ヘアアレンジ*アレンジヘアアクセ/アレンジつけまつげ

アレンジヘアアクセサリー&アレンジつけまつげ

『人工毛』デザイン&アレンジ

Ou.ka/fringe

やっぱりダメだった?!センサーソープ(洗面所)

2017-03-20 | ♪日記
あれほど悩みに悩んで(半年間?)購入した

洗面所のセンサーソープ(イタリア製)ですが

1年と数ヶ月で壊れました


あれだけ

「センサーソープ」で迷っていたのに


(まあ、こんなことがあるんじゃないかと悩んでいたわけですが


みごと、的中です(笑)←笑い事ではない


*********


水回りをとにかくスッキリさせたい為、

新しいマンションになったらキッチン、洗面所のソープを「設置型」にして、

さらに洗面所は『センサー』タイプにするか『押す』タイプにするか

様々な角度から考えていました。


センサータイプは何故か日本製は業務用しか見つからず

結局、イタリア製のこのタイプにすることに決めました。

(ずっとずっと日本製を探していたのに




取り寄せた、最初のものがなんと不良品

すぐに交換となった

(センサーの設定がおかしかったとのこと)


新しいものと交換してやっと完璧と思っていたのに

1年くらいしかまともに使えなかった


数ヶ月前から(センサーはまともなのですが)、

石鹸水が2~3回手をかざさないと出てこなくなったのです。


だましだまし、使っていました。


「つまっているのかな?」

と思い、石鹸水をやめ「水」で試してみることにしたら

今度は接続部分から水がダラダラ垂れてくる


専門の人に見てもらったら

「日本製ではありえない作りですね。通常こういうものは接続部分にパッキンなどあるけど
この商品はただプラスチックとプラスチックを合体させているだけ。
これでは石鹸水を入れたボトルを接続したら重みで下がってゆるんでしまう。
そのすき間からあふれ出してしまうのですね」

とのこと。


きっとこれまで何ともなく使えたのは

プラスチック部分がまだ新しかったから???


特に何もしていないのに突然このようになってしまったのだから

劣化以外に考えられないのだけど


もうこの商品に縁はないとわかった。


こういうことを考えて、

キッチンと洗面所は同じ大きさの穴にしてあったので

キッチンと同じ『押す』タイプのものに替えることにしました。




こちらも日本製ではなくアメリカ製ですが

今のところ問題なく快適に使用しています

(なんか失礼ですみません



【センサーソープ】を使用して良かった点と悪かった点をまとめてみます


《良かった点》


◎どこにも触れず手が洗えるのが嬉しい

◎センサーソープがあるということがただ嬉しい(笑)


《悪かった点》


◎たまたまかもしれませんが不良品が多い(と感じる)

(価格は25000円前後?+穴開け&取り付け費)

◎顔を洗っているとたまに腕にセンサーが反応して石鹸水が出る

◎石鹸水の補充が面倒(これも重要)
 
 (いちいちボトルを外して石鹸水を投入←ストロー部分の石鹸水がポタポタ垂れるので
 下に洗面器など用意しなければならない)

 *「押す」タイプは上から石鹸水を入れられるので便利

◎センサー用の電池の交換時期が早い
 (センサーは電池をくうのだろう)

◎保証期間が1年
 (穴開けての設置商品なのに短いだろ)



・・・と

悪かった点が多めになってしまいましたが

保証期間が1年しかないのがちょっと不満なところです。

(せめて2年ならいいのに)


というのは穴をあけて取り付けるわけですから

もうちょっと商品を保証してくれないとしんどいなと


2回も不具合があったので買い替える気にもなれないし


まあ、日本製ではないし

このようなこともあるだろうと考えていて正解だったわけです


キッチン用の穴と同じ大きさにしたので

すみやかに「押す」タイプに変更できるので本当によかったです


「押す」タイプの方が石鹸水が入れやすいので

そこもストレスが減るから前向きに考えます



しかも「設置」してあると倒れないためどのような押し方をしても大丈夫なため、

もしも手が汚れていても

手首や手の甲で押すこともできるので「押す」部分が汚れにくいのです。

(キッチンで使用していてわかりました)


だから、(公共の場ではない)自宅で使用するくらいなら

センサーでなくても良いのかもしれませんね。


と、若干、負け惜しみつつ(笑)

センサーソープの苦い記録とします


 P.S 穴をあけるものはリスキーですね
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっぱり勉強?!修行??(... | トップ | 【結果】ハイドロキノンのみ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む