a letter from Brecht Raum TEE-BLOG

東京演劇アンサンブルの制作者が、見る、聞く、感じたことを書いています。その他、旅公演や、東京公演情報、稽古場情報など。

才色兼備

2013-02-26 08:09:58 | 東京公演
アフタートークのお知らせ

3月6日(水)19時開演終演後 かとうかなこ(音楽・クロマティックアコーディオン)
3月7日(木)19時開演終演後 高橋啓祐(映像・nibroll)
3月8日(金)19時開演終演後 富沢真理(福島県双葉町にあった富沢酒造店の娘さん)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

アンカトリン役=原口久美子(はらぐちくみこ)



劇団の女優の中で、
もっともこの言葉が似合うのではないだろうか。
数々の作品で主演・主要な役を演じてきた。

『コーカサスの白墨の輪』(ベルトルト・ブレヒト)グルシェ
『エレベーターの鍵』(アゴタ・クリストフ)女(ひとり芝居)
『マイという女』(マリーナ・カー)マイ
『アンティゴネ』(ベルトルト・ブレヒト)アンティゴネ
『荷(ちむ)』(チョン・ボックン)小野芳子
などなど…。

タイトルを挙げれば、まだまだある。
小学生の子どもから老婆まで、
その役柄も幅広い。
本人は、“エプロン俳優”などと揶揄もするが、
なになに、華やかな麗しい女性として登場することも多々。



劇団員の誰からも頼りにされている彼女は、
常に冷静沈着
劇団の会議での彼女の発言は信頼が厚い。

舞台上ではその存在感そのままに、
常に重責を担い、
大きく支えている。
そしてまた、美しくある。

それは、
グルシェのような一人で生き抜こうとする女であり、
マイのような閉塞した状況でもがき続ける女であり
アンティゴネのような正義を貫く断固とした女である・

今度の舞台では、
はたしてどんな姿を見せてくれるのか。
楽しみだ。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

東京演劇アンサンブル公演
忘却のキス -赤色のガラスケース-

作  ボートー・シュトラウス
訳  大塚直
演出 公家義徳
音楽/かとうかなこ
舞台美術/池田ともゆき
照明/大鷲良一
映像/高橋啓祐
衣裳/稲村朋子
音響/勝見淳一
宣伝美術/本多敬+奥秋圭
舞台監督/入江龍太
制作/小森明子 太田昭

2013年3月1日(金)~10日(日)
ブレヒトの芝居小屋
全席自由(予約時に整理番号発行)

3月1日(金)19時
3月2日(土)14時
3月3日(日)14時
3月4日(月)19時★
3月5日(火)19時★
3月6日(水)19時☆
3月7日(木)19時☆
3月8日(金)19時☆
3月9日(土)14時
3月10日(日)14時


前売一般:3800円
前売学生:3000円
当日:4500円

★=4日・5日=Low Price Day = 2500円

☆アフタートークあります。
詳細はwebにて

【PC】http://www.tee.co.jp/stage-shoukai-image/kiss/kiss.html
【携帯】http://www.tee.co.jp/tee-mobile-new.htm
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 未知の領域。 | トップ | “ユーモア”に生きる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL