AKB48 チームBのファンより

鈴木紫帆里さんを中心にAKB48 チームB について語るサイトです。

仲川遥香と田名部生来。旧チームBメンバーのいい話。(ときめき研究家)

2016-10-18 22:21:12 | ときめき研究家
このブログでの私の担当は、専ら楽曲担当である。発売されるAKBグループのCDに収録されている楽曲の感想を記事にすることがメインである。グループのイベントや、メンバー個人についての関心は低く、その動向にも疎い。しかし、旧チームBメンバーに関するビッグニュースが続いたのに、他のブログライターが誰も記事にしないから私が書くことにする。「チームBのファンより」というブログなのだから。

10月16日、仲川遥香が率いるJKT48が秋葉原のAKB48劇場で『僕の太陽』公演を3回上演した。仲川にとっては4年ぶりのAKB劇場での凱旋公演となった。いい話である。
今年いっぱいで仲川がJKB48を卒業するというタイミングで実現した今回の公演は、AKBグループ全体にとっても大きな出来事だったと思う。これを企画したスタッフの熱い思いを感じる。
公演の最後に、仲川を中心に『夢の河』を歌ったという。この場面にふさわしい選曲だと思う。勇敢に異国に身を投じ、異国の仲間たちにすっかり溶け込んで、慕われ、アイドルとしての輝きを放った。AKBグループメンバーの進路として最もユニークな道を歩んだメンバーとなった。

そのJKT48公演にも駆け付けたという田名部生来は、10月10日に開催された第7回じゃんけん大会で優勝した。今年のご褒美はソロデビューではなく、じゃんけん選抜CDのセンターのようだ。毎回趣向が変わるのはご都合主義で不満だが、それでもめでたいことだ。
田名部と言えば、第1回のじゃんけん大会で選抜メンバーに入って『チャンスの順番』に参加したが、ミュージックビデオで1人だけ映っていなかったという可哀想な歴史を持つ。6年の歳月を経て、ようやくその無念を晴らす日が来た。じゃんけん選抜の楽曲は、センターのメンバーへの当て書きになるのが常だが、田名部にはどんな曲になるのだろうか。酔っ払いオヤジの歌とか、変な企画モノではなく、正統派の楽曲を期待したい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 指原莉乃 2008年10月7日研究... | トップ | 指原莉乃・仁藤萌乃は、A5... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
凄い娘になって凱旋 (kizudarake)
2016-10-25 23:58:21
久しぶりに投稿させていただきます。
異国に旅立って早4年以上。
想像を遥かに上回る実績を積んでの凱旋でした。

講演は私は当たりませんでしたが、友人が当たり
覚えていてくれたと喜んでました。

まゆゆとたぶたんが来てなかったことについて、
ふてくされていたようですが、この辺は相変わらずだなと
思いました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。