京都で定年後生活

2013年3月60歳で定年退職。主夫見習い中。
美術館と庭園めぐり、京都の四季の行事と花を綴ります。

熱帯睡蓮、オオオニバスの花、蓮花

2017-08-10 18:10:19 | 花めぐり2017

熱帯睡蓮
主に熱帯、亜熱帯に分布する品種で、葉が大きく、葉縁に鋸葉があります。
花茎が強く、花は水面から飛び出して咲きます。
午前に咲き夕方に閉じる昼咲きと、夕方から咲き朝に閉じる夜咲きがあります。






















熱帯睡蓮の園芸用の交配種が最初にでたのは1850年だそうです。
以後20世紀に入りアメリカを中心に多くの品種が生まれています。


















































オオオニバスの花開花直前です。
原産地はアマゾン流域、葉の直径は2mを超え、大きくなると縁が10cmほど立ち上がります。
花は二日にわたって咲き、一日目は甘い香りを放ち真っ白な花が咲きます。
翌日午前中に一度花は閉じ、夜に赤紫色に変色し再び開花します。












まだ蓮花がきれいに咲いていました。




















花托が多くなりました。
































蓮葉にトンボ

















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京の七夕 光の天の川 | トップ | 六道まいり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

花めぐり2017」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。