a letter from Brecht Raum TEE-BLOG

東京演劇アンサンブルの制作者が、見る、聞く、感じたことを書いています。その他、旅公演や、東京公演情報、稽古場情報など。

OKINAWA from Brecht Raum 『沖縄ミルクラントの最后』稽古場より 9

2017-03-06 18:05:09 | 東京公演
新川葉月(あらかわ・はづき)・・・・永野愛理(ながの・えり)




新川
「ミルク以外の仕事で、ベースで働くのいやだなー。」


永野愛理演じる新川葉月は1964年生まれの31才。
ふたりの子持ちの母親で、保育所にこどもを預けながら働いている。
ミルクプラントは、女性従業員の中で一番若い彼女も、
年令の隔てなくなんでも口に出せるアットホームな職場だ。
しかし、基地の米兵による少女暴行事件は、
子を持つ親にとってはそれこそ他人事ではないし、
ミルクプラント以外の基地で働くことにも違和感を覚える。
そんな心境を表したセリフ。

世代間のギャップもあり組合活動にフル回転しているわけではないが、
この悶々とした怒りをどこにぶつければいいのか?
誰が責任とってくれるんだ、どこになら私のことばが届くのか??
…だから本気で闘う。
けれど生きなければならない。
自分が職を失って立ち止まるわけにはいかない。
なにしろこどもが二人いる……

永野自身は、冷凍母乳で育った。
母も産休がとれずに働きながら自分と妹を育てた。
働く母の逞しさを見て育った永野の、母への挑戦でもある。


沖縄ミルクプラントの最后
2017/03/09-19
ブレヒトの芝居小屋


アフタートーク情報
3/10 19時 宮城康博さん(沖縄の演劇人)
3/11 14時 清水尭さん (高江の地元の方)
3/14 14時 坂手洋二さん (劇作家・演出家/本作の著者)
3/16 19時 馬奈木厳太郎さん (弁護士)
3/17 19時 新垣毅さん (琉球新報記者)


by Komori

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

東京演劇アンサンブル公演
沖縄ミルクプラントの最后

作 坂手洋二
演出 松下重人



美術 香坂奈奈
音楽 菊池大成
音響 勝見友理(ステージオフィス)
照明 真壁知恵子
歌唱指導 菊池大成
方言指導 宮城康博
ピアノ演奏 菊池大成
衣裳 竹内陽子
宣伝美術 竹内陽子・奥秋圭
映像操作 永濱渉
舞台監督 入江龍太
制作 太田昭

3/9  木 19:00
3/10 金 19:00★◆
3/11 土 14:00◆
3/12 日 14:00
3/13 月 休演
3/14 火 19:00◆
3/15 水 19:00★
3/16 木 19:00◆
3/17 金 19:00
3/18 土 14:00
3/19 日 14:00
★=Low Price Day

◆会場
ブレヒトの芝居小屋(西武新宿線・武蔵関駅より徒歩7分)

◆料金 
当日=4500円
前売一般=3800 円
前売学生=3000 円
★=Low Price Day 2500 円

全席自由
開場は開演の30分前
入場は整理番号順。

キャスト
田端良顕(たばたりょうけん)・・・竹口範顕
与那嶺常政(よなみねつねまさ)・・雨宮大夢
仲村秀喜(なかむらひでき)・・・・三木元太
城間耕一(しろまこういち)・・・・和田響き
屋良直(やらただし)・・・・・・・熊谷宏平
平安年男(ひらやすとしお)・・・・坂本勇樹
砂川真栄(すながわしんえい)・・・小田勇輔
平良清信(たいらせいしん)・・・・伊藤克
伊佐寛徳(いさひろのり)・・・・・大橋隆一郎
国吉朋子(くによしともこ)・・・・洪美玉
下地末子(しもじすえこ)・・・・・原口久美子
久貝孝子(くがいたかこ)・・・・・冨山小枝
新川葉月(あらかわはづき)・・・・永野愛理
神山文枝(かみやまふみえ)・・・・町田聡子
与那嶺香織(よなみねかおり)・・・正木ひかり
松田(まつだ)・・・・・・・・・・上條珠理
佐久川(さくがわ)・・・・・・・・仙石貴久江

◆チケット申込
東京演劇アンサンブル
TEL:03・3920-5232 FAX:03-3920,4433 ticket@tee.co.jp
カンフェティ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« OKINAWA from Brecht Raum ... | トップ | OKINAWA from Brecht Raum ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

東京公演」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL