丁未堂画室二の丸 TeibidoStudioBranch

版画家のブログです。本丸MainBlog=http://blogs.yahoo.co.jp/teibido

安芸国紀行 その2 染色&美味しいもの

2017-05-05 13:48:46 | 旅行
広島には、廿日市駅の近くに五日市駅というのもあるので、一瞬「どっちで降りるんだったっけ?!」と焦ります。




道中、こんな美味しそうなのを売る漬物屋さんがありました。
(もちろんぬかりなく購入)







今回の一番大事な用事は、染色作家の今田史朗先生に一日入門することでした。
お忙しい中、型染めの全行程を、駆け足で教えていただきました。

こんな風に糊をのせていき







(京都製糊株式会社ってのがあるんですね!)






最終的に、こうなりました。
左から、お友達、丁未堂、家人の作品となっております。




型染めは、色をのせてもすぐには全体の仕上がりが分からないというのが、版画と共通してて、楽しいですね!
自分でやってみて、改めて染色作品の製造過程にどれだけ手間がかかるかを、実感しました。


そしてそんな中も、一食たりとておろそかにはせず、
ランチには、今田先生ご夫妻にラーメンをご馳走になり
(今後、廿日市に行かれる方は要チェック)






サイドメニューの鶏肉料理がこれまた







夜は夜で、お友達のお宅で山陽地方山海の珍味をゴチになり





カキフライと岩国レンコンの天ぷらです。
岩国レンコンは、よそのより穴が一つ多いのですって。
歯応えがありながら、ねっとりと柔らかく、レンコンとレンコンの間に挟まりたいくらい美味しゅうございました。





広島といえばアナゴですよね。
お友達のお父様がおうちの前で釣って来られたそうです。
スゴくないですか?!
おうちの前でアナゴが釣れるんですよ!




そしてアナゴの骨がこちらです。





何か、型染め体験レポートというより、美食レポートみたいになってしまいました。
染色している間は、作業に必死で、撮影するのを忘れていました。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安芸国紀行 その1 宮島&ドーム | トップ | 茗荷笋 ミョウガの茎 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。