丁未堂画室二の丸 TeibidoStudioBranch

版画家のブログです。本丸MainBlog=http://blogs.yahoo.co.jp/teibido

水泳ゴーグル

2017-08-09 00:00:43 | 燕京見聞録
中年太りからの脱却を目指して、日々泳ぐ私ですが
今まで10数年使って来た水泳ゴーグルのベルトが朽ちたので、ゴム紐で修理して使っています。





もしも自分が中学生ならば、親がこんな風に修理して買い換えてくれなかったら、泣いて嫌がったことでしょう。
また、友達もスルーせずに、鋭くこの点に突っ込んで来たことでしょう。
今やおばはんのゴーグルなど誰も気にしないし、おばはん本人も色んなことが気にならなくなって、中年って本当におトク!


と、ゴム紐ゴーグルで楽しく泳いでいたら、我が家のパロ臣民が、新しいものを買って来てくれました。(キリル文字の町 雅宝路で)
それが、こちら。




鏡面て…。
さすがの中年も、これは勇気が要るわ。
お腹の出たおばはんが、ミラーゴーグルしてたら、アンバランス過ぎませんかね。
何でコレを私に選ぶかね!!
でも、目の間に継ぎ目がないのは、掛けやすいものですね。

ちなみに、日本でも同じものを売っていました。
レビュー読んだら品質は良さげなので、掛ける勇気がわいてきました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今時珍しい手作り子供靴屋さん | トップ | デリバリー伝票 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ゴーグル (wanko@国慶節なのに在宅勤務)
2017-08-09 16:52:22
私実はマイゴーグル持ってない。
というのも、基本平泳ぎなのですが、顔を水面から出したまま泳げるのです。
残りの家族はそれができないらしく、毎回尊敬の目で見られます。
そう言えば子供のときも実家の母がこの泳ぎ方してて、小さい頃はできなくて憧れだったなあ。
今できるってことは、表面積が増えたから浮くようになったんだろうなあ。中年の特権ね!ってことで。
痩せるために泳ぎたいですが、炎天下なので日焼けのほうが怖いです。
Unknown (コードネームX)
2017-08-12 21:00:14
お久しぶりです。
本文と全く関係ないので申し訳ないのですが、私が一番美味しいと思っているイギリス菓子を作って売っているお店の人が北京のティールームでスコーンづくりをされるそうです。
詳しい経緯はよくわからないのですが、国貿にある「JF皇家茶館」だそうです。
もしお時間等あればのぞいて下さい。
今日、その方のインスタで知ったのでとりあえずお知らせまで。
Unknown (丁未堂)
2017-08-15 20:24:54
>wankoさま
顔出し平泳ぎだけで過ごすの?!腰に来ませんか?
でもハハが家族から尊敬されるのは大事なことですね!
赤道直下なら、きっとお庭にプールがある富裕層も少なくないよね。水泳は屋外だよね。
うびん島の海水に手をつけたら、海水が生温いとか!!とビックリしたのもいい思い出です。


>コードネームXさま
お久しぶりです。お元気ですか?
国貿は大掛かりな改装をして、以前ビジネスビルだった部分が大型モールとなり、日本太太に人気を博していると聞いております。
そのお菓子作り職人(?)さんは、スコーンのために日本から北京まで出張ってらっしゃるのですか?
もしそうなら、急いで行かないと近い将来お帰りになってしまいますね。覚えてたら寄ってみるかも〜
Unknown (コードネームX)
2017-08-19 11:07:44
今、台湾に住んでいるのですよ。
暑さに負けそうになりながら、氷や果物等三昧をしています。
菓子職人さんのインスタがまだ再開されていないので、北京に滞在中かなと思われますが、多分、技術提供みたいな感じではないかなと、思ったりしています。
私が住んでいる所も、パンや洋菓子系は微妙な味です。
コードネームXさま (teibido)
2017-08-19 12:55:47
今台湾でしたか。暑いけどいい所ですよね。よく台湾の友達からお土産にフルーツのゼリー菓子もらいます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。