京都で定年後生活

2013年3月60歳で定年退職。主夫見習い中。
美術館と庭園めぐり、京都の四季の行事と花を綴ります。

名勝無鄰菴

2016-10-13 13:23:04 | 寺院・庭園

美術館の帰りに無鄰菴に寄りました。
私は落ち着いた庭園が好きで南禅寺の散策途中もよく足を運びます。
無鄰菴は1894年(明治27)~1896年(明治29)明治大正の元老山縣有朋が京都に造営した別荘です。
山縣家より京都市に譲渡され、1951年近代の名園として国の名勝に指定されています。





玄関前の庭園




待合席の生け花





母屋と庭園に入ります。





庭園
七代目小川治兵衛作庭。東山借景に明るい芝生の空間になっています。
琵琶湖疎水の水を引いた自然趣向の庭園は高い評価を受け、南禅寺別荘群の先駆けになったそうです。


















クサボケです。



















一部色づいています。




茶室




洋館
1903年(明治36年)元老山縣有朋、伊藤博文、総理大臣桂太郎、外務大臣小川寿太郎の四人で、
日露開戦直前のわが国の外交方針を決める「無鄰菴会議」が開かれた場所です。










ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 散策中に出会った秋の桜 | トップ | 黄金のファラオと大ピラミッド展 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
しずかに (fuyou)
2016-10-13 15:55:47
京都で定年後生活さま
しずかな雰囲気で落ち着きます
草ボケの実ですか普通のボケの実のように大きいですね
初めてです
しずかな雰囲気のお茶室 紅葉のもみじ
一度訪れると どんなに幸せでしょう
ありがとうございます


fuyouさまへ (京都で定年後生活)
2016-10-13 19:49:37
こんばんは
ここは南禅寺に近いですが、観光客も多くなく、落ち着いた雰囲気が気に入ってます。
東山を借景にしているのも落ち着く要因です。
クサボケはボケより地面接して花をつけるのが違いでしょうか。実はボケと同じですが、ほとんど地面に接しています。
無鄰菴 (tango)
2016-10-14 05:02:22
おはようございます
沢山の良い所を見せていただいて私の頭の中に
インプットしようと思っても入りきれないのですが
昨年も京都様のお好きな所として見せていただいたように
思います
静かで落ち着いた雰囲気
東山借景に思い出しました~~
部屋の重厚感がありますね。いいですね~~(^_-)-☆
tangoさまへ (京都で定年後生活)
2016-10-14 05:36:27
おはようございます。
無鄰庵は私の好きな庭園の一つで、何度か投稿しています。
2階にはまだ上がったことはないのですが、2階からの景色も素晴らしいと思います。
今度は紅葉のときにまた訪れたいと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。