エグゼクティブに憧れる庶民のたわごと

1日1つは何か新しい発見をしながら、日々成長していけるよう、その日思ったことを記録していきまーす。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

洗い物を制するものは料理を制す

2017-02-23 23:04:33 | 日記
最近私の中に生まれた名言。
今まで、食器洗いが面倒で嫌いで、料理も嫌いになっていった。
以前住んでた、賃貸マンションのキッチンは、古くて汚くて狭くて、キッチン立つだけでやる気が吹き飛ぶ感じだった。
かろうじて、気が向いたときに料理をするも、終わると汚れ物の山ができて、気が遠くなる日々。
残業後、買い物寄って帰って料理すると、片付けはまたにしよってなるのよ。次の日も早いし、風呂入って早く寝たいと思うもんだから。
すると、台所汚すぎて近寄りたくなくなり、外食が自ずと増えていった。
出費はかさみ、たまるのは脂肪のみ。
太ることで、服は何着ても冴えないし、何もかも負の循環だったな。
仕事が、自分にとっては地獄な営業の部署だったから、辛くて辛くて。向いてない仕事3年半も来る日も来る日も続けてしんどかった。
入社したときは、内勤の事務仕事ということで、今の会社に決めたのに。
少しずつ時代は変わっていき、女性も男性と同様、外に出て営業しろという風潮に。
運悪く女性の営業第一号を押し付けられた後、他の女子社員達の華麗なる営業逃れの術を目の当たりにし、いつまで待っても、転勤しても、係りを変えてもらえる日は来なかった。
店のノルマは私の責任。みんな知らん顔。
私にとっては地獄だったな。
もちろん、向いてる人にとっては、とてもやりがいのある仕事で、事務仕事のような単調な内容じゃないだけに、刺激的で楽しいものなのだろうけど。
こんなこと言ったら、甘ったれんなぼけ。と言われそうだけど、ノルマさえなければ、確かに営業の仕事は楽しかった。会社の看板のおかげで、色んなお金持ちのお客様のお宅でもてなしてもらえて、有益な情報もたくさん聞けて、勉強になったな。
本当にお客様のお役に立てる提案をしていたら、ノルマなんて、達成できません。
だから、お願いセールスになっちゃって、無理矢理契約に持っていき、その後は疎遠になることが多かった。
一度契約したら、よほどのお金持ちじゃない限り、二度目三度目はないからね。
その場しのぎで、半期半期のノルマをこなせばまたリセットされて、こなせなければ嫌味はおろか、今まで積み上げた数字も無かったものと一緒と言われ。
きっと、精神科クリニックに行けば、鬱の診断書もらえたんじゃないかと思うぐらい、当時の私は、様子がおかしかったと思う。
そして、妊娠すれば、さすがにバイクで外回りはできないから、今度こそ係りを変えてもらえると願いの妊娠。
本当に不純な動機で妊娠した私。
ごめんね、産まれてくる赤ちゃん!
しかしそれでも、女子社員の営業逃れの言い訳を前に、上司もお手上げ。結局頼みやすい私に、営業続投を言い渡すことしかできなかったダメ上司。
そこからの産休入るまでが、長かった。辛かった。
でも、お腹の赤ちゃんと一緒に乗りきった。

そして今。娘はるかちゃんと平和な日々を過ごしております。がむしゃらに10年ほど働いたけど、180度違う生活を送ってみると、価値観が一変しました。
子ども苦手な私に、子育てなんて大変なこと出来るだろうかと不安だったけど。
まじで天国すぎる日々。
あの地獄のような営業の仕事のおかげで、少々の大変なことには免疫が出来たのか、仕事に比べると、子育てなんて、全然辛くも大変でもないじゃないか!
平和すぎるぞ!
赤ちゃん、可愛すぎて、毎日笑顔しか出てこないぞ!

出産に3日かかったのと、生後慣れるまでの2ヶ月は、それなりに大変だったけど、軌道に乗ってからは、取り立てて大変なことは、仕事に比べたら、無いかな。

はるかちゃんが7ヶ月の時に、2年前に契約した、新居にようやく引っ越すことができて、幸せの絶頂とはこの事だと、日々感謝して過ごしております。

あんな、地獄のどん底の日々からは想像もつかないぐらいの、幸せで健全な毎日を過ごしておりますよ。
本当、人生何が起こるかわからないものですな。

仕事がそこまで辛いなら、辞めればいいという話だけど、手に職のない人間にとって、転職の道は険しいもので。給料同じようにもらおおうと思ったら、やっぱり営業の仕事しかないから、それなら転職しなくてもいいかと、思いとどまるわけですわ。
結局カネか!となるけど、給料落としたところで、楽できる保証もないし。
アルバイトとかなら分からないけど、正社員で働くとなると、どこの会社もそれなりに大変な一面はあるだろうし、仕事内容は楽でも、人間関係がブラック過ぎる会社とかもあるかもしれないとか思うと、給料下がるリスクを取ってまで、転職するのはどうだろうと考え、なかなか踏み出せないのだ。
まー、今の会社は、部署さえ変えてもらえれば、会社自体は優良企業だしなー。
将来の年金不安とかも考えると、それなりの給料もらって、しっかり老後のお金ためた方がいいでしょとか考えると、やっぱり産休とって休むのが一番いい方法だったな。
頑張った甲斐もあり、育児手当ては、現役と同じぐらいもらえて、働いてないのに、ボーナスまでいただけたりして。
ダンナさんの給料だけでやっていけるか不安だったけど、大丈夫でした。

………で、話がだいぶそれたけど、洗い物を制するものは料理を制すって話ですが。
結局、料理なんて、ある程度は誰でもできるじゃん。よほどの手の込んだものとか、創作料理でもしない限りは。
料理なんて、やる気さえあれば、誰でもできるじゃん。
その、やる気を失わないために、台所は常にきれいな状態をキープしておこう。洗い物は、出るたびに、こまめにしておけば、大変じゃない!ということに気づいたのです。
そして、それが習慣となり、少しでも汚れ物がシンクに置いてあると、許せなくなり、今ではシンクは常に何もない状態。思い立ったらすぐに料理が気持ちよくできるのです。
そうすると、不思議と料理をしたくなり、前より楽しく料理できるようになったのでした!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暇なので | トップ | デイトレーダーならぬ »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。