AKB48 チームBのファンより

鈴木紫帆里さんを中心にAKB48 チームB について語るサイトです。

指原莉乃・仁藤萌乃は、A5に出演すべきでない(ナッキー)

2016-10-19 17:00:00 | 分析系 メンバー
(2008-10-12 00:00:00の記事を再掲載)

AKB48 チームB 指原莉乃・仁藤萌乃は、A5に出演すべきでない(ilovenacchanさん)


本ブログでは、チームA5thステージの構成、特にアンダーを誰がやるのか、に関して議論がまきおこっていますが、私は、最大の論点は、チームBの 指原莉乃 仁藤萌乃 が、A5thのアンダーとして出演するか否かであると考えています。

結論から先に書くと、
(これが) 最悪パターン:チームBから、指原莉乃 仁藤萌乃 の二人がアンダーとして出演すること。
当然 (こうあるべき) パターン:チームBから、誰もアンダーは出ない。
(まだ) 許容 (できる) パターン:指原莉乃 仁藤萌乃 の二人以外のチームBメンバーが、アンダーとして起用される。

理由は、
1.チームBに昇格した時は、チームA(指原さん←板野友美)(仁藤さん←戸島花)、チームK(指原さん←梅田彩佳)(仁藤さん←大島優子)と研究生公演のメンバーであった訳で、途中までやりかけた仕事は最後までやり通してから、チームBになる ということで理解できる。   (この書き方は、一日も早く二人に、チームBになって欲しいけど、まだ、なっていないよ、という想いがこめられている。)

したがって、いつまでも、主催者が、二人を、チームB所属させないとしたら、それは 「最悪パターン」 だと思います。名前だけチームBでも、実質が伴っていないのは、もう止めて下さい。

2.指原さん が、菊地彩香パート、仁藤さんが、井上奈瑠パートで、パジャマドライブ公演を完成させる。これが、チームBファンとしての願い。これをやることで、二人はチームBに専念し、 「当然パターン」 が実現。

3.この二人に限らず、研究生が、いろいろなチームのアンダーをやったことは、各人を大きく成長させました。これは、大変いいことです。チャンスを与えられ、それをものにした研究生は実力をつけました。
もし、どうしても、チームBのメンバーに、成長するチャンスを与えたい、誰かがA5thのアンダーをやる必要があるのだとしたら、指原さん、仁藤さん以外のメンバーを、チームBから出して欲しいと思います。これが、 「許容パターン」

3 に書いたように、指原さん、仁藤さんの二人にこれまでチャンスを与えたことは評価するけど、チームBに昇格した以上、チームB公演の一員として、パジャマドライブを完成させて欲しい。他のチームのアンダーをやったり、メディアの仕事をやるのは、その後の話である(べきでしょう)。

ilovenacchan(ナッキー)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仲川遥香と田名部生来。旧チ... | トップ | ある芸能リポーターが言う「... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。