京都で定年後生活

2013年3月60歳で定年退職。主夫見習い中。
美術館と庭園めぐり、京都の四季の行事と花を綴ります。

世界最大の果物 パラミツ

2016-10-12 17:57:27 | 花めぐり2016

一昨日植物園温室でサガリバナを撮影しましたが、大きな大きな果実が目に止まりました。
初めて見る果実で、名前はパラミツと表示してありました。
パラミツはクワ科パンノキ属の常緑高木、英語でジャックフルーツ。
東南アジア、アフリカ、ブラジルで果樹などとして栽培されています。
原産はインドからバングラデシュと考えられ、バングラデシュの国の果物です。

幹や太い枝に連なってぶら下がる果実は長さ70cm、幅40cm、重さ40ー50kgにもなり、世界最大の果実と言われています。
熟すと全体に黄色になり、強烈な甘い匂いを放ちます。

植物園のパラミツ、とにかく大きい。








輪切りにして1/4に割った果実(ネット借用)




これもビックリしました。
ハワイで愛用され、香りの整髪料と言われるシャンプージンジャー
インド、スリランカ原産、ショウガ科の植物です。
夏から秋に株元からマツカサのような花序をだし、白い花を咲かせます。
花序は赤くなり絞ると透明な液体が取れます。
これをハワイの人はシャンプーがわりに用いて、乾いた後の香を楽しんでいるそうです。









ストロビランテスハミルトニアナ
インド、ネパールミャンマーの花です。



キバナヨウラク
フィリピン、ミャンマーの花です。




アマゾンユリ



ハイビスカスの原種








現在植物園では野外彫刻展が行われています。
温室前の作品:「プチプリンの想いは、、、」











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都の大仏 | トップ | 散策中に出会った秋の桜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。