京都で定年後生活

2013年3月60歳で定年退職。主夫見習い中。
美術館と庭園めぐり、京都の四季の行事と花を綴ります。

東福寺芬陀院の雪舟庭園

2016-11-02 17:24:57 | 京都百景

芬陀院は東福寺の塔頭の一つで、雪舟作の庭園を伝えることから、雪舟寺の名前で知られています。
鎌倉後期の元寇年間(1321ー24)、関白一條内経公が創建し、以来一條家の菩提寺として今日に至っています。
その後二度の火災にあい、現在の建物は1899年改築のものです。

入り口








雪舟作と伝える鶴亀の庭があるところから雪舟寺で知られる。元 享年間(1321-24)に関白一条内経が創建。庭園は禅院式枯山水。‘茶関白’一条 恵観ゆかりの茶室図南亭が有り、遺愛の勾玉(まがたま)の手水鉢が残されて いる。

大玄関



玄関を入った内部



禅寺らしい「照顧脚下」の文字



中に入ります。
まずは庭園を拝観します。







南庭
鶴亀の庭と呼ばれています。雪舟(1420ー1506)の作庭です。
雪舟が少年期を過ごした備中(岡山県)宝福寺は東福寺の末寺であり、雪舟が東福寺来山のおりは 芬陀院に起居したと伝わっています。
一條兼好公の所望で雪舟が 作庭しました。
禅式枯山水で京都で最古の枯山水庭園の一つとされています。
向かって左「鶴島」は折り鶴を、右「亀島」は二重基檀で亀の姿をあらわしています。











室内から見た庭園



室内の襖絵






















坪庭の手水鉢と崩家形燈籠



図南亭
「図南」の扁額は石川丈山


















茶室から東庭



障子の意匠



海北友樵(1815ー1868)四季花鳥図屏風(1854年)







朝の気温がグッと下がってきました。
紅葉も進みそうです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東福寺と智積院 色づきはじめ... | トップ | 真如堂の紅葉と庭園 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (うさうさ)
2016-11-02 19:45:27
今晩は〜( ^ω^ )
東福寺の近くにこんな庭もあったんですね〜見ればよかったです(^^;)
でもまた訪ねる楽しみができました
心落ち着く庭はいいですね〜
うさうささまへ (京都で定年後生活)
2016-11-02 20:53:52
こんばんは
ありがとうございます。
東福寺のついでに寄りました。
東福寺正門のすぐ南塔頭です。
落ち着いた寺院で庭の前にいつまでも座っていたい雰囲気です。

コメントを投稿

京都百景」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。