AKB48 チームBのファンより

鈴木紫帆里さんを中心にAKB48 チームB について語るサイトです。

AKB48 第6回選抜総選挙 「所属別分析2」と選抜総選挙に関する所感(総選挙分析ライター)

2014-06-10 15:26:01 | 分析系 メンバー
AKB48 第6回選抜総選挙 「所属別分析2」と選抜総選挙に関する所感(総選挙分析ライター)


以前の分析で選抜総選挙80名枠に入った所属別の分析を行った。
第6回選抜総選挙分析「所属別」140608

それによれば上位80名はAKB 31名(比率38.8%)、SKE 22名(比率27.5%)、NMB 12名(比率15.0%)、HKT 13名(比率16.3%)、SNH 1(比率1.3%)、乃木坂1名(比率1.3%)となっていた。

このデータは第6回のものだけだが、この所属別人数、その人数の構成比率の推移を第1回から第6回まで追ってみたのが下表である。

<選抜総選挙第1~6回所属別人数推移>
所属 ・ 01回 ・ 02回 ・ 03回 ・ 04回 ・ 05回 ・ 06回
AKB, ・ 28人 ・ 35人 ・ 33人 ・ 43人 ・ 30人 ・ 31人
SKE, ・ 02人 ・ 05人 ・ 06人 ・ 15人 ・ 17人 ・ 22人
NMB ・ 00人 ・ 00人 ・ 01人 ・ 05人 ・ 08人 ・ 12人
HKT, ・ 00人 ・ 00人 ・ 00人 ・ 01人 ・ 06人 ・ 13人
ソノ他, ・ 00人 ・ 00人 ・ 00人 ・ 00人 ・ 03人 ・ 02人
合計 ・ 30人 ・ 40人 ・ 40人 ・ 64人 ・ 64人 ・ 80人
(注)第5回のソノタはJKT高城、SNH宮澤、OB平嶋、第6回はSNH宮澤、乃木坂生駒

<選抜総選挙第1~6回所属別人数構成比率推移>
所属 ・ 01回 ・ 02回 ・ 03回 ・ 04回 ・ 05回 ・ 06回
AKB, ・ 93% ・ 88% ・ 83% ・ 67% ・ 47% ・ 39%
SKE, ・ 07% ・ 13% ・ 15% ・ 23% ・ 27% ・ 28%
NMB ・ 00% ・ 00% ・ 02% ・ 08% ・ 13% ・ 15%
HKT, ・ 00% ・ 00% ・ 00% ・ 02% ・ 09% ・ 16%
ソノ他, ・ 00% ・ 00% ・ 00% ・ 00% ・ 05% ・ 02%
合計 ・ 100, ・ 100, ・ 100, ・ 100, ・ 100, ・ ,100


この表を見てみるとAKB48グループでその中心となるAKB48の存在感が年々小さくなっていることがわかる。表を見ると選抜総選挙で選ばれる総人数は第1回が30名だったのが、第2,3回が40名、第4,5回が64名、そして今回の第6回が80名まで増えた。それにもかかわらずAKB48のメンバーは30~40人のほぼ横ばいで推移し今回は31人である。

人員の構成比率の推移を見るとAKB48は第1回93%→88%→83%→67%→47%→39%と一貫して減少し、今回(第6回)は4割を割ってしまった。

これを票数の推移で見たのが下表である。獲得票数の構成比率の推移においても人員の構成比率の推移同様にAKB48は第1回95%→91%→90%→78%→53%→43%と一貫して減少し、存在感が弱くなっている。

<選抜総選挙第1~6回所属別獲得投票数推移> (単位:票)
所属 ・ 第01回, ・ 第02回, ・ 第03回, ・ 第04回, ・ 第05回, ・ 第06回,
AKB, ・ 51582 ・ 321251 ・ 0978108 ・ 0985646 ・ 1149207 ・ 0981189
SKE, ・ 02444 ・ 032823 ・ 0094527 ・ 0217076 ・ 0492485 ・ 0548228
NMB ・ 00000 ・ 000000 ・ 0008697 ・ 0061693 ・ 0196410 ・ 0272531
HKT, ・ 00000 ・ 000000 ・ 0000000 ・ 0006635 ・ 0236250 ・ 0390850
ソノ他, ・ 00000 ・ 000000 ・ 0000000 ・ 0000000 ・ 0110802 ・ 0084838
合計 ・ 54026 ・ 354074 ・ 1081332 ・ 1271050 ・ 2185154 ・ 2277636
(注)枠内に選ばれたメンバーをカウント

<選抜総選挙第1~6回所属別獲得投票数構成比率推移>
所属 ・ 01回 ・ 02回 ・ 03回 ・ 04回 ・ 05回 ・ 06回
AKB, ・ 95% ・ 91% ・ 90% ・ 78% ・ 53% ・ 43%
SKE, ・ 05% ・ 09% ・ 09% ・ 17% ・ 23% ・ 24%
NMB ・ 00% ・ 00% ・ 01% ・ 05% ・ 09% ・ 12%
HKT, ・ 00% ・ 00% ・ 00% ・ 01% ・ 11% ・ 17%
ソノ他, ・ 00% ・ 00% ・ 00% ・ 00% ・ 05% ・ 04%
合計 ・ 100, ・ 100, ・ 100, ・ 100, ・ 100, ・ ,100


選挙で選ばれたメンバーのうちさらに上位の“選抜組”の所属別人数とその人数構成比率の推移を見たのが下表である。AKB48の“絶対的エース”前田敦子が卒業した後の昨年第5回総選挙から“選抜組”に占めるAKB48メンバーの比率が下がりSKE48等のいわゆる“支店”メンバーが選抜組で占める割合が上昇し、今回の第6回では16名の半数以上(9名)がAKB48以外のメンバーとなっている。

<選抜総選挙第1~6回所属別選抜メンバー人数推移>
所属 ・ 01回 ・ 02回 ・ 03回 ・ 04回 ・ 05回 ・ 06回
AKB, ・ 20人 ・ 19人 ・ 19人 ・ 14人 ・ 09人 ・ 07人
SKE, ・ 01人 ・ 02人 ・ 02人 ・ 02人 ・ 03人 ・ 04人
NMB ・ 00人 ・ 00人 ・ 00人 ・ 00人 ・ 02人 ・ 01人
HKT, ・ 00人 ・ 00人 ・ 00人 ・ 00人 ・ 01人 ・ 02人
ソノ他, ・ 00人 ・ 00人 ・ 00人 ・ 00人 ・ 01人 ・ 02人
合計 ・ 21人 ・ 21人 ・ 21人 ・ 16人 ・ 16人 ・ 16人

<選抜総選挙第1~6回所属別選抜メンバー人数構成比率推移>
所属 ・ 01回 ・ 02回 ・ 03回 ・ 04回 ・ 05回 ・ 06回
AKB, ・ 95% ・ 90% ・ 90% ・ 88% ・ 56% ・ 44%
SKE, ・ 05% ・ 10% ・ 10% ・ 13% ・ 19% ・ 25%
NMB ・ 00% ・ 00% ・ 00% ・ 00% ・ 13% ・ 06%
HKT, ・ 00% ・ 00% ・ 00% ・ 00% ・ 06% ・ 13%
ソノ他, ・ 00% ・ 00% ・ 00% ・ 00% ・ 06% ・ 13%
合計 ・ 100, ・ 100, ・ 100, ・ 100, ・ 100, ・ ,100


さて、今回の総選挙だが、このAKB48グループの中でAKB48の「存在感の低下」に危機感を持った運営は、渡辺麻友を全面に押し出しアイドル回帰の復古運動を展開して、これ以上のAKB48の地盤沈下を食い止めにかかったのではないか。

選挙前にAKBメンバー(島崎遥香、柏木由紀、大島優子他)や卒業生(篠田麻里子等)から強力に渡辺麻友を支持する応援があったのはひょっとしたらメンバーや卒業生もそのようなやむに已まれない事情を汲んだのかもしれない。

今回はどうしてもHKT48の盟主指原莉乃の2連覇を阻まねば、今後一年間のほとんどの話題を指原とHKTに持っていかれてしまう。その危機感と恐怖心が選挙運動に現れていた(各支配人の選挙メッセージ)ように思うがどうか? すなわち、今回の総選挙は今までになく、政治色が強かったように感じたのである。

指原は今回、巨大な包囲網に2連覇を阻止されたが、それだけ指原自身が“怪物化”してAKB48をも左右する存在に成長したのかもしれない。(最後の選抜総選挙に関する感想はあくまで筆者の妄想である)


以上

第6回選抜総選挙開票結果140607
第6回選抜総選挙分析「所属別」140608
第6回選抜総選挙分析「前年との比較1」140608
第6回選抜総選挙分析「前年との比較2」140608
第6回選抜総選挙順位予想 140518
第6回選抜総選挙順位 予想と結果の差140609

第6回選抜総選挙速報結果 140522
第6回選抜総選挙速報分析「前年差」 140522
第6回選抜総選挙速報分析「所属別」 140524
第6回選抜総選挙速報分析「年齢別」 140525
第6回選抜総選挙アピールコメント再生回数順位 140606
AKB48GメンバーG+ユーザー数140606


「AKB48選抜総選挙分析他分析記事一覧」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ラブラドール・レトリバー... | トップ | 渡辺麻友センターの37thシン... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。