京都で定年後生活

2013年3月60歳で定年退職。主夫見習い中。
美術館と庭園めぐり、京都の四季の行事と花を綴ります。

妙蓮寺、本隆寺

2016-10-18 05:25:38 | 花めぐり2016

昨日向かったのは妙蓮寺、御会式桜と妙蓮寺椿のチェックです。
妙蓮寺は 1294年 日蓮の孫弟子日像が開基しました。
豊臣秀吉の聚楽第造営にともない 1587年現在地へ移転しています。

妙蓮寺総門
まだフヨウが咲いています。



鐘楼前のフヨウ



本堂前



先日開花した御会式桜は花数増やしています。
来年の春まで少しずつ開花し、4月満開になります。


























書院







妙蓮寺椿です。
早咲きでツボミが膨らみ開花も近いようです。








境内にホトトギスが咲いています。








アイ













次に向かったのは本隆寺です。
日蓮門下京都十六 本山の一で、法華宗真門流の総本山です。
春桜がきれいで私も毎年訪れます。
来月から10年かけて本堂と祖師堂の大改修工事が始まりますので、しばらくの間見納めと思い行ってきました。

重要文化財の本堂と祖師堂








夜泣きの松
松葉を枕の下に敷くと子どもの夜泣きがやむと言われています。











完成は平成38年ですが、そのとき私は元気で見に来られるでしょうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨日の東福寺臥雲橋と智積院 | トップ | 巧の技 第63回日本工芸伝統展 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
綺麗 (チー子)
2016-10-18 19:01:05
ホトトギス 満開で沢山咲いていますね

色んな花に会えていいですね

御会式桜は長いこと咲くのですね
桜も色んな種類がありますね
祖師堂の花天井 (東京のトラりんファン)
2016-10-19 00:50:49
こんばんは。
妙蓮寺と本隆寺の素晴らしい写真をありがとうございます。

2014年の春季非公開文化財特別公開の際に、妙蓮寺→本隆寺の順に訪問しました。
本隆寺では、祖師堂の花天井を観ました。
藍色の天井にはさまざまな植物が描かれており、とても印象に残っています。

梁には雅楽の琵琶が描いてありました。
チー子さまへ (京都で定年後生活)
2016-10-19 04:59:46
おはようございます。
ホトトギスたくさん咲いていました。
私の好きな花一つで見つけたらうれしくなります。
ここの桜は花数は少ないですが、真冬でも咲いています。
ここの桜を以外でも冬に数品種は見つけることができます。
東京のトラりんファンさまへ (京都で定年後生活)
2016-10-19 05:04:49
おはようございます。
本隆寺の祖師堂公開していましたか。存じ上げませんでした。
来月から10年間の長期改修工事に入ります。
寺院の工事期間はほんとうに長いですね。
京都国立博物館のトラりん、一位になって良かったですね。教えて頂いて私も投票しました。
ありがとうございます。
トラりん1位獲得 (東京のトラりんファン)
2016-10-19 23:17:23
こんばんは。

トラりんに投票してくださり、ありがとうございます。
トラりんが有名になり、トラりんグッズが沢山売れたらいいなぁと思っています。
対象商品の売り上げの一部は文化財の保護に使われるそうです。
虎ブログは可愛らしいだけではなくて、研究員さんのお話も載っているので、美術の勉強にもなります。

本隆寺の改修工事はとても長いですね。
改修後にまた花天井を観てみたいです。
東京のトラりんファンさまへ (京都で定年後生活)
2016-10-20 06:10:48
おはようございます。
トラりんブログ気づきませんでした。
教えていただき、アクセスしてみました。
博物館情報もわかりやすくていいですね。
今度行くときはトラりんのいる時間帯にいってみます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。