in Tandem

翻訳・翻訳・翻訳の日々!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログを引越しました

2015年04月06日 | 翻訳
更新もまばらながらこちらでブログを続けてきましたが、この度引っ越すことにいたしました。

新ブログは

It's a Wonderful Life

です。これからの人生もまだまだすばらしいものになるように、という気持ちをこめました。


今までありがとうございました。
こちらのブログも、辞書の検索で来ていただいている方がまだまだ多いので、このままおいておきます。

新しいブログで、これからもよろしくお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

KOD、ルミナス、Oxford Advanced Learner’s Dictionary 第9版

2015年03月04日 | 辞書
今回は翻訳に役立つオンライン辞書をいくつかご紹介します。

まずはKOD (研究社オンライン辞書)

研究社から出されているさまざまな英和・和英辞書が一度に引ける有料のオンライン辞書です。

こんな辞書が入っています。



一度に引けます。”appearance”を引いてみました。左に並んでいるのが用語のヒットした辞書です。



私の周囲では多くの翻訳者さんがCD辞書/電子辞書派ですが、KODも併用しているという方も少なくありません。優良辞書がたくさん使えるので、翻訳を始めたばかりでまだあまり辞書が揃っていないという方に(初期費用が安くすむという点でも)おすすめします。

有料オンライン辞書の一番の長所は常に更新されて新しい用語が増えていくことでしょう。しかも用語の信頼性はプロの手で検証済みです。手持ちの辞書のどれを引いても出てこない新語がKODに載っていた、という経験は何度もあります。


ルミナス英和・和英辞書

最近翻訳クラスタ(SNS上での翻訳者の集まり)で学習用辞書の重要性が見直されているようです。KODにも入っているルミナス英和・和英辞書も学習用辞書としてよい辞書だと思います。私は例文参照によく使います。
これが無料で使用できることをご存じですか?残念ながらネット辞書ブラウザのDicregateには辞書登録できませんが、これを使わない手はないですよ!

”appearance”を引いたところ




Oxford Advanced Learner’s Dictionary 第9版

まだ日本では発売されていないようですが、OALDは5年に1度版があらためられ、現在は第9版が出ています。すでに欧米では販売されていますが、日本ではまだ8版です。

この辞書はオンラインで無料で使えます。しかもDicregateに辞書登録できます

”appearance”を引いたところ




その他、最近知った類語オンライン辞書をご紹介します。

Historical Thesaurus of English

スコットランドのグラスゴー大学から発表されたオンライン類語辞典「Historical Thesaurus of English」。2009年に出版された「英語歴史シソーラスHistorical Thesaurus of the Oxford English Dictionary (HTOED) 」の電子版で、過去約1000年間に使われた英単語80万語を意味、時代ごとに分類したデータベースです。

単語を調べると古い順に類語が表示されます。各単語の隣には記録が確認された年代(古英語についてはOE)が表示され、それぞれの意味はリンク先のオックスフォード英語辞典(OED)で検索できるようになっています。

出版翻訳の方に役立つかも知れません。ただ、OEDには飛んではくれますが、そこから先の閲覧は会員のみです。

”appearance”を引いたところ



詳しいことはこちらに載っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CD版研究社歯学英和辞典

2015年01月31日 | 辞書
私にとっては待望のCD版研究社歯学英和辞典が発売されました。ダウンロード版もあります。現在発売記念でCD版の方がダウンロード版より安くなっています。
予約していたので私の手元にはすでに届いています。早速使ってみましたので簡単に気がついたことをご報告します。

LogoVistaサイト

LogoVista電子辞書シリーズはすでにリーダース第3版がインストールされているので、同じフォルダに入りました。
私は英語関係をすべてJammingで見ているので、辞書の追加と削除から「電子ブック・EPWING・システムソフト」のボタンをクリックし、KQDENTALフォルダ内のKQDENTAL.IDXを選択して無事設定は終了。

医歯薬の辞書グループも作ってあるのですが、ブログ用にスクリーンショットを撮るためこの辞書と今まで使っていた医歯薬出版の電子ブック版(古っ)歯科医学大辞典、同じく医歯薬出版の新常用歯科辞典第3版、最新のライフサイエンス辞書でDentalグループを作成しました。

私が今まで持っていた歯学辞典でなにが困っていたかというと、この10年で飛躍的に進歩した補綴分野や審美分野の用語が載っていないことです。さすがに書籍版が2012年に出ているこの研究社歯学英和辞典はその辺もカバーされています。

contourは最近「カントゥア」と呼ばれています(こんなそのまんまでええんかいな、と思うのですがww)。contouring を引いてみました。




さらにコーピング(coping)



上顎洞底挙上(sinus lift)



サイナスリフトとも呼ばれるのですが、この訳語が載っていたのはなんとライフサイエンス辞書だけでした。

病名などはさすがに医歯薬出版の方が解説は詳しいです。
例:periodontitis

歯科医学大辞典




新常用歯科辞典




ただ、研究社版はperiodontitisの下に、periodontitisの付いた用語が並ぶので便利です。そのかわり、なぜか見出し語以外にはアクセント記号が付いていて、コピペするとくっついてきてしまいます。



LogoVistaブラウザで見ると



やはりアクセント記号はついているのですが、コピペ時にアクセント記号は付いてきません。まあJammingは正規ブラウザでないので仕方ないかな。

ところでライフサイエンス辞書ですが、以前にも書いたとおり長らくEPWING版が出ていなかったのを、私と仲間で主催している翻訳勉強会十人十色で要望し、昨年京大が対応してくださったものです。ウェブ版ももちろん便利ですが、他の辞書と一緒に引けるという利点がありますので、それほど高くないですし(1,500 円+消費税にシェアレジ手数料)、医歯薬のお仕事をされている翻訳者の皆さま、ぜひご購入くださいませ。購入数が増えると、何年かしたらまた新版を出してもらえると思います!

EPWING版ライフサイエンス辞書

それにやはり最新辞書は新用語が盛りだくさんで、例えば私が最近引いた「Ranibizumab」((ヒト化抗VEGF抗体;黄斑変性症治療)ラニビズマブ)という用語はライフサイエンス辞書とウィクショナリー英語版、ドイツ語版にしか載っていませんでした。EPWING版の応援も、よろしくお願いします!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

EPWING形式のWiktionary(英仏独伊西語)

2014年07月11日 | 辞書
何度かご紹介してきたEPWING辞書作者の大久保さんが今度はWiktionaryをEPWING化してくださいました。

こちらからダウンロードできます。
英仏独伊西WiktionaryのEPWING

5月に作られたのですが、忙しくしていて今日ようやく入れてみました(英語及びドイツ語)。

英語版ですが、EBWIN4で見るとこんな感じです。恣意的にロシア語やフィンランド語などの訳語が入っていたりします。




ドイツ語版はJammingで引いてみました。写真や図も見られます。




また項目に熟語も入っているため、in Kauf nehmen とか Schmetterling in Bauch haben などもヒットします。




大久保さんは欧州評議会議事録も数カ国語のパラレルコーパスにしてEPWING化されています(Wiktionaryと同じところからDLできます)。
下は先ほどの imbue がヒットしたところです。議事録なので偏りがあると思いますが、文例として参考になります。



英語はいろんな辞書がありますが、その他の言語はEPWING形式で手に入る辞書がほとんどないので本当に助かります。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ライフサイエンス辞書EPWING版

2014年04月28日 | 辞書
待ちに待ったライフサイエンス辞書EPWING版が発売されました。
下記よりVector のダウンロードページに進むことができます。

ライフサイエンス辞書プロジェクト


価格は1,500 円+消費税にシェアレジ手数料がかかり、1,728円でした(クレジットカードまたはPayPal払い)。

2014年版ということで、本当に最新版ですね!私が持っている(もう何版からないほど古い)辞書画面と比べてみますと、同じように『IPS』を引いても、

旧版



新版



こんな感じです。新版では青字のリンクをクリックすると略語の元の用語や類義語に飛びます。

用語の横についているアスタリスクが何なのか、今のところ不明です。(FBで教えてくださった方がおられました。コーパス内での頻度だそうです。WEB版の解説に掲載されています。

用語数は、医学用語を網羅的にカバーした10万語とのことです。

この辞書は京都大学のライフサイエンスプロジェクトに翻訳勉強会十人十色から要望を出したところ、他からも要望が多かったらしく、EPWING版公開が有料で再開の運びとなったものです。今後も適宜更新されて公開が続くよう、翻訳者、通訳者だけでなく、語学に関係する方々にもぜひご購入いただき、ご支援いただけると幸いです!
(EPWING版の他に、KindleやiPadなどで辞書として使える辞書もあるようです)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加