京都で定年後生活

2013年3月60歳で定年退職。主夫見習い中。
美術館と庭園めぐり、京都の四季の行事と花を綴ります。

2017 京都の夏の暁天講座

2017-07-06 16:19:44 | 京都めぐり

今年も京都の夏の風物詩暁天講座がはじまります。

建仁寺緑陰講座
京都の暁天講座で一番早く開催されます。明日からはじまります。

7/7(金)、7/8(土)、7/9(日)
坐禅開始 6:30~、緑陰講座 7:10~8:00となります。





※最終日 7月9日(日)の講座後には粥座(しゅくざ) (朝食)の接待があります。
いずれも参加費無料です。


百万遍知恩寺暁天講座

開催期間 7月8日~10日






天龍寺暁天講座

第一日目:7月29日(土)
第二日目:7月30日(日)
午前6時 ~ 午前7時:坐禅、 午前 7時 ~ 午前8時 提唱「夢中問答」天龍寺 管長 佐々木容道老大師
◆両日共、提唱終了後、素麺の接待があります。
曹源池庭園を眺めながら素麺をいただくのは格別です。
参加費は無料


智積院「暁天講座」

開催期間 8月1日(月)~2日(火)
開催時間 午前6時~7時半
会 場 智積院金堂

1日目講師 国際日本文化研究センター所長 小松和彦先生 「古道具の妖怪・つくも神の誕生」
2日目講師 真言宗智山派布教師 石田光洋師 「良心をみつめてー田舎坊主のひとりごと」

参加料は無料です。
講座終了後は智積院会館にて朝粥の接待(先着200名様分)もあります。


知恩院暁天講座

開催期間 7月27日~31日 午前6時ー7時
開催場所 法然上人御堂(集会堂)






これ以外の寺院でも暁天講座が行われています。
詳細は寺院にお確かめ下さい。

永観堂緑蔭法話 8月1日ー3日
東福寺暁天講座 8月2日ー4日
清水寺盂蘭盆法話 8月1日ー5日

皆様も機会がございましたらいかがでしょうか。
私は10年以上前から参加していますが、今年は正座ができないので思案しています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天龍寺のハスと暁天講座案内 | トップ | 京都巨椋のハス »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
京都ですね (tyako)
2017-07-06 19:17:09
こんばんは。
さすがに京都ですね。
何処のお寺さんにも出てみたいようです。

無理なさらない出下さいね。
どうぞご自愛ください。
tyakoさまへ (京都で定年後生活)
2017-07-06 20:47:54
こんばんは
建仁寺と東福寺は毎年参加しています。
建仁寺小堀管長の『碧巌録』の提唱は79則目になります。1年で10則ですからもう8年になります。
『碧巌録』の前は『無門関』48則でした。
天龍寺の佐々木管長提唱は『夢中問答』ですが、これも93章ありますので、9年ほどかかります。
智積院と東福寺は最近はご無沙汰気味です。
早朝座禅は気持ちがいいです。
ですが、今年は膝の痛みで整形医師より正座はしないようにと言われていますので、座禅に不安があります。
ありがとうございます。
お膝のこと (fuyou)
2017-07-06 21:03:17
こんばんは
ご熱心に暁天講座 緑陰講座にお出かけ
なんですね
こちらの地方ではお寺さまでも
椅子が準備されていますが
京都ではそうはいかないのですか
お膝の調子が良くない方多いですね
お気をつけてください
fuyouさまへ (京都で定年後生活)
2017-07-06 21:30:08
こんばんは
紅葉で有名な永観堂は外で行い床几です。
智積院も一部用意されています。
私がよく行く建仁寺と天龍寺は座禅があるのと、参加者は多いときは300人以上になります。
天龍寺も建仁寺も大寺ですが、椅子を置くスペースがないほどです。
今は痛みはないのですが、座禅や正座は不安があり、どうしようか思案しています。
ありがとうございます。

コメントを投稿

京都めぐり」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。