京都で定年後生活

2013年3月60歳で定年退職。主夫見習い中。
美術館と庭園めぐり、京都の四季の行事と花を綴ります。

新緑とカキツバタの無鄰菴

2017-05-14 05:51:17 | 青もみじ2017

昨日は前夜から降り続いた雨が午前中まで残りました。
沖縄などで梅雨入りしたとのニュースを聞き、季節のうつろいを強く感じました。
今年は桜の時期を逃してしまった山縣有朋の別邸無鄰菴に一昨日行ってきました。
新緑の今の季節も私の好きな景色の一つです。

無鄰菴入口





拝観受付近くには茶室で見かける待合があります。





七代目小川治兵衛の作の庭園に入ります。





新緑の美しい庭です。





回遊式庭園を歩く前に木造二階建の母屋に入ります。





今回は母屋から眺める開放的な芝生の丘と東山の景色をお届けします。
明治の元老山縣有朋もきっと同じ景色を見ていたと思います。










床の間の生け花は花菖蒲と青もみじです。





母屋から中庭の景色





生け花はシラン





もう一室から見る景色
新緑がきれいです。











母屋を出て庭園を歩きます。
琵琶湖疏水の水を引いた流れにかきつばたが咲いています。











母屋





沢飛石を渡り撮影





三段の滝も配しています。





青苔もきれいです。










藪内流燕庵を模して造られた茶室










母屋





日露開戦直前のわが国の外交方針を決める「無鄰菴会議」が行われた洋館





無鄰菴は1941年山縣家より京都市に譲渡され、1951年には近代の名園として国の名勝に指定されています。
茶室と母屋二階は有料で貸し出しされています。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カキツバタ、イチハツ、クレ... | トップ | 『快慶』奈良国立博物館 東大寺 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一緒に (tyako)
2017-05-14 08:58:48
おはようございます。
ゆっくり拝見いたしました。
何だか一緒に廻っているような錯覚を感じてしまいました。

ゆったりとしていいですね。
ありがとうございました。
無鄰菴 好きです (祇園パパ)
2017-05-14 10:06:54
無鄰菴のお庭が好きで、四季で訪問しています。
今月末に訪問予定ですので楽しみです。
植彌加藤造園さんが指定管理者になり、より一層すばらしいお庭になり、いろいろなイベントも行われいるようです。
平日休みの私はイベント参加は困難ですが、その分ゆっくり母屋でぼーっとさせていただいております。

ところで、京都で定年後生活様は京都市内を回られる際の交通手段は何を利用されているのですか。
バス 鉄道を使い分けし、徒歩なのでしょうか。
良かったらお教えください。
tyakoさまへ (京都で定年後生活)
2017-05-14 17:59:20
こんにちは
新緑の季節はいいですね。
樹木の緑、青苔がいきいきしています。
今回は母屋から見える景色に重点を置いて撮影しました。和室からの景色もきれいでした。
ありがとうございます。
祇園パパさまへ (京都で定年後生活)
2017-05-14 18:08:12
こんにちは
一時庭の管理が行き届いておらず残念に思うこともありました。
植彌加藤造園さんが指定管理者になったのですか。
これからは期待できそうです。
私の移動は市バスが多いです。降りたところから歩くというスタイルです。
洛北はクルマで行くことも多いです。
ありがとうございます。
新緑が美しいですね (ショコラ)
2017-05-16 12:27:16
無鄰庵、以前からずーっと行ってみたい所なのですが、なかなか機会がなくて。
京都で…さんの日記を一緒にお庭をまわっているようなワクワクした気分ではいけんしました。

次の京都旅行で行ってみたいと思います
ショコラさまへ (京都で定年後生活)
2017-05-16 16:41:15
こんにちは
無鄰庵は南禅寺と京都市美術館の中間にあります。
どちらから歩いても500mほどです。
南禅寺は観光客が多いですが、ここは空いていて穴場です。母屋からのんびり額縁絵として見ているとホッコリします。
お抹茶もいただけます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。