定年楽農

第二の人生を農で楽しもう

1706春分

2017-03-20 20:53:19 | 節気
 

暦便覧に「日天の中を行て昼夜とうぶんの時なり」と記されている。 この日をはさんで前後7日間が春の彼岸である。
本日は、晴れ夕方から曇り、最高気温17℃、この春一番高い。
今時期の農作業は、冬野菜が終わり、春夏野菜の準備です。
午前中は、サトイモの植え付け、午後は、ビーツの灌水、隣のジャガイモが芽を出していた。その後、ブロッコリーを草刈り機でカットした。
ジャンル:
独立開業起業
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 170317西古瀬川の豊川... | トップ | 170321西古瀬川の豊川... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL