空野雑報

ソマリア中心のアフリカニュース翻訳・紹介がメイン(だった)。南アジア関係ニュースも時折。なお青字は引用。

※バニラエアと車椅子の件、メモ

2017-07-13 18:58:49 | Weblog


 不公平を生じさせないように一定のルールを定めるという動機もあるだろう。例えば、レジの列の並び方。そうやってみなの利益を最大化しようというわけだ(負担もそれなりに平等に、と)。だから、横入りのひとに不快感をもつだろう。「「決まりは守るべきだ」と考える」場合、その動機はたとえばこのように一般化できるだろう。

 一般論なのであって、特殊事情は特殊な事態に応じて対応されるだろうが。

 たとえば、レジうち待ちの列のなかで、血糖値が低くなりすぎて倒れてしまったひとを救助するために、救急を呼ぶほかに、レジを通していないにもかかわらず、彼ないし彼女がカゴにいれていた清涼飲料水を与えることがあるだろう。普通の・普段のお買い物の流儀に反しているが、これを道徳的に悪とはまあ、いわないだろうし、こういう対応をして不公平だという者も、まあまずいないだろう。

 ―という、一般論の話をいきなり



 個別の議論に適用し、さらに学校教育一般に論及し、ついでにだれだか有名人にも言及しておくという。とっちらかった議論というのではないだろうか。
 まあ、まず「バニラ・エアの決めた正当性のないルール」について、本当に正当性がないのだろうか? 機材の用意がないのはけしからん、という言い方はあるが。





 身近で出会った事例から世代的なものかとも思いたくなったりもするが、そういうわけでもないらしく。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信用失墜の理由の分析の方向... | トップ | だいぶ体重はおありのようである »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL