a letter from Brecht Raum TEE-BLOG

東京演劇アンサンブルの制作者が、見る、聞く、感じたことを書いています。その他、旅公演や、東京公演情報、稽古場情報など。

東京演劇アンサンブル ブレヒトカフェ Vol.5 

2017-04-19 09:50:58 | 芝居小屋企画




東京演劇アンサンブル ブレヒトカフェ Vol.5  
2017.3『沖縄ミルクプラントの最后』に続く ”オキナワ”

2017年
6月17日(土)14:00/19:00 
6月18日(日)14:00 
●お申込みTEL:03-3920-5232 FAX03-3920-4433
●前売り2800円 (当日3300円) ケンタウルスの会1500円 


朗読劇『水滴』 
作=目取真俊 
演出=三木元太 
照明=真壁知恵子

出演
浅井純彦
雨宮大夢
大橋隆一郎
仙石貴久江
竹口範顕
冨山小枝
洪美玉 

1997年度芥川賞受賞作品である沖縄の作家・目取真俊(めどるま・しゅん)の代表
作。
ある晩、男の右足が腫れて水があふれ出てきた。男の足元に、夜な夜なそれを飲みに
くのは誰か?
沖縄を舞台に過去と現在が交錯する傑作。



浜下り外伝
――そして目覚めると、わたしはこのイノーの海に

作=宮城康博
演出=三由寛子 
舞踊=鷲田実土里
照明=真壁知恵子

出演
《始原の女》町田聡子
《始原の男》和田響き 
《永劫の女》志賀澤子
《永劫の男》松下重人
《創生の女》奈須弘子
《創生の男》永濱渉

1854年黒船艦隊・ペリーの来琉している那覇《始原》。
1997年少女の尊厳を守れなかった怒りに揺れ市民投票へと向かう《永劫》。
2017年辺野古新基地建設に抗う、いま《創生》。
三つの時代の女と男の物語が、海の見える場所で展開する。
沖縄の民話「浜下り伝説」を主軸に、人の世の願いを紡ぎだす。
“人”にとどまるために《私たちもまた、故郷へ歩き続けているの》、歩きだす。
1980年代 沖縄に帰り名護市民として住民投票のただ中にいた宮城康博が、
古巣・東京演劇アンサンブルのために書き下ろした渾身の新作。初上演。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京演劇アンサンブル研究生... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL