京都で定年後生活

2013年3月60歳で定年退職。主夫見習い中。
美術館と庭園めぐり、京都の四季の行事と花を綴ります。

東山散策ー知恩院

2016-10-15 15:01:13 | 京都めぐり

東山の古今散策の続きです。
一昨日昼12時出発の八坂塔→二年坂→高台寺→円山公園のあと知恩院です。

明治の知恩院山門
小さく写る人の衣服以外は今も変わらない景色です。



知恩院は浄土宗の開祖、法然上人(1133ー1212)が念仏の教えを広め、入寂された場所に建つ浄土宗の総本山です。
とりわけ、江戸時代に徳川家康が浄土宗を信仰し、知恩院を京都の菩提所としたことから、大伽藍となりました。

現在の三門(国宝)
1621年、徳川秀忠二代将軍が建立した高さ24m、幅50m日本最大の木造二重門です。








三門から通称男坂と呼ばれる高い石段が見えます。



私は高所恐怖症で高いところが苦手で怖かったのですが、何とか登りました。



石段途中から振り返って見える三門



明治の御影堂



現在御影堂改修工事中です。
完成は平成31年です。



阿弥陀堂です。



法然上人御堂(集会堂 重要文化財)に入ります。
1635年再建の御堂です。御影堂完成までは本尊に法然上人の尊像を祀っています。
多くの信者さんがお参りにきています。
中は写真撮影禁止です。



方丈庭園に入ります。ここは撮影可能です。
江戸時代初期の池泉回遊式庭園です。








大方丈とつながっている小方丈
これに似た建物どこかで見た記憶があります。
そうです。京都御所です。



二十五菩薩の庭



山を登って山亭に向かいます。









山亭庭園



山亭から見える眺望







勢至堂(重要文化財)



御廟
法然上人の遺骨を納めている廟堂



今度は長い下り坂



経堂



明治頃の大鐘楼



現在の鐘楼







ここで午後1時半、東山清水寺出発から1時間半の散策です。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東山散策ー八坂塔、円山公園 | トップ | ジャイアント馬場のバックド... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
立派な (fuyou)
2016-10-15 16:28:45
京都で定年後生活さま
りっぱな知恩院の紹介ありがとうございます
御影堂の大改修あと3年かかりますか
除夜の鐘 ゆく年くる年で鐘の音紹介されますかね
有難さを感じられるほどの鐘ですね
忘れ傘 見えますか?
地方に住む私には有難く感じられます
いろんな思いを胸に寺院めぐりできて何よりですね
fuyouさまへ (京都で定年後生活)
2016-10-15 19:54:20
こんばんは
知恩院高い石段を上り、お山を一周しました。
距離よりも上り下りが大変です。
やはり浄土宗の総本山で、参拝者が非常に多かったです。地方のお寺の住職さんが檀家さんを引率して来ていました。
除夜の鐘で知られる知恩院の鐘はほんとうに大きいですね。圧倒されます。
御影堂の破れ傘ですが今は工事用シートに覆われて見えませんが、改修終了後も置かれるのでしょうね。
ありがとうございます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。