技術屋の本棚

仕事、趣味で集めた情報を備忘録をかねて発信します。
自動車、Windows、画像処理、、あまりジャンルにこだわりません

EtherCATは普及するのか?

2016-10-19 20:41:02 | IoT
しばらくブログをサボっている間に、トヨタ自動車が設備の機器間通信をEtherCATで標準化するという話題が。

日本ではIoTと言われていて、あまり産業用途というイメージがないけれど、ヨーロッパではIndustry4.0ということで本来は産業用途から始まった話。単純に平均的なデータを集めるだけだったら、今のようにTCP/IPなどの一般的なプロトコルを使えばいいのだけれど、機器間通信となるとそういうわけにはいかない。
生産設備であれば、高速で流れるラインなどでは通信速度の制約でタクトタイムが縮まらないということになれば大きな損失だし、モーターなどの制御に利用しようとすれば、それこそms単位の通信では遅いこともある。さらに通信抜けがない、安定性も必須。普通にWebを見ているような方式では要求を満たすことはできない。

そんなわけで、フィールドバスと呼ばれる特別な通信や産業用イーサネットと呼ばれる通信規格がいろいろあるのだが、そこでEtherCATである。
どうやら、加盟団体加入が無料ということもあり産業用イーサネットの中では最も普及しており、拡大傾向のようだ。

でも、マスター側コントローラとスレーブ側コントローラでメーカー間で相性があり、組み合わせによっては普通に動かないなんて事はそれほど珍しいことではないらしい。産業用途で、まだ10年そこそこの規格であることを考えると致し方ないところなのかな。
民生用途で大量に出回っているUSBですら、最初数年間はいろいろあったから。

そういったことまで理解した上で決めたのかはわからないけど。。。設備管理系の現場の人は苦労しそうですな。あとベンダーも。

とはいえ、世界のトヨタが採用するということで、少なくとも国内では需要が増えることは間違いなさそうです。まあ、民生品にはなんにも関係ない話ですけどね。
ジャンル:
各業界情報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 労働時間短縮 | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。