★。.::・'゜☆::・'゜7 bijoux ...::・'゜☆。.::・'゜★

カラーリストによる、のんびりdiary。

~ハロウィンだから行って来ました~沼御前伝説

2016-10-13 12:55:32 | あちこち
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3
(ハロウィン)

最近余り外出歩きません。
ネタもなくブログの方も投げっ放し、お留守にしておりましたが
ハロウィンの季節という事で現地フィールドワークに行って参りました。
わたくしは顔出ししないで発信するタイプなのでw、
ハロウィンコスプレした自分を自撮りでうpなどしない分、
現地に直接凸してみた結論を画像と共にまとめる形式取ってます。

日本もののけ探訪今回は福島の沼沢湖の女性ぬし、
沼御前伝説ですね。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%BC%E5%BE%A1%E5%89%8D
(沼御前)

これまでも化けたぬきとかざしきわらしなど
実際現地を訪れ、現場を見て思うことをブログにメモしておりましたが
そのシリーズということでいいかなと思います。
妖怪成分/オカルト成分/キャラクター成分/民間伝承成分
色々ごっちゃになるかと思いますが・・・。
基本的にわたくしは一介のカラーリストであり、
民俗学とかそっちの専門ではありませんので
これ以上掘り下げた調査は出来ないことを最初に確認しておきます
f^^;

今回の旅は車を使い日帰りで会津の方 www
夫は周囲に堕天使キャラを押し付けているのに、
まぁこのテのお話を聞くことが大嫌い。
そもそもお化けが無理 w
たたりなんてもっての他 w
そんな夫が今回は非常に嫌がり、怯えた場所なので、
そのチキン本能こそが、
何かを察知するんじゃないかと別の意味で楽しみでありました

^^

・・・ですが、よく調べてみると話の内容が全然たたりっぽくない。
伝承によれば沼の主だった雌のオロチが討伐され、
形のなくなった状態でも未だ沼を支配してるという
何か箱根の芦ノ湖辺りで聞いたような伝承に似ていると思いました。
ここの沼の主は討伐され蛇の身体がなくなっても、
過去たま~に人前に現われたりしたそうなので恐らくもう蛇の段階で
一般の蛇とは別のモノだったんじゃないかと思います。
そんな蛇さんが棲まわれている沼がこちらです。



ありゃ?



ステキなレジャースポット。
キャンプ場が周辺のあちこちに。
夏場には浅瀬限定で湖水浴も出来るんだぜぇ~。





こんなに澄んだ沼の水。
小魚が元気に泳ぎ回っている。
想像してたのと大分違う。

沼って言うからさ、
もっとヘドロとか水草で訳わかんなくなってる状態かと思っていた。
犬神家の一族みたいに、
唐突に足がにょきっと出てるようなオソロシサを想像していたのです
f^^;
実物は実に清涼感溢れるさわやかな湖。
毒気をあんまり感じられなかったんだよね f^^;

「あれれー?ほんとにここは沼御前の伝承の場所?」
と思い、周囲を散策ついでに確認してみました。


すると、



ああやっぱり、ここで間違いはなかったんだなと
胸を撫で下ろしておりました。
その他にもこの沼にはこのような側面もあるみたいですね。



人間の生活空間にも大きな影響与えてる大事な水源です。

そんな沼御前を祀ってる場所がこの近くにあるらしいと聞き、
小さな山地をさすらいましたが全っ然見つかりません。
土地の中の道のない道をくねくね、落ち葉の原っぱを踏み進めて
あやしい階段をいくつか発見。





もうこの段階で夫の恐怖は最高潮に達していたみたいですがw
どんどん先に進みます。





「いやまじでやばいって。無理だよココ(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル. 」
などとおっしゃり、そっこー逃げ出しました夫を眺めつつ
周辺を散策しておりました。
多分この屋根の素材とか色とか、
気候的なものを考慮されてのものだと思うんですが
確かにこの鬱蒼とした緑の中浮き立った赤だと何か雰囲気感じるかも。
でも会津地方ではこのような赤をよく使いますよね。
一般のおうちでもよく見かけます。
だから祟り神的な禍々しさと言うより、
土着の色彩感覚でもあるんだろうなぁと妙に納得していたんですね。

沼御前はこの入口鳥居の外の真下の水辺に
昼の時間帯は常駐されてると書かれていました。



夫が早々に退散して逃げて座り込んでた階段下の
まさに側の水辺だよね f^^;



雰囲気はあるけどコワイ感覚は全く感じられませんでした。
むしろこのようなかわいいポイントなど見つけて楽しかったです ^^



なんでハートにくりぬかれたんだろねここだけ。
帰り道を変えてしまったので行き同様、下山にも大変苦労しました。

やっと沼のほとりに辿り着いたときはすっかり息切れw
でもほっとしていましたらしとしと雨が降って来ました。



雨の湖はまた風情がありまして、
デジでの撮影だけは止めないで続けておりました。
その中に1枚だけ。



気のせいかなぁ~?
雨の湖面に女性のような顔と髪のような長いものが
浮かんでいるように見えました。
これだけ見ると思ったより結構彫りの深い美女に見えます。
こういったものを肉眼で見ることが出来ないわたくしは、
たま~に訪れた先のものと思われるものが
明け方の夢に現われることがあります。
時折びっくりするビジュアルで面白いんです。
今回もそれを期待しているんですが・・・。

夫が現地であれだけへタレリアクションとりましたのでw
夫の方に出るかも知れんね、金縛りとか www
そういうものも怖がって見たくないタイプなので、
向こう1週間
自分で自分の顔殴って気絶してから寝たいとか騒いでましたね
f^^;
気絶すると夢見なくなるの?関係ないんぢゃねソレwww







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁当ブログ900回更新達成&着... | トップ | ハロウィンだから行って来ま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。