T e g a k i l o g u e

-アトリエてがきの日々-

個展はじまり

2016-11-06 | 作品のこと
葉月ホールハウスでの個展が始まりました。
木金土日がOPEN DAYなので今日から一旦休廊で
次は11/10からとなります。





オープニングで多くの人をうならせた
石川征樹さんのクラシックギター。
情熱的な曲も熱すぎず、飄々としていて、
音色には不思議と、幽玄な響きさえ感じました。
どこか遠い乾いた国と、日本の湿気が融合したような…
弦の上を這うというより滑るようにうごく右手や華麗な指さばきにも、みんな見入っていました。
昼の部の後半には幸運にも、客席にいた津軽三味線の小野越郎さんが飛び入りくださったのも楽しかった。
今ここから音楽が生まれているのが伝わってくる演奏で、とても良い雰囲気でした。音響も最高。



私は音楽家という人たちをリスペクトしています。
テクニック以上に、今、目の前の空気の中を、歌い踊れる人たちだから。迷いなく。私がやっているのは静止画ですが、こねくり回しすぎて線の勢いが死ぬとか、迷いが出て瞬発力を失う、ということが時折あり、そんな時、''音楽家性''のようなものを自分も常々持っていたいものだと思うのです。





今年の(に限りませんが)木口木版画は、マットな質感を目指してみました。
艶なしの、やや乾いた質感。黒色はスモーキーな黒。少し青みをかけ、墨ほど淡くなく、油絵の具ほど粘りっぽくない、鉛筆くらいの感じ。ガラスをかぶせず展示しているのでぜひ見てみてください。荒削りでも、飄々と作り続けて行きたいものです。





——————————————————————————————

戸次祥子 木口木版画展「望遠」
於:葉月ホールハウス(東京)
2016年 11月3日(木・祝)〜19日(土)
open:木金土日祝の13:00-19:00
19日作家在廊

——————————————————————————————






ジャンル:
ウェブログ
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひと匙の旅・おみやげ | TOP | 版画3人展 »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
本日 (musique)
2016-11-11 21:09:10
貸切でじっくり鑑賞してきたよ。
望遠という作品が夏の富良野岳を思い出させ、ひそかににやにやしてました。お菓子もいただいたよ。ありがとう😊
Unknown (tegaki)
2016-11-11 21:51:24
musiqueりん

おお!ありがとう。北の国から来れば東京も南国だね? ゆっくりして頂けて良かった。折しもオーナーさんから連絡来たよ。望遠…ふふふふ

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。