京都で定年後生活

2013年3月60歳で定年退職。主夫見習い中。
美術館と庭園めぐり、京都の四季の行事と花を綴ります。

高桐院の雪景色

2017-02-13 16:27:03 | 京都めぐり

積雪量が少ないですが、大徳寺高桐院の雪景色撮影に出かけました。










山門










青苔の上は雪










勅使門前の石畳参道





中門















入口










入口の上に『関』の表示板
私にはどうもがいても通れそうにない『関』です。
いつもここで立ち止まってしまいます。





きびすを返します。





帰りの石畳





























塔頭寺院の瓦土塀










一昨日の雪景色撮影ですが、朝6時過ぎに家を出て智積院に向かい、大徳寺高桐院で終了です。

自宅→市バス→智積院(7時)→徒歩→東福寺(7時半)→市バス→下鴨神社(9時)→市バス→上賀茂神社(10時7分)
→市バス→高桐院(11時)→自宅(11時半)
当日は休日で市バスの便(特に朝)は少なくなりますが、5時間少々で5ヵ所まわりました。
京都観光の参考になるかわかりませんが、ご紹介しておきます。
なお当日は履きなれた靴ではなく、長靴でした。








ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上賀茂神社雪景色 紀元祭 | トップ | 春爛漫 早春の草花展 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (抹茶いちご)
2017-02-13 17:07:20
ルートと交通手段書いていただくと
ありがたいです。
旅行者としてはとても参考になります。
地元の方の知識があると
時間が有効に使えますものね。

でも健脚ですよね…。
私、こんなに歩けないかも(汗)
抹茶いちごさまへ (京都で定年後生活)
2017-02-13 19:46:36
こんばんは
市バスを有効に使用すると便利です。
今回のコースは目的地まで一本で行けないときもあります。例えば東福寺→下鴨神社ですが、途中四条河原町で市バスを乗り換えます。下鴨神社から上賀茂神社までは一本の市バスで行けますが、上賀茂神社から高桐院も乗り換えが必要です。
市内はバスの本数が多く、さまざまなコースがありますので、慣れたら大変便利です。
ちなみに市バス一日乗車券は500円で何度でも利用できます。
今回は履きなれた靴ではなく、長靴だったために少し疲れましたが、私は健脚どころか、あまり距離はあるけないのですよ。
自宅で昼食後、妻と午後の買い物散策にでかけました。
ありがとうございます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。