AKB48 チームBのファンより

鈴木紫帆里さんを中心にAKB48 チームB について語るサイトです。

6月19日金曜、HKT48チームH、最終ベルが鳴る、後半メモ(ナッキー)

2015-06-20 00:38:49 | SKE48/NMB48/HKT48
HKT48チームH、最終ベルが鳴る、メモ後半(ナッキー)

AKB48の生誕祭は、「ちょっと待った!」というメンバーのかけ声で始まっていたが、HKT48は、EC2「メロスの道」の後のMCで自然に始まった。
ケーキのロウソクをつけると、客席は生誕祭委員より配布された電気ロウソクを点灯、矢吹奈子がロウソクを吹き消すと客席のロウソク消灯。

手紙はキャプテン穴井が朗読。東京で別れて暮らすパパからの手紙。
なこがHKT48のオーディションを受けた時「こんなに背の低い子がまさか合格するとは」思わなかったパパ。
こういう今までのAKB48グループにない人材に飛びつくという発想を想像できないのは、アイドル好きではないと思われる。

パパの手紙に、指原莉乃が反応。涙ぐむ。

矢吹奈子の挨拶「ファンの人に感情を出すのは苦手。」「AKB48と兼任していいのかな、と思うことがあります。」
握手会でファンの人に「なんで奈子が選抜なんだ」とか、「なんで奈子がAKB48兼任なんだ」と言われ、自信がなくなってきた。

選抜で、ごめんなさい

ファンの皆さんに認めてもらうように頑張ります。」

感想!笑顔ではなく真剣な顔で話したので、その内容にびっくりしました。
握手会で矢吹奈子をくさす人たちは、ファンではなく、アンチでしょう。
握手会は、自分の好きなメンバーを応援する場だけでなく、
自分の好きなメンバーが選抜に入れるように、ライバルのメンバーを精神的に追いつめて蹴落とす場になっている。
そんなこともあるかもしれないと想像はしていましたが、矢吹奈子のような子供から聞かされたのは、かなり迫力のある話でした。
アンチが奈子に暴言をはくために握手権利を購入するのは、倫理的には疑問ですか、お金の使い方としては経済合理性にかなっているからこわい。


矢吹奈子生誕祭、立ち位置
穴井、駒田、なつみかん、山本、上野、田島、みく、坂口、松岡(司会)、なこ、指原、神志那、若田部、秋吉、山田、梅本

なこの挨拶で上野が田島の肩に顔をうずめ泣く。
生誕祭の後、「12秒」を歌い、指原が上野に、「はるたんまだ泣いているの」

EC4「支え」歌唱順、二人ずつ歌唱
穴井、松岡
みく、指原
田島、上野
神志那、なこ
山本、坂口
秋吉、若田部
山田、梅本
駒田、なつみかん

一人ずつ名乗る順番が、あいうえお順でもないし、オリジナルチームKのポジションとの同一性もない。田島一人が同一。
左が今日の名乗り順、右がオリジナル名乗り順
穴井、秋元才加
指原、梅田彩佳
みく、大島優子
上野、奥真奈美
田島、小野恵令奈、初恋泥棒センター
なこ、河西智美
秋吉、倉持明日香
山本、小林香菜
若田部、佐藤夏希
なつみかん、成瀬理沙
坂口、野呂佳代
梅本、早野薫
神志那、増田有華
山田、松原夏海
松岡、宮澤

エンディング挨拶立ち位置
松岡、駒田、山田、梅本、上野、みく、若田部、坂口、穴井、秋吉、神志那、なつみかん、田島、なこ、指原、山本

21時8分の新大阪行き最終みずほに間に合うように、お見送りを欠席して20時30分にシアターを出ました。

メモとった観戦者は、
病弱な妻に、出発前は「博多に行く」と言うと、「遠くに行かないで」と言われそうで言えず、でも嘘はつけないので博多に着いてから「博多をぶらぶらしています。東京と違い蒸し暑い」とメールしたナッキー
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 指原莉乃ファン総選挙投票動... | トップ | 指原莉乃 ロッテ、バイトルC... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
原理主義は紛争の根源 (iti)
2015-06-21 06:58:36
説教厨の問題だと思います。
自分流のAKBとアイドルの理想像を世界の普遍原理と思って疑わない、ある種の原理主義者の仕業です。
本人は正義の味方で小さい子を教育する使命感に燃えています。
この人らがいじめや差別と紛争の原点であることを本人たちは認めません。
本人たちはあくまで正義の味方ですから。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。