京都で定年後生活

2013年3月60歳で定年退職。主夫見習い中。
美術館と庭園めぐり、京都の四季の行事と花を綴ります。

初夏の花 ヒメシャラ、サンゴミズキ、エゾミソハギ

2017-06-14 15:32:40 | 花めぐり2017

初夏の花を撮影しました。

ヒメシャラ
ヒメシャラ(姫沙羅)はナツツバキに似ていますが花も葉も小さいです。
6月から7月にかけ直径2~2.5cmのツバキに似た白い5弁の花を咲かせます。


























サンゴミズキがまだ咲いていました。





エゾミソハギ
エゾミソハギ(蝦夷禊萩)は水辺の湿地でよく見られるミソハギ科の耐寒性多年草です。
開花期7~9月 花色紅紫 花径1.5cm 
















オオモミジが枯れて紅葉





ガウラ






ハナビシソウ











サフランモドキ





サギ







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ど根性松 | トップ | 法然院、安楽寺、真如堂、西雲院 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。