Technics SL Series 何でもT4P Cartridge

銭は無いけど大好きT4P,P-mount Cartridge

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Realistic V15 Type RS

 | ハーフインチカートリッジ
Koheiです。
ハーフインチなんですが、お許しください。
前回紹介した、Realstic ブランドの、V15です。
なんと、売りが、毒性で今や禁断の材料、べりリュームで作ったカンチレバー。
Shure本家では、針の互換表では、V15/Pro-Sというのが、同じ針を使っているので、これがそうらしい。
代わりに合うのが、NE97HE,N111E,VN5MRとある。では、N110HEも合うだろうと入れたら入って音も出た。
で、写真にもあるように、まず、勝手に決めた標準シェル、AT-LT13につけた。
針先は、0.2x0.15milのHyperelliptical、針圧はHEにしては重めの1.25-1.75で、刷毛を使うと、2g中心となる。
女性ボーカル系標準の東芝プロユース・フィーメルボーカルVI、Chris Corner This is Chris等では、ベリリュームの音らしい、切れ込みの良い音がする。Crisの様に、録音は自体は良いがちょい高域の分解能が落ちている古い録音が、最近の録音の様になる。
そうだ、これは、どこかで、聞いたと思ったら、Audio TechnicaのAT24だった。これは、こちらで、針なしを手に入れて、通販で、純正針と称するのを買って、LT13では金属音が強すぎて一本調子になるのを、Denonのゴム敷きのシェルではましになって、テクニクスのH25のシェルつけたら、今のところベストで、時折聴いている。
これも、確か(純正なら)ベリリュームだった。
で、クラシックなんかもちゃんと分解能よく聞かせる。(シェフィールドの「ロメオとジュリエット」等を使った)
但し、耳の慣れもあるのだが、どちらが標準かと言ったら、やはり、205CMK2,DL103、V15TypeIVをとるであろう。
やはり、ベリリュームは効果音的に響く、但し、古い録音が、ディジタル処理したように鮮明になるので、それはそれで、使い道はある。
また、普通の装置であれば、このキャラは良いかもしれない。
(小音量域の甘くなった解像度にケリを入れるという意味で)
あくまで、ここでの感想は、SL-110+AT666+金田式+FE88ESR(バックロードホーン)という特殊な環境での独断と偏見によるものだとご理解ください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Kouheiさん、投稿ありがとうございます。
私も、禁断のベリリュームを是非聴いてみたいです。
さっそくベリリュームCantilverのAudio Technica ATN152LP針を購入しました。ボロンと比較したら面白いですね。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Realistic R9000E-LWS | トップ | Technics EPS-202ED Stylus »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
All the Cartridges (良太)
2008-10-07 22:04:55
こんにちは、事後報告になりますが、私のフォノカートリッジのHPの音質評価の参考にさせていただきました。よろしくお願いいたします。

http://cartridges-navi.com/shurev154.html
まとめてみました (ヨーシイ君)
2009-07-22 14:58:27
前略 掲示板のshureのカートリッジをxclでまとめてみました。大変時間がかかりました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL