TechnoSphere

科学技術関連の動画共有サイトのブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

生きた牛の肉の品質を超音波で検査

2007-07-03 13:12:01 | オプトロニクス・化学
バアージニア工科大学では,超音波技術の新しい利用法が考案されました。これは生きた雄牛の肉に含まれる脂肪の量を測定出来る方法です。脂肪の割合,つまり霜降り状態は,牛肉の品質と関係があります。肉の品質の優れた雄牛は,屠殺せず,品種改良に利用することが出来る。
1997年09月18日 NO06 1分25秒 動画を見る
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« New Cholesterol Reducing, F... | トップ | 世界最大の望遠鏡アレシボ天文台 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL