丁未堂画室二の丸 TeibidoStudioBranch

版画家のブログです。本丸MainBlog=http://blogs.yahoo.co.jp/teibido

六月鮮 無添加醤油

2017-05-20 10:22:19 | 燕京見聞録
北京地元での主な味付けは塩、黒酢で、醤油の登場シーンは、主に砂糖など加えて強火でグツグツ煮込む「紅焼」系おかずの時だけなので、市場に並ぶ醤油のほとんどは、「紅焼に使うと威力発揮」をコンセプトとされており、原材料に大豆や塩以外にも砂糖や味の素が入っているものがほとんどです。

でも最近では、日本への旅行者人口増加に伴い、和食を楽しむ人もボチボチ増えて来て、地元市場の和食材料屋さんで「乾燥ひじき」洋栖菜yang2xi1cai4 まで買えますので、国産醤油にも和風味付けに使えるものの種類が増えて来ました。




この六月鮮醤油は、比較的最近登場しましたが中々です。
同じメーカーでも紅焼用や、蒸し魚用など、色々種類がありますが、このベージュラベルのものは、大豆、小麦、水、塩から出来ています。




香りもよく、和食にもよく合います。

500mlで18.9元と、他社の10元切る醤油に比べればいいお値段ですが、キッコーマン醤油20元は輸入食材店などでしか売ってないので、そこらのローカルスーパーで買えるという点では便利です。


しまった!醤油切らしたけど近所に京客隆(=ローカルスーパー)しかない!てな時にお試し下さい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一年後 | トップ | 灯飾 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

燕京見聞録」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。