すぎる。省ぐるみで
許認可権を乱用して天下りポストを確保、明白な法律違
反を犯していた。そいで事務次官の前川喜平クンは責任
を問われ、退職に追い込まれた。でも退職金8千万円を
もらったのだから、懲戒免職ではなかった。温情退職
だったと思う。本来ならば刑事訴追されて当然だった。

私立学校は自由競争を原則とする。学校経営がマズけれ
ば生徒が集まらないからツブレる。ソレでイイのだ。
しかし学校がやたらツブレると教育現場が混乱する。
文科省が指導監督する必要がアル。文科省に許認可権が
委ねられたのは、その程度の理由からだ。その結果が
ドウだ?文科省の天下り人事が絡み。既得権益を保護、
新規参入を排除し続けて、今日に至る。

民主国家の官僚には立法府の制定した法律に基づき、
厳正公平に行政を執行する責任がアル。間違っても
公私を混同してはならない。アタマの古い官僚諸君
は国民に対する指導・監督権、許認可権を手放した
がらないが、民主国家における官僚の義務とはナニか?
考え直すべきだ。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛国心? | トップ | 安倍晋三クン »