おもしろコラム

コラムニスト募集中!(注)カテゴリーの内「おもしろコラム」に収録している記事およびイラストの無断転載・無断使用厳禁。

杜子春

2016-09-23 06:09:25 | 読後通信簿
杜子春 著者:芥川 龍之介 読み手:凧野 頓太 ★★★ . . . 本文を読む
コメント

食物として 著者:芥川 龍之介 読み手:福田 陽子

2016-09-14 09:02:52 | 読後通信簿
食物として 著者:芥川 龍之介 読み手:福田 陽子 ★★ . . . 本文を読む
コメント

蜘蛛の糸 著者:芥川 龍之介 読み手:楠見 知輝

2016-09-10 09:01:01 | 読後通信簿
蜘蛛の糸 著者:芥川 龍之介 読み手:楠見 知輝 ★★★★ . . . 本文を読む
コメント

カルメン 著者:芥川 龍之介 読み手:加藤 純子

2016-09-07 11:02:31 | 読後通信簿
カルメン 著者:芥川 龍之介 読み手:加藤 純子 http://aozoraroudoku.jp/voice/rdp/rd055.html ★★ . . . 本文を読む
コメント

横綱 著者:太宰 治 読み手:小川 幸香

2016-09-06 09:46:44 | 読後通信簿
横綱 著者:太宰 治 読み手:小川 幸香 ★★★ . . . 本文を読む
コメント

待つ 著者:太宰 治 読み手:三田 朱美

2016-09-03 15:12:14 | 読後通信簿
待つ 著者:太宰 治 読み手:三田 朱美 http://aozoraroudoku.jp/voice/rdp/rd147.html . . . 本文を読む
コメント

葉桜と魔笛 著者:太宰 治 読み手:高橋 律子

2016-09-02 11:29:51 | 読後通信簿
http://aozoraroudoku.jp/voice/rdp/rd223.html ★★★ . . . 本文を読む
コメント

燈籠 著者:太宰 治 読み手:高橋 律子

2016-08-31 11:47:46 | 読後通信簿
燈籠 http://aozoraroudoku.jp/voice/rdp/rd240.html 著者:太宰 治 読み手:高橋 律子 言えば言うほど、人は私を信じて呉れません。逢うひと、逢うひと、みんな私を警戒いたします。ただ、なつかしく、顔を見たくて訪ねていっても、なにしに来たというような目つきでもって迎えて呉れます。たまらない思いでございます。 ★★★★ . . . 本文を読む
コメント

純真 著者:太宰 治 読み手:野村 洋二

2016-08-31 09:25:28 | 読後通信簿
純真http://aozoraroudoku.jp/voice/rdp/rd219.html 著者:太宰 治 読み手:野村 洋二 「純真」なんて概念は、ひょっとしたら、アメリカ生活あたりにそのお手本があったのかも知れない。 ★★ . . . 本文を読む
コメント

「あさましきもの」 著者:太宰 治 読み手:緒方 朋恵

2016-08-29 07:18:35 | 読後通信簿
あさましきもの 著者:太宰 治 読み手:緒方 朋恵 時間:8分42秒  賭弓に、わななく/\久しうありて、はづしたる矢の、もて離れてことかたへ行きたる。  こんな話を聞いた。  たばこ屋の娘で、小さく、愛くるしいのがいた。男は、この娘のために、飲酒をやめようと決心した。娘は、男のその決意を聞き、「うれしい。」と呟いて、 うつむいた。うれしそうであった。「僕の意志の強さを信じて呉れるね?」男の声 . . . 本文を読む
コメント

「朝 」著者:太宰治読み手:三田朱美

2016-08-29 06:38:52 | 読後通信簿
読後通信簿★★ 朝 著者:太宰治読み手:三田朱美 http://aozoraroudoku.jp/voice/rdp/rd155.html . . . 本文を読む
コメント

サラバ!

2015-02-08 08:38:56 | 読後通信簿
第152回直木賞が西加奈子さん(37)の「サラバ!」 「大切なのは、人が、ひとりひとり違うことを認めることだ」 1977年、イラン・テヘラン生まれで、大阪育ちの西加奈子さんの渾身の作。 今年6月の孫(高校3年)の誕生日に贈る本はこれにする。 目が弱くなり、あまり小説は読まなくなったが、「サラバ!」は上下巻で約700ページのボリュウームながら一気に読むことが出来た。いい本を読ませていただいた。 . . . 本文を読む
コメント

ノボさん 小説 正岡子規と夏目漱石

2015-01-01 05:34:30 | 読後通信簿
第18回司馬遼太郎賞受賞! 静かに、熱く、必死に生きる。子規と漱石。この出逢いがなければ、「私たちの小説」は生まれなかった。 「ノボさん、ノボさん」「なんぞなもし」 明治二十年。新時代の躍動とともに、ノボさんこと正岡子規は二十歳を迎えた。 アメリカ渡来のべーすぼーるに夢中の青年は、俳句・短歌・小説・随筆、あらゆる表現に魅入られ、やがて日本の文芸に多大な影響を及ぼす存在となる。 子規は常に人々に囲 . . . 本文を読む
コメント

女帝

2013-06-22 05:34:03 | 読後通信簿
火の国熊本に生まれ育った立花彩香は、普通の女子高生だった。しかし一人の男に裏切られたことが彼女の人生観を変えた。母を病で亡くし進学を断念した彼女は、水商売の世界に身を投じ、男社会への復讐を誓う。 作:倉科 遼 画:和気 一作 ビューンコミック ・電子書籍を発行するようになり、自分でも電子書籍にはまっている。 ・電子書籍化は漫画(コミック)や絵本がフィットしているようだ。 ・女帝、全24巻を一気 . . . 本文を読む
コメント

源氏物語 12 須磨

2013-05-10 05:37:23 | 読後通信簿
源氏物語 12 須磨与謝野晶子青空文庫発売日:2003-07-31ブクログでレビューを見る» ・密通発覚で蟄居中の源氏を尋ねる頭中将、人生のドン底の時の友情こそ真の友。 (青空文庫+audiobook)☆☆☆ . . . 本文を読む
コメント